スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【737日目】グッバイ九州、グッバイパソコン【福岡→山口】

【天気】くもりのち晴れ(強風)
【走路】R200、R3、R191
【現在地】山口県下関市
【宿泊地】道の駅『北浦街道豊北』

【走行距離】98km
【総走行距離】21949km

【話しかけてくれた人】8人
【総計】1996人

【出費】2300円
【内訳】うどん、いわしバーグ、関門海峡

【特記事項】パソコン壊れる
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

少し前から、パソの液晶が少しずつ線が入ったりにじんだりしてきてたけど、
とうとう充電までできなくなったよ\(^o^)/オワタ


4/7~4/12まではパソコンが使えず、代わりに携帯を駆使して中古Macを購入。
13日に実家に着くまで更新ができないという状況だった。

ブログを楽しみにしてくれてる方からの応援も嬉しかったし、
1日の振り返りでブログ書かないと自分でも旅の楽しみが半減したし、
それを考えると更新をがんばる原動力になったと思う(*´v`*)

というわけで、また毎日お付き合いください(*´v`*)


1
しょーたさんと別れ、糸田町から門司港に向けてまっすぐ北上する。
途中、何か山で動いてるなと思ったらサルだった。


2
1,2匹だけかと思ったら斜面にゾロゾロいる(・`д・´;)!!!
『タヌキも死んでるけど、イノシシや人も普通に行き倒れてる』という
しょーたさんの言葉を肌で感じた瞬間であった...!!!


3
前日のイケメンミーティングで『炭鉱』『川』『団地』という単語が挙がったが、
それを見事に体現した風景に出会えて感激した(*´v`*)

ちなみに、ここ田川市はバカリズムさんの出身地らしい。


4
九州三大うどんチェーンのひとつ(と勝手に思っている)ウエストで三大制覇(*´v`*)
ちなみに、残り2つはは鳴門うどん、資さんうどん。
あすかうどんやうどんレストランうちだ屋が次点で追うw


5
他のうどん屋と比べるとウエストはちょっと高め。(はじめから具があるため)
セルフ式の丸亀やはなまるに慣れていると、席で注文するのが落ち着かない。


6
肉うどん+かき揚げで650円。貧弱に見えるがネギと天カス入れまくった。
強い弾力がなく、かといってふにゃふにゃでもなく、ふんわりしたうどん。
これが博多うどんか!!!と合点がいくものの、好き嫌いは別れると思う。


7
今日は門司から関門海峡を渡って、下関からさらに50km進まないといけない。
急いで走っていると門司港付近に観覧車(*´v`*)


9
3号線沿いには鉄道博物館もある。前回通ったときに行った。


10
レトロな雰囲気の門司港も、じっくり見ている暇はない。
前回見ておいて助かった。寄ってたら寝場所まで辿りつけなかった。


11
そんな門司港・鉄道博物館の様子はこちらからどうぞ(逃げ)。
【260日目】いざ、新しい大地へ!!!【福岡】


12
あっという間だった九州観光。
温泉もよかったし、食べ物もおいしかったし、いい印象を持って終えられた(*´v`*)


13
関門海峡が見えてくると、もっとあれしとけば...ここ行っとけば...と
できなかったことがいくつも思い出される。
後悔じゃなくて、次の旅行(か車で日本一周)に残しておこうw


14
関門海峡はちゃりんこで20円。海中のトンネルを黙々と歩いて押す。
歩行者は無料だから、中をランニングしている人もいた。
景色変わらへんし単調やから俺はちょっと無理かなぁ...(・`д・´;)


16
殺風景になりがちなトンネルの中は海の絵でいくらか穏やかに。
音楽か、海中の泡みたいな音楽流してくれたらなぁ。


15
九州を去る最後の一歩。
他の地方では県境はあっても地方の境(の表示)はなく陸続きになっているから、
『ここから地方が変わった!!!』と明確に感じることがない。
そのぶん、九州や四国は北海道や沖縄と感覚的に似ている気がする。


