スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【548日目後半】ねこだらけ!!!石垣中心市街地【沖縄:石垣島】

離島旅行最後のまとめは石垣中心市街地。
1日でまわったわけではなく、毎日うろちょろしていたのを
まとめて1つの記事にしています。


みんなといっしょに日本一周-1
フェリーターミナルからまっすぐ大通りにいくと730交差点に出る。
沖縄がアメリカから日本に復帰して6年後の1978年7月30日、
車が右側通行から左側に変わった歴史的な日を指すんだそうだ。

よくわからんけど目印にしようw


みんなといっしょに日本一周-2
沖縄風のパーラーも充実。
冷たい飲み物やかき氷のほか、チャンプルー料理等も楽しめる。


みんなといっしょに日本一周-3
Tシャツや雑貨を扱うおみやげやさん。
ターミナルの真向かいにあるから、時間が余ったときに寄ってみては。


みんなといっしょに日本一周-4
アジアンな雑貨・服のお店にはなぜか巨大なトカゲ(・`д・´;)
なんでか知らんが、沖縄の長期滞在者(特に女性)はアジアンな服の人が多い。


みんなといっしょに日本一周-5
スリッパやシュノーケリングをはじめ、マリングッズもたくさん種類がある。
県外から石垣に来ると例外なく暑さにうんざりするから、
早めに涼しいものを買っておこう。10度以上気温差がある。


みんなといっしょに日本一周-6
おしゃれな手工芸やさんも。
間違っても水着で入らないようにしよう(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-7
滞在中かなりお世話になったレンタサイクルやさん。
メインはバイクなんやけど、チャリが1時間100円、1日500円で借りられる!!!

中心部からスーパーまでは2,3kmあり、歩いていくのはめんどくさい距離。
ちょろっと1時間借りて買い物するのが非常に楽で使いやすかった。
5日間で4回借りた。神戸から来た店員さんとついでにしゃべったりして楽しい。


みんなといっしょに日本一周-8
石垣島にはココストアが10軒弱ある。(他のコンビニはない)
ターミナルから徒歩圏内にも4,5軒あって、ちょっとした買い物に最適。


みんなといっしょに日本一周-9
今回は節約のために寄らんかったけど、飲食店も多い。
那覇とそこまでメニューが違うわけではない。


みんなといっしょに日本一周-10
地元っぽい感じのカラオケ屋さんもある。
阪神ファンなんかな(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-11
いかがわしい通りもあるよ(*´v`*)
宿泊を考えてた公園はこの近くにあり、レンタサイクルやさんでも相談した結果
さすがに治安が悪かろうということで諦めた。


みんなといっしょに日本一周-12
島の北部は山と畑だらけだったが、南部は畑もなければ牛もいない。


みんなといっしょに日本一周-13
かねひで、サンエー、マックスバリュなどスーパーも充実。
節約したい人はスーパーでパンや惣菜を買いだめしておこう。


みんなといっしょに日本一周-14
古本屋さんは今回の旅で大活躍(*´v`*)
フェリーで離島ツアーに行っても、終了は16~17時。
夜の街に繰り出さないぼくちんは時間を持て余してしまうため、
テントなりゲストハウスなりで読書するのが心地よかった。


みんなといっしょに日本一周-15
730交差点から徒歩3分のところにあるユーグレナモール。
ん...?ユーグレナ...?


みんなといっしょに日本一周-16
雰囲気的には那覇の平和通りや市場本通りに似ている。
中央に公設市場があり、周辺におみやげやさんが居を構える。


みんなといっしょに日本一周-17
扱っている商品は国際通りとほぼ同じ。
『石垣島限定!!!』のものもあるが、国際通りにもあるw


みんなといっしょに日本一周-18
那覇を経由して石垣島に行く予定の人は、
おみやげやさんはスルーしてもいいと思う。


みんなといっしょに日本一周-19
みんなそう思っているのか、商店街もどことなく活気がない。
お客さんあんまりおらんかったしなぁ...。


みんなといっしょに日本一周-20
お店で縫製してるような服は、那覇と石垣では品揃えが違う。
汗が滲み出るほど派手なシャツ(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-21
あっ、地元食堂は安いから寄ってみるべき!!!


