スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【717日目後半】江戸時代の城下町?倉敷美観地区!!!【岡山】

カブトガニ博物館のあと、
ちょっと戻って倉敷の美観地区に行ってきましたー(*´v`*)


1
昨日いったん通りすぎていた倉敷に戻ってきた。
Yさんからおすすめされた美観地区を見に行くため。


2
美観地区は昔ながらの景観が保存された地区で、倉敷観光の目玉になっている。


3
倉敷駅前から500m歩いた先の一体が全てこのような感じで、
大通りだけでなく裏手や細い路地もレトロな雰囲気。


4
失礼ながら、岡山と聞いて思い浮かぶのはきびだんごか桃太郎か工業地域で、
こういった観光地があるというのはYさんから聞いて初めて知った。


5
雑貨屋さんや飲食店が数多くあり、若い人も多い。


6
到着した頃は空いてて『やったー歩きやすい!!!』と思っていたのに、
あっという間に観光バスや団体が来てどっと混みだす。


7
平日なのに人の波が絶えず活況。


8
あらかわいい、と思ったら仏具屋さん。


9
景観保存のための地区というだけで、
実際には観光用の店ばかりでなく地元住民の方も多くいらっしゃるため、
車がそこそこ通るからよそ見に注意。



10
この雰囲気、どっかに似てるな...と思ったら伊勢神宮の内宮周辺。
伊勢が好きなら倉敷も気に入るに違いない。


11
食べ歩きというよりは腰を落ち着けて休憩するようなお店が多い印象。


12
巨大な鬼太郎がお出迎えするお化け屋敷(・`д・´;)


13
日本昔ばなしの作者の方のお店。
店頭ではあの懐かしいBGMが流れていておっさん世代の輪ができていた。


14
ほんま懐かしいわ(*´v`*)
最近、DVDが発売されたらしくて買うか迷っているw


15
道は一直線ではなく、あっちに分かれこっちでつながり...とけっこう歩く。


16
『また同じ道わぁ(´;ω;`)』と迷っているおばちゃんもいたから、
何か目印を覚えておくといいかもしれない。


18
いがらしゆみこ美術館?たしか俺の地図にも書いてあったけど何や...?


19
キャンディ・キャンディでおなじみいがらしゆみこさんの美術館(・`д・´;)
グッズ販売やコスプレ撮影などがあるらしい。


20
キャンディ・キャンディ知らんし、おっさんが1人で入るのも怪しいから
外からちょっとのぞくだけにしておいた。余計怪しいw


21
いがらしみきおやったら知ってるんやけどなぁ...(すっとぼけ)。


22
歴史的な予備知識とか下調べなしで行ったけど楽しめたし、
ぼーっと散策するくらいの気持ちでいいと思う。


23
雑貨屋さんは一見若者向けっぽく見えるけど、
売ってるのは陶器やったり手ぬぐいやったりするから年齢層関係なく買える。


27
手ぬぐいは梅、桜、ねこが多かった。
カブトガニの手ぬぐいもあるらしいw


24
安くで食べ歩けるようなものってないんかな...?(´;ω;`)


25
だんごやさん発見(*´v`*)


26
1本70円のだんごを2本買った。
ふつーのしょうゆ味、ふつーの団子で特筆すべきことはなかったけど、
貴重な食べ歩きの店として寄ってみてもいいかもしれん。


28
他にもソフトクリーム、コロッケ、かりんとう、せんべいは見つけた。


29
場所柄、自動販売機がないから飲み物は持参しておいた方がいい。
あと、公衆トイレも見かけなかった。観光案内所みたいなとこのを使うんかな?
美観地区外(歩いて500mほど)に出るとコンビニは多かった。


30
川があるゾーンはさらに賑やかな様子。


31
城下町!!!という風情がよく表れてて、写真撮ってる人がものすごく多い。


32
人力車もあるが、個人的にはあまりおすすめしない。
京都にせよ浅草にせよ、狭い路地に入ったり途中の店に立ち寄ったりするのには
自分の足・リズムで行くのがいちばんいいと思う(*´v`*)

行く先々で人力車停めてもらうわけにもいかへんしな。


33
川下り?渡し?のような舟も出ている。


34
この景色もどっかに似てるな...。


35
京都の太秦映画村か?滋賀の甲賀忍者屋敷か?w


36
岡山といえばきびだんご!!!ということで試食してきたwww
表面にサラサラの粉をまぶしたわらび餅って言えばいいんかなー。
つるんとした食感のあっさりしただんごで、ちょっと想像と違った。

ちなみに、俺の想像上のきびだんごはおにぎり大のサイズで、
固めの団子の中にもも風味のあんが入っている。誰か商品化よろしくw



37
猫雑貨屋さんもあったよー\(^o^)/


38
店内は意外に広くて、ダヤンやキキの他に和風の猫雑貨が多かった。


39
招き猫とか、座布団に寝た猫ちゃんとか、そんな感じ。


40
店内奥に本物もおった!!!