17
山口に到着し、今度は島根・鳥取と山陰地方に向かっていく。


18
あれっ、橋戻ってきたん?(´;ω;`)
観覧車を見て一瞬混乱したw


19
下関駅から北側の道がけっこうキツくて、坂をひーひー言いながらのぼる。
途中、パン食べて休憩してたらクロネコヤマトの方がジュースくれた(*´v`*)

どうでもいいけど、俺はいつも宅配便はクロネコを利用している。
他社と比べて応対が丁寧で、不在時も柔軟に対応してくださる。
いつもお世話になってます!!!


20
市街地を抜けるとまた坂がキツい(´;ω;`)
でも信号で停まることもなくなるし、車もちょっとは減るし、景色はいいし、
なんとかがんばろうという気が出てくる。


21
平地と思うやろ...ここの他はほぼアップダウンやで...(白目)。


22
距離も長く道もしんどかったが、無事道の駅に到着。
閉店直前だったのでいわしバーグと丸天が半額だった(*´v`*)


23
バイクで散歩していた地元の若い方にヨーグルトとパンいただいた\(^o^)/


24
帰ろうとして途中で引き返してくださり、しそわかめやスープの素もいただく。
疲れて塩分が欲しいとこだったので助かりました!!!


+-+-+-+-+

充電できないパソコンは、バッテリー残り10%。
もし買い替えたときのことを考えると、データ保存するために確保しておきたい。
そもそも、本体がダメなのか充電ケーブルがダメなのかもわからず、
機械好きとしては原因の切り分けをいますぐしたいと悩むのであった...(´;ω;`)
スポンサーサイト

【736日目】太宰府天満宮と、しょーたさんとの再会【福岡】

【天気】晴れ
【走路】R3、R200、R201
【現在地】福岡県田川郡糸田町
【宿泊地】道の駅『いとだ』

【走行距離】74km
【総走行距離】21850km

【話しかけてくれた人】8人
【総計】1988人

【出費】240円
【内訳】梅ケ枝餅

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

『うんちしてるときは必ずブログ読んでる』という
温かい言葉をいただいて喜んでるよー(*´v`*)


1
死ぬほど寒かった昨日も、雨がやんでみればふつうの夜。
屋根の下でゆっくり眠ることができた。ただし早朝6時に開店準備が始まる。
えっ、9時開店やから7時まで寝るつもりやったのに...(´;ω;`)


2
ちょっと早く起きた分、ちゃりんこのメンテすることにした。
ぶっ壊れたバッグの補修に10本くらい結束バンド使った。満足しているw


3
体も温まってきたところでスタート。
『you me』の文字でおなじみゆめタウンは中国・九州の大型スーパー。
イオンが少ない代わりにゆめタウンがあちこちにあり、
半額になる時間も早いから助かっている(*´v`*)


4
2時間ほど市街地を走って大宰府に到着。


5
日曜日であふれかえるほど人が多い太宰府天満宮(*´v`*)
学問の神様、菅原道真が祀られている。


6
周辺のおみやげやさんは活況で、雰囲気は鎌倉や厳島神社に似ている。


7
波浪浮亭木胡桃ちゃん(*´v`*)
いや、言ってみたかっただけやけどネタわかる人おらんやろーし...w


8
客層は日本人半分、アジア系外国人半分で、ファミリー層が多い。
今年度受験を控える新3年生が多かった。


9
この時期まだ落ち着いているからいいが、
受験シーズンだともっと人も多いだろうしピリピリしてそうな感じ。


10
名物は『梅ケ枝(うめがえ)餅』。通りのあちこちにお店がある。


11
中央に梅の花があしらわれた梅ケ枝餅はどこの店でも1コ120円。
安くて食べあるきできるし食べ比べもいいかもしれない。


12
味はふつうの焼きまんじゅうで、梅あんなども入っていない。
焼いて売って焼いて売っての回転が非常に速く、常に焼きたてが食べられる(*´v`*)