みんなといっしょに日本一周-22
ゲストハウスはきれいなとこから一瞬後ずさるとこまで様々。
素泊まり1500円を基準にしよう。ドミトリーより個室が盛んかもしれない。


みんなといっしょに日本一周-23
ちょっとした休憩場所では、観光客より地元のおばーちゃんが多かった。


みんなといっしょに日本一周-24
ユーグレナモールのメイン、石垣市公設市場(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-26
建物周りにある露天風のお店がワクワク感を引き立ててくれる。


みんなといっしょに日本一周-25
生鮮から怪しい健康食品まで盛りだくさん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-27
ドラゴンフルーツ...沖縄におる間に1回は食べなあかんわなぁ。


みんなといっしょに日本一周-28
市場内よりも、外のほうが盛り上がってるような気がする(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-29
中はものすごく寂しい感じだった。というか日曜でほとんど休み(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-30
しかも夕方で店じまいも始まっている(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-31
本来なら真っ青な魚とか、豚のけつとかあるはずやのに(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-32
予定立てるの失敗したな...曜日まで頭に入れてなかったことを反省。


みんなといっしょに日本一周-33
はとぽっぽ保育園からのかわいい贈り物(*´v`*)
俺より賢いんちゃうか...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-35
おみやげやさんにはユーグレナ黒糖。ん...?ユーグレナ...?
商店街がユーグレナモールで疑念を感じてたけど、これを見て確信に変わったわ。
ミドリムシ培養が有名なんやろ?(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-36
それを証明するかのように、商店街を抜けたところにミドリムシ喫茶店。
ミドリムシたっぷりのスムージーや豆乳飲料が用意されている。


みんなといっしょに日本一周-37
ミドリムシが3億5000万匹入った緑汁、150円(・`д・´;)
えぐい味するんかなと思ったら、グリーンティーみたいで飲みやすい。
苦手な人はシロップ入れると余裕で飲めるらしいし、
風味を楽しみたい人向けにミドリムシラテなんてものもある。

我らが滋賀県でも、ミドリムシを利用した健康食品等を開発中で、
以前から少し興味があった。だからユーグレナという名前にも反応したわけで、
まさかこんなところで口にすることができるなんてびっくり(*´v`*)



みんなといっしょに日本一周-38
気を失うほどかわいいぬこちゃん発見(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-39
ゲストハウスの人からご飯もらってると思われる半ノラの子。
見たことないくらい優しい目をしてて、こっそり連れて帰りたかった(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-40
人間でいうと女子中高生くらいかなー。成猫ほど大きくはない。


みんなといっしょに日本一周-41
ひとなつっこい...(*´v`*)
よく手入れされてるのか、毛や肌の状態もよく虫もついてない。


みんなといっしょに日本一周-42
地面に這いつくばって写真を撮りまくる。


みんなといっしょに日本一周-43
他にも女の子が地面に顔つけてまで写真大会していた。


みんなといっしょに日本一周-44
かわゆすぎて生きるのがつらい...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-45
上品な子で、撮影はいくらでも許すけどおしゃべりはあんまりしてくれない。
触るのは喜んでた(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-46
さわりまくっても爪たてたり噛み付いてきたりはしない。


みんなといっしょに日本一周-47
なでてあげるとゴロゴロブヒブヒ言うから、
観光するのも忘れてついつい一緒に遊んでしまう(*´v`*)



みんなといっしょに日本一周-49
小顔、やさしい目、お上品。芸能人で例えると...うーん、えー、
あー、誰や、思い浮かばんぞ...しょこたんか?


みんなといっしょに日本一周-48
いやぁ、ユーグレナモール来てよかった!!!もう悔いはないわ!!!