41
でかい(・`д・´;)
普通の成猫の1.5倍くらいの大きさ。
別に太ってたわけではなく、そういう種類なんだろうか。


42
帰り道、Yさんから教えてもらったうどん屋さん『ふるいち』へ。
倉敷方面に行くとメールしたらパッと思い出しておすすめしてもらった。


43
きざみぶっかけと玉ねぎのかき揚げで570円。
めんがつるつるなのにコシがしっかりあってすんごいおいしい!!!


44
普段、香川風のしょうゆで食べるうどんばかり選んでいるせいか、
ぶっかけうどんが逆に新鮮だった。
つゆが甘くもなく辛くもなく、透き通った味で気に入った(*´v`*)


45
これも後から知ったが、倉敷市はぶっかけうどんが名物なんやって!!!
『ふるいち』がぶっかけうどんの名称の発祥で、
店舗も全国展開しておらず倉敷周辺に集中している。

しょうゆの讃岐、ゴマだれの水沢、カツオだしの吉田などと並んで、
ぶっかけの倉敷として俺のうどん脳内リストに入れておこうと思う。

文句なしの西日本おすすめスポット入り決定(*´v`*)


+-+-+-+-+

カブトガニを見て、倉敷まで戻って、
なんだかんだで走行距離も長くそこそこ疲れた。
そろそろ疲れがたまってくる頃やから、ゆっくり休む日を考えないと。

明日明後日はちゃりんこ乗りの夢の橋、しまなみ海道へ行く予定。
さほど遠くないからどちらか1日はのんびり休憩の日。
スポンサーサイト

【717日目前半】かわいく思えてきた?カブトガニ博物館!!!【岡山】

【天気】くもりときどき雨
【走路】R2
【現在地】岡山県笠岡市
【宿泊地】道の駅『笠岡ベイファーム』

【走行距離】70km
【総走行距離】20588km

【話しかけてくれた人】4人
【総計】1851人

【出費】1500円
【内訳】カブトガニ博物館、うどん

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

前回来たときはキモくて仕方なかったカブトガニ博物館。
そう言いつつまた喜んで来てしまったのは、愛が芽生えた証拠だろうか...!!!

【252日目】エイリアン襲来!!!カブトガニ博物館【岡山】


1
前に来たときは気付かんかったけど、建物がカブトガニの形してる!!!


2
滋賀県の小中学生はびわ湖をテーマに川柳的なものを作らされるが、
ここ笠岡の子はカブトガニにまつわる句を読んでいる。

カブトガニ いつも間違う トリカブト
おあとがよろしいようで...(´;ω;`)


3
朝9時に開館で入場料は520円。月曜休館だったから危なかった。


4
中に入るとカブトガニゆるキャラがお出迎え。
正直、クリとかシジミとか言われても違和感がないwww


5
館内は広くて展示も多い。前回来てるから詳しい説明は省略。


6
メインの大水槽が楽しみで来ました!!!


7
大群すぎてキモい(*´v`*)


8
2匹つながっているのがオスメスのつがいで、メスの方がやや大きい。
主導権は前のメスが持っているのかとおもいきやオスがコントロールしている。


9
なるほど、たしかにつがいになってるわ。
1匹でぽつんとしてるのは俺と同じってことか(´;ω;`)


10
殻のへこみ方やトゲの数、手の形などでオスメスを見分けることができる。


11
ふむふむ、そう言われてみれば区別がつくような気がする...!!!