13
旅に慣れてくると『あ、この店あそこにもあった』と感動が薄れがち。
キティちゃんの店や地蔵の店、和風雑貨の店は岡山の美観地区などにもあるが、
そうそう旅行できない人にとっては珍しくて貴重な店だろう。


14
頻繁に見るからといって、感動しないという理由にはならない。
周囲の歓声や驚きが初心に立ち返らせてくれる。


15
現代アートみたいな形したスタバ。
ぼーっと見てると頭こんがらがってくるw


16
ちんどんやさんが聖者の行進を軽快に演奏。
音楽もなく殺風景になりがちなみやげもの通りに華を添える。


17
奥に進むにつれて梅ヶ枝餅の店がどんどん増えてくる。
焦ってはじめに買うと『もっと悩めばよかった』と後悔するぞw


18
どこで買っても値段も味も大きさも変わらんと思うねんけど、
それでもやっぱり『自分はここを選んだ!!!』って言いたいもんな(*´v`*)


19
托鉢僧も何人か見かけたが、近年は僧のふりをしたニセモノも多いらしい。
むやみに喜捨せず、読経や托鉢免許等で正しく判断しよう。


20
それでは、太宰府天満宮にお参りに行ってみよー!!!


21
鳥居をくぐるとどしんと待ち構える、大きなおばさん(*´v`*)
じゃなくて牛。


22
小さいながらまるんと美しいアーチを描く太鼓橋(*´v`*)


23
橋から見える池も風情を感じてつい足を止める。


24
たくさんの鯉がエサを求めてぱくぱくと集まってくる。
お寺や神社の鯉って、現世の苦しみみたいなものを表現してるんかなぁ...。


26
天気はいいが肌寒く、日中でも10度に届かなかった。
風も強く体感温度はさらに低い。


27
『寒いなぁ』『手が冷たい』と口を揃える様子はまるで初詣のよう。
いつもひとりで平日に観光してると、人が多いというだけでちょっと高揚する。


29
受験合格のおまもりや絵馬が好評。
俺自身は特に受験するものが今のところないけど、
頭よくなるようにきちんとお参りしておこう。


30
日曜だけあって、お参りに行列ができている(・`д・´;)
自分の健康・旅の無事祈願の他に、転職する友人の今後の人生の好転と、
出産する友人の母子の健康をお祈りした。


31
帰りにもひとつ梅ケ枝餅買った(*´v`*)
1コめと味の違いがわからない...w


32
きょうもやまのぼりうれしいな(´;q;`)
盆地に住むしょーたさんに会いに、300mの山を越えていく。


33
風が強く汗が乾くからか、さほど困難を感じなかった。
ただし下りは寒くておしっこ漏らしそうだった(´;ω;`)


34
しょーたさんと会うのは3年ぶりくらいか。元気にしてるかなぁ...。


35
東アカのイケメンツートップ(*´v`*)

仕事がなんだかんだで充実して楽しそう(楽ではない)でよかった。
新年度で忙しい中だったがあっという間に時間が過ぎる。
町の話や仕事で関わる人の話を細かく聞くとどんどん興味がわく(*´v`*)
できればもう少しゆっくり話せればとは思うけれども、それは次回に残しておこう。


36
バッグにメッセージももらった。ヒムロック!!!(*´v`*)

久しぶりに笑いっぱなしのいい時間だった。
次は東京でこちらがおもてなししたい。+゚(・∀・)゚+。


37
今日の道の駅は24時間休憩所ありの好条件。
テント立てずに寝れそうな感じで助かった。外、めっちゃ寒いねんわ...(・`д・´;)


+-+-+-+-+

明日は関門海峡を越えて山口の日本海側に向かう予定。
あっという間の九州編、楽しかった!!!