みんなといっしょに日本一周-50
夜うろついて出会った白黒パンダねこ。


みんなといっしょに日本一周-51
中華料理屋の前にいたから、おこぼれを待ってるんかな?
俺よりいいもん食べてるやんか(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-53
カメラ近づけたら、興味があるのかびっくりしたのか手を振り上げてきた。
ごめんごめん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-54
また別のぬこちゃん。テントたてようと思ってた場所にいた。
ちょっと警戒心が強かったけど、逃げてもすぐ寄ってくる。

ちなみに、天気が危なかったからテントはやめてゲストハウスに泊まった。


みんなといっしょに日本一周-55
し、死んでるのかと思ったわ...(・`д・´;)
路肩でこんな形で倒れてたら勘違いするやんか...。
実際にはピンピンしてて寄ったら逃げていった。


みんなといっしょに日本一周-56
100m歩けば別の子に出会うというねこねこストリート(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-57
何匹おるんや...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-58
この子は遠目からお話するのが好きなようで、返事すると寄ってきた。


みんなといっしょに日本一周-59
目から怪光線(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-60
なんでこんなにねこちゃん多いんやろ?寛容な土地柄なんか?


みんなといっしょに日本一周-61
やっぱりこの子がいちばんかわいい(*´v`*)


+-+-+-+-+

なんというか...ねこ好きな人は石垣島へどうぞと言いたいw

明日は早起きして朝から飛行機に乗って那覇に帰るだけ。
離島旅行楽しかったーーー!!!
スポンサーサイト

【548日目前半】圧巻のマンタシュノーケリング【沖縄:石垣島】

マンタに会えましたよ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
石垣島では、5泊のうち最後の2泊はゲストハウスに泊まった。
いい公園が見つからず苦肉の策で泊まったんやけど、
両日ともに夜中大雨が降ったからケガの功名とも言える。


みんなといっしょに日本一周-2
ゲストハウスは何十軒もあるが、那覇と比べると倍近い値段。
個室2000円は当たり前、ドミトリー(相部屋)も1000円を超える。
今回泊まった『ターミナルハウス』は半個室という謎の形態で1000円。


みんなといっしょに日本一周-3
夜22時半に電話して急遽泊めてもらったが快く応対してもらえた。
中心市街地にあり、フェリーターミナル、バスターミナルからも徒歩5分以内。


みんなといっしょに日本一周-8
ドミトリー、半個室、個室で合計40人くらい入るんかな?
観光に来ている(長期滞在ではない)人が大半なんだろうか、
ロビーは朝でも夜でもわりと静かな状態。



みんなといっしょに日本一周-4
近隣のバイト募集やゲストハウスの紹介、
離島だけじゃなくて北海道の季節労働(イクラ作り)募集まであった(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-5
炊事場は一応用意されてはいるけど、本格的な自炊はできなさそう。
ご飯炊いたり、ガスコンロで簡単な調理をする程度。


みんなといっしょに日本一周-6
洗濯機は無料で使える。ただしベランダで干すことはできず、
個室内のハンガー・ピンチに引っ掛けるしかない。
1週間程度の旅行であれば、パンティーや靴下を洗濯できるだけでも助かる。


みんなといっしょに日本一周-7
男女別のシャワーは2機ずつあって、シャンプーとボディーソープ完備。
急な滞在でもきれいさっぱりになれるのは嬉しい。
特に、離島滞在では海に入りまくるから髪の毛ぱんぱしこんやしな(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-9
で、半個室ってどんな感じなん?
上半身だけ個室で下半身は共同部屋ってこと?