12
キモイっす(´;ω;`)


13
何がキモいかって、10本以上ある足がそれぞれ独立に動いてんの。
うねうね、うぞうぞ、にょきにょき...って感じでバラバラに動くのが気持ち悪い。


14
まさにエイリアンですわ...(・`д・´;)


15
動きが活発で足をもごもご動かすのがいる一方、
じっとうずくまって微動だにしないのもいる。インドア派だろうか。


16
壁の展示を見てから改めて本物を見ると深く知ることができる。


17
アメリカとアジアに3種類いるだけで、実はヨーロッパにはいない。


18
2mはあろうかという巨大オブジェは手元のレバーで操作できる。
やはり手足が独立して動いて背筋が凍るw


19
プラネタリウムのようなミニシアターは自動上映。


20
すごい金かかってるで...俺の他にはお客さんおらんかったけど...(・`д・´;)


21
殻の中ってどうなってんの?と思ったら筋肉とか血管の詳しい説明があった。
血は青くて、血管外に出るとぷるぷるに固まるらしい。


24
海水の中の毒素に反応してぷるぷるになる特徴があるらしく、
人間用の検査用薬品として応用されてるんやって!!!



22
カブトガニもうんちするんですか?とか、目はどこにあるの?とか
小さなお子さんにもわかりやすいカブトガニの解説。
金魚のうんちみたいな白くて細長いのをするとのこと(´;ω;`)


23
脱皮による成長の度合いがわかる。全部で14~15回脱皮するそうで、
笠岡市の中学生が研究して従来の定説を覆したという古い新聞記事があった。


25
タッチパネル式のカブトガニクイズ。意外に難しい。


26
カブトガニは古代からいる貴重な生物だそうで、
古代つながりとして恐竜やアンモナイトの紹介もあった。


27
外の公園には実物大(だと思われる)恐竜のオブジェも多数あり、
休日には子どもがはしゃぎにくるそうだ。


28
休憩室のぬりえは、相変わらずカブトガニのものがゼロw
塗れって言われても、ベージュ一色やしなぁ...w


29
展望室からは笠岡湾が一望できる。
夏場はここの干潟でカブトガニが採集されるみたいなんやけど、
どこで越冬してるかはいまだに謎なんだとか。


30
特別展示として、カブトガニとは関係ないけど縄文時代の生活の紹介コーナー。


31
『縄文』っていうのは土器についた縄目模様ということはよく習うが、
実際にどういう模様をどうやってつけるのか展示されてあった。


32
縄を転がすもの、棒にキズを付けて転がすもの、縄を巻いた棒を転がすもの...。
全部で20くらいの模様が紹介されていて、非常にわかりやすくおもしろかった。


33
別館はカブトガニ飼育展示室になっている。


34
前回、入るなり強烈なカブトガニ臭がした。
タッチングコーナーでじかに触れるようになっていたのに、
あまりの臭いで気絶者が出たのかタッチングできなくなってしまった。


35
触りたかったなぁ...(大ウソ)。


36
カブトガニさんがミミズを食べている衝撃の動画(´;ω;`)(´;ω;`)(´;ω;`)
全ての足が驚くほど俊敏に動いてミミズを捕らえ離さない映像は、
グソたん・カブトガニたんファンの俺でもさすがにキツかった(´;ω;`)


37
飼育コーナーは人を選ぶんやな...苦手な人は鑑賞するだけの方がいいかもしれん。


38
でもふよふよと泳いだり這ったりする姿は愛らしい。


39
個人で飼うのは技術的に困難な様子やったし、
こうやって眺めに来るのがいちばんいいんやろな。


40
うーん、キモい(*´v`*)


41
また来てやー(全部の足がバラバラに高速運動)(´;ω;`)


+-+-+-+-+

キモかわ!!!と思いつつも『この水槽に入ったら失神するわ...』と
複雑な思いを抱える僕ちゃんなのであったw

【716日目】新しい友人を大事にしたい【岡山】

【天気】晴れ
【走路】R250、R2
【現在地】岡山県笠岡市
【宿泊地】道の駅『笠岡ベイファーム』

【走行距離】74km
【総走行距離】20518km

【話しかけてくれた人】9人
【総計】1847人

【出費】1700円
【内訳】うどん、靴下

【特記事項】Yさんとの再会
【走破地図】---

+-+-+-+-+

旅をしてると新しい出会いもたくさんあるんやけど、
次へ次へと出会いを積極的に広げるよりは、
できた出会いをちょっとずつ育むことに重きを置きたい(*´v`*)