【260日目】いざ、新しい大地へ!!!【福岡】

【天気】濃霧のち晴れ
【走路】R2、R10
【現在地】福岡県築上郡上毛町
【宿泊地】道の駅「しんよしとみ」

【走行距離】113km
【総走行距離】12383km

【話しかけてくれた人】40人くらい
【総計】716人

【出費】1000円
【内訳】九州鉄道記念館、資さんうどん

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

走った距離は長いのに観光もしっかりして、絶好調の一日。
疲れも残ってないし、不安があるとしたら今後のルートを一切考えてないことだけか。
別府温泉行ったときの宿泊場所どうすんねや...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-1
カフェテラス野宿ともいえるおしゃれなテント生活(*´v`*)
屋根はあるし床は木やし、ガラス壁があるから早朝の濃霧でも全然被害がなかった。


みんなといっしょに日本一周-2
立ち込める濃霧に萎えたりもするけど、気温が朝から10度近くで暖かい。
日中には14度くらいまで上がったから上着がいらない。


みんなといっしょに日本一周-3
軽快にかっとばして一気に下関に到着(*´v`*)
奥に見える関門橋にうきうきわくわく!!!


みんなといっしょに日本一周-4
長さは1.5kmくらいかな?一直線に伸びた姿が美しい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-5
橋の良さのひとつは『未知の場所に踏み込む感じ』だと思う。


みんなといっしょに日本一周-6
実際、北海道をのぞいて5ヶ月くらい本州をまわってきて、
フェリーではなく自分の足で新しい大地に踏み込むというのが緊張する。


みんなといっしょに日本一周-7
ドラクエでも、橋渡ったら急に強い敵が出てきたり、
雰囲気変わったりするもんなーと考えながら新天地に期待を寄せる。


みんなといっしょに日本一周-8
九州に行ったことがないというわけではないけど、
知り合いもほとんどいない、名所や名物も疎いという状態だから
不安と楽しみが入り交じりつつ九州入り。


みんなといっしょに日本一周-9
橋について語ったわりに、橋は自転車通れませんw
関門橋そばに『関門トンネル人道入口』があり、地下道を通って行く。


みんなといっしょに日本一周-10
徒歩の人は無料、自転車や原付は20円。もちろん押して歩かないといけない。


みんなといっしょに日本一周-11
海の中通ってるんや、今頭上ではものすごい勢いの水が関門海峡を流れてるんや...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-12
出口は門司側も下関側も観光名所やマップが壁面にあり、初めてきた人にも安心。


みんなといっしょに日本一周-13
チャリ停めてお菓子食べようとしてたら、どんどん人が寄ってくる(´;ω;`)
おばちゃんは勝手にカバンになんか書いてくれるし、
若い女の子ちゃんは記念撮影って言っておっぱい触ってくるし...(´;ω;`)

こちらもおかえしにおっぱい揉みしだいても許されたと思うけど、
手はおばちゃんがしっかり握手して動けなかったのです...。
つまり俺だけおっぱい触られて損したというわけです...。

そもそも、若い女の子20人くらいの集団に囲まれる機会なんてないから、
質問攻めにあっても『おぼ、おぼぼぼぼ...』としか言えないw



みんなといっしょに日本一周-14
チャリ好きで、自分も旅をしたいという方ともお話しして、
門司で泊まるとこなかったら来てねと誘っていただいたりもしながら、
無事地上に戻ってこれた。向こうに見えるのが本州側。


みんなといっしょに日本一周-15
まるで天高く舞う龍のようやで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-16
この橋も渡ってみたかったなぁ(*´v`*)
景色よかったんかなぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-17
門司港近辺を散策。
かつて貿易港として栄えて、レトロな雰囲気が残っている。


みんなといっしょに日本一周-19
事前にチェックしていた九州鉄道記念館。入館料は300円。
鉄道ファンじゃないけど、レトロっぽいし!!!


