スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【267日目】断崖にそびえる鵜戸神宮【宮崎】

【天気】快晴(午後から強風)
【走路】R220
【現在地】鹿児島県曽於郡大崎町
【宿泊地】

【走行距離】85km
【総走行距離】12832km

【話しかけてくれた人】2人
【総計】735人

【出費】2200円
【内訳】魚うどん、チキン南蛮弁当、地鶏タタキ

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

今日も細かい坂の上り下りが続き、強い向かい風が行く手を阻む。
強風のときって、なんで全部向かい風なん?追い風になったことないんやけど?


みんなといっしょに日本一周-1
朝日がきれい(*´v`*)
ここ数日、夜も7~10度と非常に過ごしやすく、ジャケットがいらない暖かさ。
もう春が来たのかもしれない(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-2
天気がよく、海岸沿いのアップダウンですぐに汗をかく。
上着を脱いで軽快にすっ飛ばす。


みんなといっしょに日本一周-3
今日の夜は銭湯のある道の駅。多少汗をかいても構わない。


みんなといっしょに日本一周-4
海岸沿いで海風が心地いい...というかキツい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-5
そうこうしているうちに鵜戸神宮に到着。
写真がきれいで、行ってみたいなと思った場所。快晴でよかった(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-6
犬はシーズー以外認めませんのでよろしくw


みんなといっしょに日本一周-7
宮崎らしく、スコールのマンゴー味が自販で売られている。
味はいたって普通のマンゴー味だから、記念に飲む程度でいいぞw


みんなといっしょに日本一周-8
駐車場から本宮まで15分くらい歩く。
途中に階段も多いから年寄りは大変そうだった。


みんなといっしょに日本一周-9
イ、イノシシが出るらしいぞ...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-10
参道にはさびれかけたおみやげやさんが4,5軒ほど。
小規模ながらおみやげやさんがあるってことは、お客さんの入りもいいんだろう。


みんなといっしょに日本一周-11
どこでも店頭に『おちちあめ』っていうのがある。何これ(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-12
階段に飽きた頃、ようやく本宮の門に到着。


みんなといっしょに日本一周-13
すぐ横が海になっており、赤と青のコントラストがきれい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-14
なんとなく沖縄っぽい雰囲気がする。こんな感じなんか知らんけどw


みんなといっしょに日本一周-15
無理してのぞきこまなくても、横を見るだけで水平線が見える(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-16
太鼓橋はまるで海の向こうに続いているよう(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-17
晴れてよかったーーー(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-18
各所で工事(というか橋のペンキ上塗り作業)が行われていて、
ガッカリ感がないといえば嘘になる。塗ってない場所もそんなに汚くはないのになぁ。


みんなといっしょに日本一周-19
神社が断崖にあるため、右手はすぐに海、左手の洞窟状の内部に本宮がある。


みんなといっしょに日本一周-20
下の手すりから海面までは20mくらいの高さがあった。
風が強いので波が高く上がっている。


みんなといっしょに日本一周-21
その崖から、海面にある横10mほどの亀岩に石を投げる。
縄でくくってある部分に入れば願いが叶い、
背中の部分に当たるだけでもご利益があるとか。
神様がこういうギャンブル的なもので功徳を決めるもんなん?(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-22
中に入っているのはごくわずか、大半は手前で残念な結果になっている。


みんなといっしょに日本一周-23
本宮と"御乳岩"は洞窟状になった部分の奥にある。


みんなといっしょに日本一周-24
そもそもこの鵜戸神宮は、初代天皇である神武天皇の父に当たる
ヒコナギタケウガヤフキアエズノミコトを祀っている。
神武天皇の生年は弥生時代にさかのぼるが、神話的な内容も多いため、
実在したのかどうかも含めて現在も議論が続いている。


みんなといっしょに日本一周-25
洞窟最奥部には『御乳岩』がある。


みんなといっしょに日本一周-26
天井からおっぱい状に垂れたのが御乳岩(*´q`*)
母君の豊玉姫が子どもへの愛情と健やかな成長を願い、
自分のおっぱいを洞窟内にくっつけていったのが由来らしい。
今も岩清水がしたたり、その水を使用して作ったのがさっきのおちちあめだったわけ。


みんなといっしょに日本一周-27
御乳岩からしたたる水で子である御祭神を育てたとされるお乳水。
飲むと乳の出がよくなるらしいぞ。ごくごく(*´q`*)