1
朝、わけのわからん町道を通って国道まで出なければならない。
激坂がないことだけを祈って朝もやの中スタートした。


2
小さな湖があったりして和む風景。
少し肌寒い風を受けながらのんびり楽しく走る。


3
果てしなく続く畑(・`д・´;)
こういう景色めっちゃ好きやし癒されるんやけど、
住むとなるとなかなかつらいんやろなー。


4
鹿児島までは一度走っていて山奥での遭難可能性が低いことは把握済。
備蓄の必要はないけど小腹が空いたとき用にパン買っておいた。
薄皮よもぎあんぱん、薄皮さくらあんぱんともに春には絶対欠かせない(*´v`*)


5
天気がよく気持ちいい...と言いたいが、むしろ暑くて死にそうだった(´;ω;`)
1時間走ったら休憩するようにしないと、今後大変やぞ...。


5_2
国道からやや外れて水島コンビナートに立ち寄った。
いわゆる『工場萌え』の人にはたまらんスポット。


5_3
のはずなんやけど...日中、しかもチャリで行くと味気ないなぁ。
遠目で機械を眺めるだけでもいろいろ想像できて楽しいけど、
高台から全貌を見渡したり、車で夜景を観に行ったりする方がいいかもしれない。


5_4
無機質な機械から聞こえる轟音、吐き出される白煙、点滅する赤ライト...。
大型工場たまらんでぇ(*´v`*)


5_5
遠すぎて写真には写りにくいし、良さも伝わりづらい。
山口で改めて工場見に行こっかな~。


6
早めの夕食にうどん。前回もここに立ち寄った。


7
16時に道の駅に到着。
車通りもほとんどないような場所で、どういう意図で建ったのかわからんw


8
眼前には見渡すばかりの菜の花畑(*´v`*)
冬に来た頃はイルミネーションがすごかったし、夏はヒマワリが一面並ぶらしい。
道の駅を中心に街を発展させようという意図なんかな?
実際、ちょっと面倒な場所なのに車やバイクで立ち寄る人が多かった。


9
笠岡市はカブトガニで有名。
みんな大好きしょこたんもカブトガニまんじゅう食べに来てる!!!


10
スタンプで焼き印みたいな適当な感じではなく、
凹凸もしっかり表現された美しいカブトガニまんじゅう。
どらやきサイズが250円、顔サイズが600円。


11
隆起だけでなく、殻の模様まで細かく再現されてあって熱心さがうかがえる。
尾剣(しっぽ)が長くないのは仕方ないとはいえ残念。


12
中は抹茶風味の白あん。味は普通だった。


13
待ち合わせていたYさんと再会(*´v`*)
青森で死にかけているところを助けていただいたのが初対面。
岡山で連絡してないのに道の駅までわざわざ来てもらったのが2回目。
3回目はこちらから事前に連絡しての再会で、すでに旧知の間柄という感じ。

【52日目】パンク4回で死ぬかもしれない【秋田→青森】
【251日目】旅の恩人との感動の再会【岡山】


14
旅や観光の話はもちろん、アウトドア、車中泊、カメラの話など、
意外と共通する話題が多くあっという間に4時間経っていた(*´v`*)


15
数多くの出会いの中で筆頭に挙げられるのがYさん。
出会っていなければこの旅も52日目で終了していたかもしれなかった。
どんな形であれ旅を続けることや旅先での出会いを大事にすることなど
折にふれて青森の寒い休憩室で話したことを思い出している。


とりあえず、今度いっしょにしまなみか登山行ければいいなぁ...(*´v`*)


16
ここの道の駅には24時間休憩室が開放されていて、テントの心配がない(*´v`*)
寝袋やマットをがっつり準備してぐっすり休むのであった...。


+-+-+-+-+

なお、深夜に地元の不良が休憩室で大騒ぎして寝れんかった模様。

【715日目前半】激ウマB級グルメ、日生のかきおこ!!!【兵庫→岡山】

【天気】快晴
【走路】R250
【現在地】岡山県瀬戸内市
【宿泊地】道の駅『一本松展望園』

【走行距離】76km
【総走行距離】444km

【話しかけてくれた人】8人
【総計】1838人

【出費】2600円
【内訳】かきおこ

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

観光は赤穂玩具博物館、食事はかきおこで大満足の一日。
前半ではかきおこで一緒にヨダレたらしてください(*´v`*)


1
昨晩、疲れてるのに全然眠れなかった。
夜中鼻づまりで息苦しいだけじゃなくてとにかく寒かった。
しかも地元暴走族のみなさんが道の駅を拠点にしてタイムアタックしてて
1時くらいまでズギャーンバオーンとうるさすぎ(´;ω;`)