みんなといっしょに日本一周-20
ぴゃーーー、かっこいい(*´v`*)
詳しくは全然わからんw


みんなといっしょに日本一周-21
解説あるけど全然読んでなかったし、読んでもたぶんわからん(*´v`*)
機械見るだけで興奮するからいらんねんw


みんなといっしょに日本一周-22
レトロや...いつ頃のどんな列車か全くわからんけどレトロや...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-23
サンダーバードとかはやぶさとかいう名前で説明されてるわけじゃなくて、
『キハなんとか』みたいな型番的なアレで解説されてるから余計わかりにくい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-24
これも『にちりん』って書いてあるけど、解説はキハなんとかやから
ちゃんとこれの説明読んでるのかどうかもわからん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-25
中にも入れる!!!と思ったらいたって普通(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-26
日曜だから家族連れとキモオタが多数来館。
がんばって小倉行ってありありタウンのミクさんコス見た方がおもしろかったか(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-27
オタは大喜びするもんなんかな?
ふだん都市部で悲惨な通勤・通学ライフを送ってる人は、
空いてる座席見ただけで座りたくて過呼吸になるんじゃないかな?



みんなといっしょに日本一周-28
わざわざスリッパ用意されてるのは親切。
裸足でそのまま入ってく人が大半やけど(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-29
おっ、レトロやっ。ちょっと本気出してきたっぽいな。


みんなといっしょに日本一周-30
見学できるだけやけど、お子さんたちは大喜び。
後ろにじーーーっとオタが無言で立ってるという風景が怖い。
直立不動で目が死んでる人もけっこういた。


みんなといっしょに日本一周-31
つり革の雰囲気とか、網棚がハンモック状なところがレトロ丸出し(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-32
ジオラマとか、機械的なものとか、雰囲気の違いはオタじゃなくても楽しめるし、
プラレールを見るのも作るのも熱中する人は案外多いと思う。

でも『電車が好きです』って、人には言いにくいわな。


みんなといっしょに日本一周-33
『鉄オタ=輪をかけてアレな人』ってイメージが強いのが理由かなぁ。
高校の頃にもクラスにひとりいたけど、アレやったもんなぁ。


みんなといっしょに日本一周-34
アレだから鉄道が好きになるのか、鉄道が好きだとアレな感じになるのかわからんけど、
三次元の女の子に相手されんから二次元にのめり込む俺が言うことじゃないな(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-35
子ども用のミニトレイン。いくつか車両が選べる。
詳しく見てないけど、ひとり300円やったかな。


みんなといっしょに日本一周-36
あれ乗りたい、これがいいと大人気だった。


みんなといっしょに日本一周-37
1周5分くらいかけてゆっくりまわっていく。
いい子に育ってほしい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-38
さきほどの車両展示はメインではなかったらしく、
奥にでかでかと本館が構えていた(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-39
本館は2階構造になっている。


みんなといっしょに日本一周-40
広々としたおみやげやさんには新旧さまざまなグッズ。
レトロ風キーホルダーやピンバッジなんかもあった気がする。


みんなといっしょに日本一周-41
明治時代の車両は本館中央にどしんと備えられていてなかなかの迫力。


みんなといっしょに日本一周-42
昔は座席が畳敷きやったんやな(・`д・´;)
前のスクリーンは特別上映用に用意されたもんやけど、
この座席は見に来た価値があった。管理が大変そう。


みんなといっしょに日本一周-43
『つばめ』という車両について館内でいろいろ目にしたけど、
九州新幹線の愛称のことなんかな?