みんなといっしょに日本一周-28
頭を撫でると病気平癒・開運の撫でうさぎ。
なでられすぎて頭がはげあがっていた(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-29
御祭神に旅の無事をしっかりお願い。
特にここ数日は寒くなるだろうから、凍え死にませんように(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-30
帰りはこれまた階段をのぼっていくが、行きと景色が違って別の楽しみがある。


みんなといっしょに日本一周-31
崖にそびえたっている姿が伝わりづらいのが悔しい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-32
ヘリコプターか船で海側から撮ればいいのかなー。
観光してる分には大満足なんやけど、伝えるのが難しいわ。


みんなといっしょに日本一周-33
わかりにくい場所にあるわけではないが、みんな素通りしているおいなりさん(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-34
伏見稲荷神社みたいで風情があるのに(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-35
稲荷神社のキツネの顔って、キリッとしたいわゆるキツネ顔が多いのに、
ここのはデフォルメされた2頭身のキツネでファニーだった。
何か理由があるんだろうか(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-36
稲荷神社の門から見える海はこれまた絶景(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-37
いよいよ風も本格的に強くなってきた。風速は8m/s。
時速に直すと30km/h弱。原付が正面衝突してきてるのを押し返して走るイメージ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-38
昼ごはんは事前に調べてあった魚(ぎょ)うどんを食べに『びびんや』へ。


みんなといっしょに日本一周-39
全席座敷の広い店内は満席で、ほぼ全員が観光客だった。
メニューは全体的に1000円超えのお高いところ。


みんなといっしょに日本一周-40
魚うどん、550円(*´v`*)
ここ日南地方の郷土料理で、トビウオのすり身をうどん状に加工したもの。


みんなといっしょに日本一周-41
戦時中に主食が得られず、魚を代用してうどんを作ったのが始まり。
そのため、うどんの形はしているが食感も味も全然違う。


みんなといっしょに日本一周-42
味はつみれ、食感はかまぼこといえばわかりやすいだろうか。
うどんのようにツルツルしているわけではなく、ぼそぼそしている。

『うまい、また食べたい!!!』というものじゃないし、
郷土料理を知るために一度食べれば十分かなという感じだった。
しかし戦時中にこういったアイデアで食糧難を乗り切ったのはすごい。


みんなといっしょに日本一周-43
後はずっと山岳ステージというか、細かい坂の上り下りばかり。
強風も夜まで続くっぽいから、とにかく先に進まないと。


みんなといっしょに日本一周-44
おしっこ休憩で寄ったイルカランド。おみやげやさんもあるが
メインはイルカショーやふれあいコーナー。


みんなといっしょに日本一周-45
おみやげコーナーに化物出現(´;ω;`)
和歌山、すさみのエビとカニの水族館で見たことあるやつや...。
食用って書いてあったけどまさかこんなとこで売られているとは...。


みんなといっしょに日本一周-46
イルカ・ペンギンウォッチングも無事成功(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-47
汗をかきかき鹿児島に到着。
とにかく夜の銭湯をご褒美にがんばるぞー(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-48
ほぼ予定通りに17時前に道の駅到着。
先に寝る場所の偵察を完了しておかないと。


みんなといっしょに日本一周-49
昼に惣菜やさんで買っておいたチキン南蛮弁当300円と、地鶏タタキ200円。
半額じゃないのにこの安さは驚異的。もちろんうまい(*´v`*)

そして今、銭湯入ってからブログ書いている状況。
寝る前にもっかい入ってばっちり温めておかないと。
今晩はマイナス3度まで冷えるらしいからちょっと心配(´;ω;`)
明日も同じくらい冷えるっていうしなぁ(´;ω;`)
カイロが15コくらいあるから、3コずつ使ってでも熟睡したい(´;ω;`)

+-+-+-+-+

明日は桜島の南側をまわって、西端にある道の駅へ。
早く到着すれば、宿泊せずに桜島から鹿児島港までフェリーで行き、
そのまま沖縄行きのフェリーに乗り継ぐかも。
そうすれば夜間船の中で多少ぬくぬく寝られるし(*´v`*)


なお、乗船時間は25時間半。料金は18000円弱。
飛行機で行けば1万円かからないが、チャリをバラすのがめんどくさくって。
スポンサーサイト

【266日目】冷や汁の感動をもう一度【宮崎】

【天気】くもり→晴れ→雨(午後から強風)
【走路】R10、R220
【現在地】宮崎県宮崎市
【宿泊地】道の駅「フェニックス」

【走行距離】77km
【総走行距離】12748km

【話しかけてくれた人】2人
【総計】733人

【出費】2200円
【内訳】地鶏&冷や汁定食、おやつ

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

宮崎といえば地鶏!!!
ということを、おとといみくちゃんから聞くまではずっと忘れていた。
冷や汁と地鶏を食べるのを忘れないようにしようと思って挑んだ今日の話。


みんなといっしょに日本一周-1
昨日の夜洗濯して、天候の読み方が甘く朝まで経っても全然乾かなかった。
仕方なく干しながら走るが、後ろのバッグだけでなく車体そのものに
くくりつけるのは4月以来か。本当にみっともない(´;ω;`)