2
うっさい奴が帰ってようやく寝れるわ...と思ったらすぐに朝。
予定よりだいぶ遅れて起きてしまい、道の駅の人に笑われる(´;ω;`)


3
海沿いを走っていると、かき小屋が目立つようになってきた。
生、焼き、鍋、お好み焼きなど大小いろんな店が並ぶ。


4
カキの素揚げ200円(*´v`*)
しょうゆのにおいに負けた。おいしかった。


5
ぐねぐね道やちょっとした峠を越えて赤穂に到着。
とりあえず有名だからという理由で赤穂城跡に行く。


6
忠臣蔵も赤穂浪士も全然知らんねんけど...。
年末やってるのを最後まで見きったことがない...。


8
城跡なので城そのものはなく、この位置に炊事場、ここには寝室など
位置を示すプレートが置いてある。ボランティアガイドさんもいた。


7
うーん、勉強不足でさっぱりわからん(*´v`*)
小学校低学年くらいの子がつまらなそうにしていたが、俺も同じであるw


9
でも、ぽかぽか暖かい中の散歩は気持ちいいしのんびりしていこう。


10
30分ほど歩きまわってから、今日のメインスポットへと向かう。
赤穂玩具博物館は後編でじっくりご覧ください(*´v`*)


11
玩具博物館を見終わって小腹が空いたからパン屋さん行った。
3つだけ厳選しようと悩んでたら見事にあんぱんばっかりw


12
小豆島行きのフェリー乗り場。
大学の頃、おもっくそフラれた子が小豆島出身だった。お元気ですか(*´v`*)


13
1年半前『うーん珍しい』と思いながら食べられなかったのが、日生のB級グルメ。
今回は絶対食べるつもりで、宿泊に不安のない時間に立ち寄った。


14
カキ(貝の方)が入ったお好み焼き、かきおこである!!!


15
もともと兵庫と岡山の県境はカキの店がすごく多いが、
日生(ひなせ、と読む)市街に入るとかきおこの店が何軒も目につく。
下調べなしで何も情報がないから何軒かチェックしておく。


16
店の見た目で選ぶことにしていて、飾りっけのないここ『ふくろう』に決定!!!


17
店の人は土屋アンナをおばはんにした感じの愛想のいい方。
客は地元のおっさんばかりだった。
他の店もおっさんだらけなので、一見さんは入りにくい印象のところもあった。


18
待ってる間、なんと焼きガキを2つもサービスしてくれた(*´v`*)
一瞬目を疑うほど大きく、ぷりぷりふんわりしていておいしい!!!
かきおこにもめっちゃ期待できるぞ...!!!


19
かきおこぷんぷん丸(言いたいだけ)w


20
指3本分はあろうかというカキが、なんと10コも入っている!!!
豚肉、たまごいりのかきおこミックスで1000円、通常で900円だった。安い。


21
カキ10コやで...しかも季節に関係なく年中食べられるんやって!!!


22
家庭的な味でお好み焼き自体のボリュームも相当あり、
地元のおっさんが集まるのも納得のおいしさだった。
文句なしで西日本おすすめスポット入り決定(*´v`*)


23
急いで道の駅に向かうわけだが、ナビがくっそひどい道を導き出した。
車1台通ったら即死するようなほっそい町道で、ほぼ直角の坂(´;ω;`)
電気もないから暗くなったら死ぬな...と思いながら必死の思いで帰った。

人間、危機的な状況だとすごい力が出るんやと実感したwww


+-+-+-+-+

後半では、先に行った赤穂玩具博物館を余すとこなくどうぞ!!!

【252日目】エイリアン襲来!!!カブトガニ博物館【岡山】

【天気】雨のち雪(今シーズン初雪)
【走路】R2
【現在地】広島県竹原市
【宿泊地】道の駅「たけはら」

【走行距離】77km
【総走行距離】11891km

【話しかけてくれた人】1人
【総計】659人

【出費】1200円
【内訳】カブトガニ博物館、おはぎ

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

感動の余韻を胸に、朝まで爆睡。
道の駅の快適さもあって、8時すぎまでゆっくり眠れた(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
起きたらまだ風が強い。スカートがめくれないか心配だ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-2
昨日は暗くて全然気付かなかったが、道の駅のすぐ近くにカブトガニ博物館。
今日は距離が短めで比較的観光時間があるから朝9時の開館を待つ。