みんなといっしょに日本一周-44
熱い想いを語っている人たちの後ろでこっそり聞いてみたけど、
スパイ対策の暗号か宇宙語をしゃべってたんだと思う。全くわからなかった(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-45
『かもめ』というのもあってもはやわけがわからん(´;ω;`)
ひらがなだらけやとつらくてさっぱりわからん(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-46
昔の駅弁。雪だるまちゃんがかわゆす(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-47
展示品もけっこう多いし、電車を含む風景写真はきれいやし、
いようと思えばここだけで2,3時間は過ごせる。


みんなといっしょに日本一周-48
記念きっぷも、もしかしたらみなさんのおうちに眠ってるかもしれない。


みんなといっしょに日本一周-49
絵が入ったきっぷと、それを作るための型版。
版画みたいな感じかなー。


みんなといっしょに日本一周-50
キップを切るのを体験できる(*´v`*)
バネが入ってないのか、ものすごく切りにくかったw


みんなといっしょに日本一周-51
昔の用具などもいくつか展示されている。
通信して...何するんやっけ(´;ω;`)
衝突防止か列車の位置を示す連絡をするか何かそういう感じのもの。


みんなといっしょに日本一周-52
これは列車の顔のところについてるやつかな?


みんなといっしょに日本一周-54
これもそうかな?メンコみたいに見えるけど(*´v`*)

みんなといっしょに日本一周-53
ミニチュアはじっくり眺めていても飽きない。


みんなといっしょに日本一周-55
こういうのって、高値で取引されたりするんでしょう...?( ^ω^)


みんなといっしょに日本一周-56
運転シミュレーターは子どもに大人気。
大人は家で『電車でGO!』をやればいいよ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-57
ジオラマキターーー(・∀・)ーーー!!!!!


みんなといっしょに日本一周-58
かっこええ...ほしいわぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-59
橋とかカーブとかトンネルが激熱やわぁ(*´v`*)
細かい景色もちゃんと作りこまれてて感激やわぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-60
それやのに全く動いてないのんが残念(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-61
鉄道ファンじゃないなりに楽しめた(*´v`*)
ちょっと急いで門司港周辺の散策にいくぞー!!!


みんなといっしょに日本一周-62
もらったパンフをもとにふらふらとチャリを走らせる。
密集地帯にあるから歩いた方がじっくり楽しめると思う。


みんなといっしょに日本一周-63
門司港駅はナミ先生の情報通り工事中だった(´;ω;`)
大噴水も撤去されていて、周囲はフェンスで囲まれているから楽しさ半減。


みんなといっしょに日本一周-64
おしゃれな街をちょちょっと入っていくと...


みんなといっしょに日本一周-65
旧大阪商船があったり...


みんなといっしょに日本一周-66
船上レストランや遊覧船があったり...


みんなといっしょに日本一周-67
おみやげやさん密集地帯の海峡プラザがあったりする。


みんなといっしょに日本一周-68
門司港レトロ展望室というのが、この建物の上層階にあるらしい。
でもどう見てもこの建物が近代的すぎてマッチしていない(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-70
謎のバナナボーイズのオブジェと記念撮影してる人もいるw


みんなといっしょに日本一周-69
ソフトクリームや海鮮系の買い食いをしながら散策する人だらけ。


みんなといっしょに日本一周-71
跳ね橋は1日6回開閉するみたいで、遠目に見てもうきうきぴょこぴょこした(*´v`*)
『恋人の聖地』というものに認定されているらしい。
2つにパックリ別れてしまうという意味ではないと思うが、縁起が悪い(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-72
近隣のお店はレトロな建物だが、門司港レトロエリアを離れると普通の街。


みんなといっしょに日本一周-73
街全体というよりは、港の一角だけレトロエリアという感じなので、
横浜の赤レンガ倉庫みたいなのを想像してもらえればいいと思う。
規模と内容でいえば北海道の小樽の勝利。


みんなといっしょに日本一周-74
おっさんバンドのクリスマス演奏が大音量で港内に響いていたこともお忘れなく。
けっこううまかったが、観客は絵に書いたように暗い服のジジババだらけw
自分は若いつもりでいる人は、ワンポイントだけでいいから明るい服を取り入れよう。
それだけでグッと印象が明るくなることまちがいなし!!!