それって産婦人科のついたてみたいな感じ?(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-10
個室と全く変わらない快適さでした(*´v`*)
入口(足側)がカーテンで仕切られ、天井は他の半個室とつながっている。
壁は2m以上あるから背伸びしても隣の部屋は見えない。

他の人の寝返りやおならの音は聞こえるけど音楽鳴らしたりするのは禁止。
クーラーもしっかり効いているし、夜は23時に完全消灯される。
電気も充電できてちょっとした洗濯物はすぐ乾くし、快適そのものだった。
はじめからテント持たずにここで5泊してもよかった(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-11
カギつきのちょっとしたロッカーもあって、滞在中かなり便利。
ツアーに参加する場合はフェリー会社に預けられるが時間制限がある。
時間制限なしのコインロッカーも1日500円以上する。
重い荷物を持って移動すると楽しさが半減するから、
1000円で宿泊、シャワー、クーラー、ロッカーがあると思えば驚異的な安さ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-12
朝10時40分に送迎があり、マンタポイントに向けて出港。
ダイビングが15名ほど、シュノーケリングは俺ひとり。

今回利用したのが『美らコーラル』というお店の7500円のプラン。
先に吐き出してしまうが、ここのお店は絶対やめておいた方がいい!!!


そもそも、朝10時40分に送迎というのが遅すぎる(他は8時半が標準)。
この日、別の参加者2人が遅い便の飛行機(遅延ではない)で到着するから
それに合わせて予定を組んだとかで、この時点でみんな2時間損をしている。

さらに、機材の説明や潜り方など、一切説明がなかった(・`д・´;)
一度ケラマで参加していた俺はよかったが、
ダイビング初めての組も数名いて、中国人カップルなんかは
何が何かわからないまま潜らされて死にかけてた(・`д・´;)

実は、共同運航で客の半分は他のお店の参加者。
そちらは丁寧に説明され始終楽しそうにしていた。
店選びで失敗したわ...と、まだ始まってもないのに絶望した(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-13
後戻りしたい気持ちを必死で抑えて、せめて今日は楽しもう(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-14
まず1本目のスポット。水深5mくらいかなー。
体験ダイビングの人の練習の意味合いもあり、比較的浅いところ。


みんなといっしょに日本一周-15
小魚うじゃうじゃおるわ...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-16
泳ごうが水を跳ねようが、全く逃げずにどんどん寄ってくる。
ゴーグルのすぐ前に来ることも多くてウロコの模様までくっきり見える。


みんなといっしょに日本一周-17


みんなといっしょに日本一周-18
顔が怖い(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-19


みんなといっしょに日本一周-20


みんなといっしょに日本一周-21
良くも悪くもこの魚ばっかりw


みんなといっしょに日本一周-22


みんなといっしょに日本一周-23


みんなといっしょに日本一周-24
深めの場所には青や黄色の魚がひょいひょい泳いでいる。
光の都合でカメラでは写りにくいが、ゴーグル越しにははっきり見える。


みんなといっしょに日本一周-25


みんなといっしょに日本一周-26


みんなといっしょに日本一周-27
おっ、イラブチャーか?(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-28


みんなといっしょに日本一周-29


みんなといっしょに日本一周-30
払っても払ってもどんどん寄ってくるので、
魚が得意でない人は発狂してしまうかもしれない。


みんなといっしょに日本一周-31
わずか20分で1本目終了(´;ω;`)
本来ならもっと長い時間だったんだろうか。かなり不満。
あと、薄々自分でも感じてはいたが、他の参加者(ダイビング経験多数)が
『今日びっくりするほど汚いよね!!!』と話していた。確かに水が汚い。


プールでいえば、ケラマや西表は25m先がくっきり見えるクリアな状態。
石垣はジジババが泳ぎ終わった正午頃や、子どものスクール後の夕方、
おしっこや体の汚れがごっそり混じって15m先も見えない濁った状態。

天候が悪いとは言えないのになぁ。潜る客が多くて船だらけで濁るんかなぁ。


みんなといっしょに日本一周-32
石垣島北西の川平湾にて停留してお昼ごはん。
ここからすぐ近くにマンタがうようよ泳いでいるらしい...楽しみ!!!


みんなといっしょに日本一周-33
昼ごはんはなんとハヤシライス(´;ω;`)
弁当を注文せず、こんまいところで経費削減したい意図が見え隠れしてしまう。
(というか、店への不満で何もかも悪く考えてしまうわ...)