みんなといっしょに日本一周-3
博物館前は公園になっている。これが特色あるところだから先に見ておこう。


みんなといっしょに日本一周-4
原寸大の恐竜のオブジェ(・`д・´;)
研究における推定の大きさや色をそのまま再現しているらしい。
プロントサウルスは体長21m。


みんなといっしょに日本一周-5
なぜカブトガニ博物館の前の公園で恐竜?という質問はナシにしてくれw
ディプロドクスは陸上・水中ともに生活しやすい形態。


みんなといっしょに日本一周-6
公園そのものは博物館とは別扱いだから無料で入れる。
朝からお子さん連れの姿もちらほら。恐竜キングが流行った頃は人気だっただろう。
足はヒレ状に進化している水中恐竜エラスモサウルス。


みんなといっしょに日本一周-7
どいつもこいつも顔が公園外や木の方ばかり向いており写真写りがよくない。
群れで生活するイグアノドン。


みんなといっしょに日本一周-8
そういえばカブトガニはどうしたのか。そんなことも感じ始める公園散策。
プロトケラトプスの化石は巣・卵・幼体・成体が揃って発掘されたらしい(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-9
恐竜界のスーパースター、ティラノサウルス。
恐竜キングでは『金色』のカードで、持ってると崇められるw


みんなといっしょに日本一周-10
と、とてもかなう相手じゃない...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-11
8mもある体でばさばさ飛んでるプテラノドン。
ドラクエ4で集団で出てきてギラをやられると全滅する危険アリ。


みんなといっしょに日本一周-12
じゃー、改めてカブトガニ博物館を探検!!!入館料は520円だった。

ちなみに、ここからはカブトガニ画像が大量に出てきます。
グソクムシとかフナムシとかゴキブリとかダンゴムシが好きな人ならいいけど、
そういうのが苦手な人は見ないほうがいい内容もあります。



みんなといっしょに日本一周-13
飼育棟と展示棟に分かれており、まずは飼育棟に行ってみた。


みんなといっしょに日本一周-14
水槽がこけむして汚れててわかりにくいす...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-15
後から知ったけど、甲羅の上のギザギザにある黒い点がおめめだそうで(・`д・´;)
カブトガニの目って甲羅の下にあるのかと思ってたわ。


みんなといっしょに日本一周-16
ぴぎゃぁぁあぁぁあぁああぁ!!!!!おえぇぇえぇえぇええ!!!(´;ω;`)

いわゆるタッチングコーナーだが、エサのゴカイが常時放置でキモい&くさい(´;ω;`)
カブトガニのキモさも加わってまさにエイリアンにしか見えない(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-17
おっっっうぇぇぇぇええぇぇえ!!!
ときどきピクンと動くカブトガニ、底でうぞうぞ動くゴカイ。
まさにカブトガニの楽園やでぇ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-18
小さいコイツが手のひらサイズ、でっかいのが手を2つ横に並べた大きさ。


みんなといっしょに日本一周-19
勇気を出してタッチング(´;ω;`)
つるぬめで固い甲羅、押したら嫌がって動く仕草、底でうぞめくゴカイ。
全てがキモエグワンダーランド状態(´;ω;`)
もちろん、手を洗う前にしっかりにおいだぞ!!!生臭いぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-20
キモい施設やな...こんなとこに520円も払ったんか...他も期待できひんな...
そう思いながら展示棟へと足を運ぶ。


みんなといっしょに日本一周-21
4つ並んだアメリカカブトガニの水槽は全てカラ。
砂の中に隠れてたんかな?


みんなといっしょに日本一周-22
オウムガイの水槽は準備中。
入っていきなり2連続で何もない水槽が続いたから、大体のレベルがわかってしまう。


みんなといっしょに日本一周-23
海遊館にもあった、ホオジロザメの歯。上下の歯間が2m近くある(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-24
ここのメインはカブトガニの大水槽でしょう!!!