みんなといっしょに日本一周-75
宿泊地までは50kmも離れている。
意外と門司港から大分にかけても寝る場所がなく、ちょっと急ぐ。

途中で車のご夫婦(ご夫婦は人間)にチョコとお茶をいただく。
一度停まってくれたそうだが、集中しすぎて全然気づかなかった。
今日はずっと暑くて半袖で走ってたから幸せます!!!



みんなといっしょに日本一周-76
15時をまわり、ナミちゃんおすすめのうどんやさん『資(すけ)さん』へ。
そういえば昼ごはん食べてなかった。もうこれで晩ご飯でいいわ。


みんなといっしょに日本一周-77
豊富なメニューが400円からと安く、しかも24時間営業(*´v`*)
チェーン店でちらほら見かけるから、今後の強い味方になりそう。


みんなといっしょに日本一周-78
メニュー多すぎワロリッシュ(´;ω;`)

基本的には、きつね、月見、かきあげ、天ぷら、肉など決まったものがある。
それにもち、たまご、まる天、かしわなどをトッピングしていく仕組み。


みんなといっしょに日本一周-79
卓上のとろろ昆布やたくあん、天かすは入れ放題(*´v`*)
ねぎは頼めば増量してくれる。


みんなといっしょに日本一周-80
メニューの他にもうひとつ大きな特徴がおでん。
おっきな具がひとつ70円、唯一牛すじだけが100円と激安。
全体的に安いからと、ついついうどんにトッピングを増やし、
おでんを何個も取っているとあっという間に1000円を超えるぞw


みんなといっしょに日本一周-81
厳選して、厚あげと牛すじにしておいた。
小さく見えるけどこれ、大皿ですからね(*´v`*)
厚あげは市販の1パック分そのまんまの大きさ。


みんなといっしょに日本一周-82
ぶっかけうどん(冷)450円に、もち70円をトッピング。
コシがあるというよりは、ぬるっともちもちした感じ。
噛んだら抵抗するんじゃなくて逃げるタイプのうどんだった。

だからだろうか、空腹で行ったのにボリュームがあって途中で手が止まる。

ちなみに、トッピングしなくてもゴボ天がついてくるが、
これがほかほかシャキシャキでおいしい!!!
人気No.1は肉うどんにゴボ天トッピングだそうだ。納得。


みんなといっしょに日本一周-83
満腹になったところで、あと30kmを気合いで走る。
街の間を移動するためのバイパス道路だから、信号も少ないしすいすい進む。


みんなといっしょに日本一周-84
観光・食事した割には早く着いた。17時前に到着は久しぶり。
坂も全然なかったし、天気もよかったし、ペースが上がってるんだろう。


みんなといっしょに日本一周-85
謎のゴボウ君オブジェ。
太陽光発電で手足が動くらしい。怖い(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-86
休憩所の自動ドアにつっかえ棒で開かなくして、室内の床にダンボール敷いて
寝る準備をしている地元のホームレスの方がいて、退散してきた。

と思ったら、近くに旅用の自転車が置いてあった。
なんて迷惑なジジイなんだろうか。こうはなりたくない(・`д・´;)



+-+-+-+-+

今いるのが、福岡と大分の県境。
福岡は沖縄からの戻りルートで博多などを改めてまわっていく。
明日は大分の中津市からあげの街を散策してから別府温泉へ。
ただ、宿泊場所がなさそうやから公園を物色してからやな。


明後日以降、九重夢大吊橋で久しぶりの吊り橋ハンターしたいけど、
これまた山奥で地獄のような行程が予想されるから尻込みしているところ。
とか考えながら今ぱぱっと調べてみたら、標高800m近いやんけ(´;ω;`)
しかもバスで行ったら往復4800円もかかるやんけ(´;ω;`)

行ったところでたぶん渡られへんし、すっぱり諦めます(´;ω;`)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。