みんなといっしょに日本一周-34
食後、船酔いで中国人カップルがリバース。
それに寄ってくる小魚、伝染する船酔いとまさに惨状(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-36
マンタわかりますか?(*´v`*)
それまでの不満を払拭するかのように、海をはばたく3匹の大きなマンタ。


みんなといっしょに日本一周-35
悠々と泳ぐマンタをじっと眺める。遠くてもはっきりわかるし、
20mくらいまで近づいて見ることができて心を奪われる。

シュノーケリングでもダイビングでも、
触るのはもちろんのこと半径20m以内に近づくことはできない。

怖がって逃げてしまうし、離れてじっくり眺めるというスタイルになる。
シュノーケリングの場合は上から、ダイビングの場合は正面または下から。

こだわりがなければ、料金も安く負担も少ないシュノーケリングの方がいい。
あと、今になって後悔しているが絶対に『シュノーケリング専門店』を選ぶべき。
ダイビングの人と一緒に行くと、機材の説明やセッティングに時間がかかる上に
交代制で潜るから1回あたりの時間がものすごく短くなる。
シュノーケリング専門店だと難しいセッティングもなく、
交代制じゃないからより長い時間楽しむことができる。


みんなといっしょに日本一周-37
不満はいろいろあったけど、マンタ見れたし良しとしよう(*´v`*)
記念にA&Wで豪勢にご飯食べることにした。沖縄ではエンダーと呼ばれている。


みんなといっしょに日本一周-38
実は、沖縄滞在9ヶ月のうちまだ2回目。
前回はチキン食べて後悔したから普通のハンバーガー食べよう。


みんなといっしょに日本一周-39
全体的にちょっとお高め。単品が250~420円。
ただのハンバーガーでさえ180円。今はそんなもんなんか?


みんなといっしょに日本一周-40
エンダーは、ハンバーガーよりサイドメニューが有名と言ってもいい。
ポテトがくるっと巻かれたカーリーフライ、カラッと揚げたオニオンリング。


みんなといっしょに日本一周-41
デザートメニューはマクドに似てる。
ソフトクリームやサンデー、パイなど。


みんなといっしょに日本一周-42
メルティリッチのコンボセットにしたよー(*´v`*)
パティ上下に風味の違うチーズが乗り、ベーコンのおまけつき。
タルタルソースで召し上がれーーー(*´v`*)
オニオンリングはマスタードやケチャップでカリカリどうぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-43
ルートビア飲み放題やでー(*´v`*)
スーパーに売ってるルートビア(A&W製)と比べてちょっと薄い?
県外の人向けに薬っぽさを軽減させてんのかな?
強烈なサロンパス臭する方が俺は好きやけどなー(*´v`*)


+-+-+-+-+

離島最後の日にマンタ見れてよかった(*´v`*)
毎回見れるわけじゃなくて、同じ場所でも全くおらんことも多いらしい。
他の点で不満が重なった分、プラマイ0にするためにマンタが出てきてくれた。
そう思っておくことにしよう。

【547日目】まるで動物の島、小浜島!!!【沖縄:小浜島】

連日、海でおよぎシュノーケリングをしテント場所探しに迷い...。
疲れでそろそろ帰りたくなるけど、あと2日。
特にこの日の小浜島は坂だらけでレンタサイクルがきつかった。
そのぶん、海もきれいで自然も満喫できたけど(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
スカッと快晴で暑いこと暑いこと。気温は32度。
小浜島はそこまで有名ではないから、フェリーもだいぶ空きがある。


みんなといっしょに日本一周-2
と思ったら、『ちゅらさん』の舞台で熱烈なファンがいまでも来るらしい。
全く見たことないからわからん...。

ちゅらさんにせよ、あまちゃんにせよ、梅ちゃん先生にせよ、
『視聴率大爆発!!!流行語でみんな発狂!!!』って毎回騒ぐけど、
身の回りに見てる人っている?ひとりもおらんで...?