こんだけぶらさげて走っても、足引っ掛けたり服がからまったりはしないのが不思議。


みんなといっしょに日本一周-2
4代目洗濯袋のキティさん。パンツ見えてます(*´v`*)
初代が使い物にならず、2代目でこれを長く使っていたが別府のフェリー乗場で紛失。
3代目も水漏れして全然だめで、4代目に再び返り咲いた。よろしく(*´v`*)

みんなといっしょに日本一周-3
宮崎市街は南国の雰囲気。南国行ったことないけど(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-4
朝から快調に飛ばして、お昼ごはんは宮崎市内の『花月亭』へ。
各種定食に+300円で冷や汁を食べられるのが嬉しい。

宮崎牛定食(1800円)や刺身定食(1365円)は手が出ない。
宮崎ではチキン南蛮が有名だそうで、900円と手頃だがなんとなく避けたい。
というわけで!!!地鶏炭火焼定食(1200円)に決定!!!


みんなといっしょに日本一周-5
実はこの定食は冷や汁への変更に料金がかからない(*´v`*)
地鶏と冷や汁を楽しめて1200円は安いでぇ!!!


みんなといっしょに日本一周-6
鉄板の上でジュージュー湯気を立てている地鶏ちゃん(*´v`*)
思ったよりボリュームがあるぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-7
冷や汁は味噌ベースの汁に、魚(いわし?)をすりつぶしたものが入っており、
他にしそ、きゅうり、いりごまで味が調えられている。
単品で飲んでもあんまりおいしく感じない。昔感動したはずなのに...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-8
地鶏はうっすら塩味だけ。レモンかけて食べる。弾力のある歯ごたえがたまらん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-9
ご飯はというと、麦ごはんが2割、白米が8割程度の配合。
少し冷ましたくらいが冷や汁にはちょうどいいらしいぞ。
ちなみに、ご飯は一杯のみおかわり無料でデブには嬉しい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-10
一口だけでも、デザートがついてくるのも嬉しい。
そもそも地鶏だけで1500円、冷や汁だけで700円くらいが相場だから、
ランチタイムとはいえ1200円で両方食べられるのは安いで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-11
みなさんは育ちがいいからやったことあるかどうかわからんけど、
みそ汁ご飯するときってどっちにどっちを入れますか?
うちは、みそ汁のお椀にご飯を入れる派で、逆をすると怒られました(´;ω;`)

現在は、先にお口にご飯入れてから、後でみそ汁をそっと含んで口中調味しています。
初めて"口中調味"という言葉を聞いたとき、気持ち悪くて震えたw


みんなといっしょに日本一周-12
あれっ、なんか劇的においしい(・`д・´;)!!!
単品で飲むとなんかざんぱn,,,じゃなくて残り物っぽい感じがしたのに、
ご飯を入れたとたん、生まれ変わってイキイキしだした。

みそと魚のクセのある対決に、ご飯が仲介に入ることで三者が丸くおさまり、
それをシソの葉がすっきり拍手を送る感じだろうか。
自分でも何を言ってるのかさっぱりわからないがwww


みんなといっしょに日本一周-13
昔食べた冷や汁の感動は嘘ではなかった。
地鶏の歯ごたえもしっかりと胸に刻みこんで南へ向かう。


みんなといっしょに日本一周-14
南国風の雰囲気から一転、横を見れば田んぼや畑が広がる風景(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-15
青島に到着。宮崎の観光スポットとして書きだしておいたところ。
参道の両脇にはおみやげやさんが立ち並ぶ。半分はシャッターが降りていた。


みんなといっしょに日本一周-16
はじめ、なんて書いてあるのか全然わからなかったが、どうやらういろう屋さん。
青島周辺に20軒はあった。黒と白が5本ずつ入って400円。
いまいち他のういろうとの違いがわからないから今回は買わない。


みんなといっしょに日本一周-17
1周何キロもない小さな島に橋が架かっていて、奥が神社になっている。


みんなといっしょに日本一周-26
宮崎は日本神話の舞台の2/3を占めているとかで、
『神話の街』的な観光誘致の看板・文句をよく見かけた。



みんなといっしょに日本一周-18
日本書紀とか古事記が好きな人は読んでから行くといいかも。
小学生向けのマンガで読むやつがおすすめ。
わかりやすいし、おもしろいエピソードだけがうまく抜粋されている。