みんなといっしょに日本一周-25
フリスビー大のカブトガニが2匹寄り添っている。
背中の赤いのは識別番号。


みんなといっしょに日本一周-26
ひっくり返ってるやつもいる。足がキモすぎエイリアン(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-27
おててよりも一回りもふた回りも大きい。
成体になると泳ぐことはほとんどなく、這って進むらしい。


みんなといっしょに日本一周-28
たぶん、口の中から口が出てきたり、緑の液体吐いたり、
エレベーター開けたら中に潜んでいたりする。
胸の中から肉を食い破って出てくる場合もあるから注意な(´;ω;`)
久しぶりにエイリアンの映画見たくなってきたわw


みんなといっしょに日本一周-29
エイリアンのオス・メス・子どもの見分け方。
子どもが15回脱皮するとオスになり、16回脱皮するとメスになる。

オスは甲羅の左右にへこみがあり、前2本の足はカギ爪になっている。
メスは甲羅が球状に丸くへこみがなく、前2本の足がハサミになっている。


オスはカギ爪でメスの甲羅をつかまえてつがいになる。
そこまで解説してくれているから、改めて大水槽を見に行くとより楽しめる!!!


みんなといっしょに日本一周-30
こいつはへっこんでるし、後ろからメスを捕まえてるからオスやな。


みんなといっしょに日本一周-31
捕まえられて逃げようとしてるこいつはメスか。
ちなみにメスの方がオスよりも一回り大きいサイズ。


みんなといっしょに日本一周-32
まだひっくり返っとったんかいなw

ってことは、ひっくり返ったら起き上がられへんの?死ぬの?
後の展示で説明があったが、長く伸びる尾(尾剣)が水中移動の舵の役割をし、
ひっくり返ったときも尾剣を反らせて起き上がるらしい。
残念ながら起き上がる場面は見られなかった。


みんなといっしょに日本一周-33
カメとか魚とかの化石。


みんなといっしょに日本一周-34
展示棟の中央はシアターになっていて、自動で映像が流れっぱなし。


みんなといっしょに日本一周-35
カブトガニ誕生の頃の化石なんかな?
たまに置いてある化石の意味がいまいちわからん。


みんなといっしょに日本一周-36
それにしてもキモい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-37
カブトガニの進化の説明。
クモやサソリと祖先が同じで、共通点もいくつかあるんだとか。
キモいグループですね...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-38
カブトガニ誕生から各地に広がる道のり。
現在は地球上に4種類がおり、北アメリカと東南アジアにのみ生息している。
日本では瀬戸内海近辺で網にかかる。


みんなといっしょに日本一周-39
種類ごとに展示されてあるが、とにかくでかい(´;ω;`)
いちばん大きいやつでピザのLかLLサイズくらいの大きさ。


みんなといっしょに日本一周-40
左がメスで右がオス。こうやって見ると差が歴然としている。


みんなといっしょに日本一周-41
レバーを操作してカブトガニの尾剣や手足を操作できる展示。
悪趣味すぎて大喜びしたが、調整不良か動きが悪い(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-42
展示もひとつひとつ興味を持って探索すれば意外とおもしろい。


みんなといっしょに日本一周-43
体のつくりや内臓・血液についての説明も詳しい。


みんなといっしょに日本一周-44
こうやって見るとクモにしか見えんわな。
1本1本が別々の動きしてうぞうぞしてるんやで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-45
模型とわかっててもキモい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-46
海で泳いでるときにこんなやつがおったらと思うと...(´;ω;`)
しかし安心してほしい。近海にいるとはいえ、水深12~13mほどだそうだ。
海水浴に行って出会うようなやつらじゃないぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-47
卵から生まれる前のカブトガニの状態。


みんなといっしょに日本一周-48
ときどき中で幼体がくるりと回転して気持ち悪いw
成体になるとゴカイをエサにするのに、幼体はゴカイに食べられてしまうらしい。


みんなといっしょに日本一周-49
何年でどれくらい成長するかを示す年表。


みんなといっしょに日本一周-50
1,2年だと指先ほどの大きさしかないのが意外。
生まれたらガンガングングンズイズイ成長するのかと思ってたw


みんなといっしょに日本一周-51
10年15年経ってようやくこのサイズ。
ということは大水槽の彼らもこれくらいの年月を生きてるわけか。


みんなといっしょに日本一周-52
カブトガニの血液から、毒素検出用の薬が作られているとのことで、
我々人間にとっても有益な存在であることを自覚しよう。

エイリアンだの宇宙人だの言ってバカにしてはいけない(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-53
2階部分には恐竜の展示もあるが、なぜなのか全然わからん。
起源の古いものつながりなんだろうか(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-54
人間がすっぽり口におさまる大きさのものが、壁にどかーーーんと飾られている。


みんなといっしょに日本一周-55
しぎゃぁぁあっぁぁぁあぁっぁぁあ!!!
外のオブジェ同様、原寸大で大迫力の恐竜の襲撃に、
あなたはおしっこ漏らさず耐えることができるか!!!