みんなといっしょに日本一周-19
そこから興味を持ち出したら、大人向けの書籍を読んだり、
気になった神様のことを個別に調べたりしよう。
ギリシャ神話もそうだが、案外神様も泥臭くて親近感がアップするぞw


みんなといっしょに日本一周-20
さきほどから線状に見えている岩が『鬼の洗濯岩』。


みんなといっしょに日本一周-21
岩は垂直になっているわけではなく、まるで洗濯板のようにギザギザに連なっている。


みんなといっしょに日本一周-22
模様というか接合面というか、なんか人工な感じがするけど...?


みんなといっしょに日本一周-23
それでも、横一直線にビシッと並ぶ姿は気が引き締まる。
猫背でまっすぐ立てない俺様にはうらやましい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-24
神社の鳥居が見えるが、石畳のあと砂の上を直接歩く場所も多い。
変な履物で来んなよ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-25
砂の上を歩いてもよし、洗濯岩をぴょんぴょん飛んでもよし。


みんなといっしょに日本一周-27
意外と観光客も多く来ていて、若者が多かった印象。
シーガイア行くついでに寄っているんだろうか。


みんなといっしょに日本一周-28
足元が砂というだけで沖縄っぽい雰囲気(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-29
無事に沖縄まで到着できますように(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-30
若い巫女さんもいた(*´v`*)
ポニーテール激萌え(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-32
巨人の監督・選手たちの願掛け絵馬。
巨大ハンマーでたたき割ってやりたい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-31
絵馬掛け処がちょっと変わっててびっくりした。


みんなといっしょに日本一周-33
ジャングルに掛けられた大量の絵馬に、失神するかと思った(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-34
本宮のすぐ脇に別宮?があり、それがジャングルに囲まれている。


みんなといっしょに日本一周-35
貝殻をフリスビーのように投げ、当てたら願いが叶い、貝が割れたら厄除けだそうだ。
1枚200円だったが、なんか縁日の輪投げみたいで罰当たりな気もするw


みんなといっしょに日本一周-36
鐘を鳴らす綱に1本の糸を巻くのは100円。恋愛成就だったと思う。


みんなといっしょに日本一周-37
不思議な雰囲気のある神社だった。


みんなといっしょに日本一周-38
中でもいちばん不思議だったのがこれ(・`д・´;)
神社の一角にジャングルトイレがある。
おみやげやさんか社務所の横の物置みたいな場所を通って行くのだが、
中に観葉植物が少しあるだけの普通のトイレだったwww



みんなといっしょに日本一周-39
おみやげやさんの眠り猫ちゃんたちがかわいすぎて生きるのがつらい...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-40
神話との考証とか、神々の活躍の舞台的な話とか、
そういうのも勉強してから行くともっと楽しめたんかなぁ。
嫁が黄泉の国に連れ去られて、連れ戻しに迎えに行ったら鬼ババアみたいになってて
姿を見たばかりに追い回された話くらいしかわからんもんなぁ(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-41
神秘的な雰囲気は十分に楽しめたしよしとしよう。
なんか日本書紀読みたくなってきたし!!!家帰ったら読もう!!!


みんなといっしょに日本一周-42
タイでおなじみトゥクトゥクタクシーに乗ってまわることもできる。
料金はいくらくらいなんやろ?おばちゃんが乗ってたのは見かけた。


みんなといっしょに日本一周-43
すぐお隣に熱帯植物園もある。


みんなといっしょに日本一周-44
園内は静かで落ち着いている。
気温が15度前後で半袖でもいいほどの暖かさのため、
ベンチで座って本読んでいる女の子もいたりする。


みんなといっしょに日本一周-45
名前はわからんけど、いっぱい種類があってきれい(*´v`*)
すぐ横でおばちゃんが植え替えしていたが、こういうこまめな管理のたまものだろう。


みんなといっしょに日本一周-46
観光温室は入場料200円。そこまで観たくないからやめたw
外から見る限り、ハイビスカスとかヤシとか、沖縄でも見られそうな感じ。


みんなといっしょに日本一周-47
地元スーパーで地鶏のたたきを半額ハンター。200円やでぇ(*´v`*)
そこらのお店で食べたら800円~1200円はする。


みんなといっしょに日本一周-48
宮崎に入ってからというもの、ギザギザの地形のため海岸線を走っているのに
ずっと細かい上り下りを繰り返してきたから見えなかった海。


みんなといっしょに日本一周-49
水平線が見えて、ようやく南国に来たという実感がもてた(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-50
17時前に道の駅到着後、余裕をもってディナータイム(*´v`*)
ものすんごい弾力があるし、くさみはなくてまるで鯛かカンパチの刺身のよう。
昨日買ったフジシンの甘いさしみしょうゆで食べたらほっぺたなくなった(´;ω;`)



+-+-+-+-+

地鶏も冷や汁も大満足で、特に冷や汁はもう一度どこかで食べたいなと考え中。
明日の昼は日南で『魚うどん』を食べる予定。


クリスマス寒波を乗り切れば沖縄でぬくぬく生活を送れる。
いちばん冷える25日にフェリーで夜を過ごせる予定だからひとまず安心(*´v`*)

【265日目】沖縄へ向けて案を練る【宮崎】

【天気】大雨
【走路】日向市街
【現在地】宮崎県日向市
【宿泊地】道の駅「ひゅうが」

【走行距離】21km
【総走行距離】12671km

【話しかけてくれた人】1人
【総計】731人

【出費】1600円
【内訳】備蓄食料、銭湯

【特記事項】雨で停泊
【走破地図】---

+-+-+-+-+

今日は10時頃から雨。
こういうときにスーパー銭湯が近くにある道の駅は助かる(*´v`*)
朝10時の開店から夜22時の閉店までみっちり沖縄のことを考える。



みんなといっしょに日本一周-1
7時に起床。雨に降られないうちに今日と明朝の食糧を用意しておこう。
日向市駅は近代的で、周囲にスーパーやショッピングセンターも多い。


みんなといっしょに日本一周-2
安心のトライアルクオリティ(*´v`*)

最近気づいたが、トライアルは種類によってはそこまで安くない。
お惣菜や弁当類は激安やけど、パンはそうでもないから、
他のスーパーの半額ハンター狙った方が割がいい場合もある。


みんなといっしょに日本一周-3
おみっちゃん先生から『フジシンの甘口しょうゆがいい』とおすすめを受け、
先日違うものを買ったばかりなのに新調する(*´v`*)
たしかに他のものより甘さが強くておいしい。

後になってわかったが、同じフジシンでも甘さに違いがあるようで、
5段階の甘さで甚、福など種類が違ってくるらしい。

今回買ったのは上から2番目に高い"特級"。からあげにかけてもうまいぞ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-4
宮崎弁で『てげてげ』というのがあると、北海道でTKさんが言っていた。
発音が似ている『Take it easy』的なニュアンスかと思っていたが違う様子。
『ぼちぼち』をもう少しいい加減にした感じの意味合いだろうか。


みんなといっしょに日本一周-5
道の駅でゆず茶をいただいた(*´v`*)
イケメンだからかと思っていたら、冬至でみんなに奉仕されていたw
少しずつ雨が降りだしてきて寒くなってきたから助かる。


みんなといっしょに日本一周-6
そっからはもうスーパー銭湯でブログ書いたりルート検討したり。
大雨を500円でしのげて、なおかつ朝から晩まで風呂入り放題(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-7
おっぱいじゃないよ( ^ω^)
なんとなく、九州ってこんな形で、南端から沖縄行くと思ってたやんな?


みんなといっしょに日本一周-8
実際は全然違う(´;ω;`)
現在、右上の日向市にいる。鹿児島から沖縄へのフェリーは左下の方。
まっすぐ南下しようとしていた俺様は大打撃を食らった(´;ω;`)

単純に海岸線をぐるっと鹿児島まで行くと6日ほどかかる。
途中で南端をショートカットして220号で行くと4日。
奇数日しかフェリーがないため、乗船は冗談抜きで25日になったw


みんなといっしょに日本一周-9
もう自分の家状態(*´v`*)

沖縄では1月いっぱいまで観光で楽しむ予定で、
2,3月はバイトしながら京都マラソンの準備で走りこみするつもり。
サトウキビの刈り取りのバイトは肉体労働地獄だそうで尻込みする。

短期の看護師求人もあるからどうか...と思ったけど、しんどいしなぁ。
ゲーセンか丸亀製麺、ヴィレッジヴァンガード、国際通りのみやげやさんが
現在のところ有力候補。地元商店の募集があればなんとか転がり込みたい。



+-+-+-+-+

明日は日南市までまっすぐ南下予定。
昔、シーガイアに家族旅行行ったときに冷や汁を食べて衝撃を受けたから、
冷や汁と魚うどんを食べられるお店を探し中。情報求む(´;ω;`)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。