みんなといっしょに日本一周-56
まぁ、お子さんにとってはカブトガニなんてどうでもいいだろうし、
恐竜見て喜んでくれるならそれでも家族サービスは成功といえよう。


みんなといっしょに日本一周-57
手を入れたら噛まれる仕組みだったらどうしようとか考えながら手を差し出す。


みんなといっしょに日本一周-58
いきなり現れるぬりえコーナーに心の高揚を隠しきれない。
他に客がいない今なら、童心にかえって思う存分ぬりえできるぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-59
壁を埋め尽くすほど並べられたぬりえには、カブトガニの姿はなかった...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-60
ちょっとシアターでも眺めつつ休憩しようかね。


みんなといっしょに日本一周-61
全部で100人は収容できるほどの広いシアターでは、
古い映像が延々流れているだけでもったいなかった。
バレーのワールドカップとか写してほしいw


みんなといっしょに日本一周-62
カブトガニのことも少しわかって、最後にお別れを言いにいく。


みんなといっしょに日本一周-63
グロい外観はきっとファンを増やすことであろう...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-64
こいつは1時間近くずっとひっくり返ったまんまだった。
10時間かけてゆっくり起き上がるような生活なのかもしれないw


みんなといっしょに日本一周-65
隣にいるおまえも、いい加減助けたれよw


みんなといっしょに日本一周-66
受付ではささいなおみやげものも。
ポストカードやクリアファイル、ストラップ、マグカップなど。
安いけど、カブトガニポストカードって送られてどうなん?w


みんなといっしょに日本一周-67
カブトガニ博物館の520円が高く感じられ、昼ごはんは丸亀で安く済ませる。
初のうどん・ご飯のコラボで400円(*´v`*)
どっちがどっちかわからんやろーwww


みんなといっしょに日本一周-68
少し走って広島入り。距離が短いからと油断していたら風が強すぎて泣ける。


みんなといっしょに日本一周-69
撮った写真整理しながら、風がおさまるのを待とう。
結果的にいえば、これが大失敗であった(´;ω;`)

風がおさまるどころか、少し強くなっている。
しかも気温が下がって雪が降ってきた。
これは予定通りに着くのは不可能やで...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-70
追い打ちをかけるようにバイパス道路出現。
車専用だからチャリは迂回しないといけない。地味にうっとうしい。


みんなといっしょに日本一周-71
恒例のノンストップノンおしっこで激走。
しまなみ海道は次回渡るから今日の日はさようなら。

ということは、しまなみから先、ここからはもう通らないつもりで
観光場所があれば随時寄らなければならない!!!



みんなといっしょに日本一周-72
尾道駅は近代的な感じ。
この時点で残り距離が長く、明るい時間に到着するのは無理になった。


みんなといっしょに日本一周-73
実家の湖西線と同じ車両にテンションがプチアゲやでぇ!!!


みんなといっしょに日本一周-74
2号バイパスを避けて選んだこの県道75号が今日最大の失敗だったかもしれない。
20kmほど平地で川沿いを走って安心していたら、
最後の最後、道の駅の手前で標高200m近い8%の激坂峠。
指先・足先が凍りそうなのに顔・体から噴き出す汗。
途中で押したが冷気で手足が砕けるかと思った(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-75
無事に道の駅に到着。近所のスーパーで半額のおはぎ・草もちを買う。
1パック100円やで、恥をしのんでいっぱい買うやろw


+-+-+-+-+

のんびりしすぎたら痛い目を見るという典型のような日だった(´;ω;`)
今もそのスーパーでブログ書いてるが、外に出ると寒いんだろうなぁ。

1,2月の山陰が地獄のように寒いというアドバイスを各所からいただき、
沖縄滞在日程を再検討しているところ。

12月から3月末くらいまで滞在し、3/10の京都マラソンは飛行機で人間だけ移動。
このプランでいくと、スカイマークの往復飛行機代+1泊つきの旅行プランが
22000円くらいであるため、船でチャリごと往復するのと比べると半額で済む。

早期割引などもあるから、雨で停泊する日などにあらためてじっくり考えたい。
最近の朝晩の冷え込みからさらに寒くなると思うと
口からエイリアンが飛び出してしまう(´;ω;`)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。