みんなといっしょに日本一周-3
じゃーなんで小浜島に来たのかというと、前の職場(コールセンター)の
人事担当の人からおすすめされたため。
沖縄でも群を抜く『自然そのままの形』と言われて興味がわいた。


みんなといっしょに日本一周-4
フェリーターミナルを出るとすぐに2,3軒のレンタサイクルやさん。
カフェや食堂も兼ねている。もちろん島にはコンビニも大型スーパーもない。


みんなといっしょに日本一周-5
タラバガニ死んだはるわ...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-6
島は周囲17km弱で人口約650人とかなり小さい。
しかし坂が激烈にキツいため、レンタサイクルの人はほとんどおらず
大半がスクーターのレンタルをしていた。くそっ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-7
木にひもがぶらさがってるとつい『自殺か?』と目をそむけてしまう。
そんな都会人は島で癒やされるといいよ。


みんなといっしょに日本一周-8
両手に広がるサトウキビ畑。島には製糖工場もあり、
冬のシーズンには住み込みで働きに来る季節労働者も。


みんなといっしょに日本一周-9
!!!(・`д・´;)
野良ヤギか!!!島内いたるところでヤギを見かける。


みんなといっしょに日本一周-10
飼われてるんやけど、完全放し飼いで牧場ですらないw
人がいないと思って鼻歌うたってチャリに乗ってると、
急にわきから『メヘヘェ~~~』と声をかけられかなり驚く。


みんなといっしょに日本一周-11
まずはトゥマールビーチに到着。
ここで泳ぐつもりをしてたんやけど、今はパス。
島を1周しおわってからゆっくり泳ぐことにする。


みんなといっしょに日本一周-12
ビーチといっても、何か施設があるわけでもない。(シャワーとトイレはある)
ただ泳ぐだけ。こんなきれいなとこでただ泳ぐだけなんて最高(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-13
今すぐ泳ぎたい...後回しにしたくない...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-14
かなり遠浅で波も穏やか。
地元の人もよく泳ぎに来るんだとか。


みんなといっしょに日本一周-15
向かいの島まで歩いて行けそうな気がする(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-17
廃墟風のシャワー、トイレもいい味出してる(´;ω;`)
水は止まってないし、自由に使えるだけで嬉しい。


みんなといっしょに日本一周-18
そうそう、足元にはにわとりがいっぱいいます(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-19
楽しみは後にとっておいて、ちゃっちゃと島をまわってくるよー。


みんなといっしょに日本一周-20
小さな小浜島には3つのリゾートホテルがある。
そのうちのひとつ『はいむるぶし』のビーチにおじゃましよう。


みんなといっしょに日本一周-21
はいむるぶしは南十字星っていう意味らしいんやけど、
ふんころがしとか、くるぶしに似てるな...。


みんなといっしょに日本一周-22
池で眠る水牛(・`д・´;)
南国なのにものすごく仏教的な光景。


みんなといっしょに日本一周-23
リゾートホテルというか、島の1/5の面積を占有していて、むしろ町。
中心市街地よりよっぽど広いし栄えてる。


みんなといっしょに日本一周-24
敷地内はカートで移動しないと広すぎて倒れてしまう。
宿泊者でもない俺はひたすら歩いて痩せた。


みんなといっしょに日本一周-25
ゴルフ場やテニス場もあって、おっさんに人気。


みんなといっしょに日本一周-26
敷地内を20分ほど歩いて、ようやくビーチに到着(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-27
まさにリゾートビーチのたたずまい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-28
見学するのは自由で、更衣室やシャワーなどの設備を使うのは有料(1000円)。


みんなといっしょに日本一周-29
ちょっとした遊具の他、バナナボートなどのマリンアクティビティもある。


みんなといっしょに日本一周-30
肝心の海はどうなの?と見てみたら、思ったほどのものでもなかった。
さっきのトゥマールビーチの方がきれい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-31
まぁ、宿泊者向けのビーチやからな。
泳ぐよりも、海辺でバカンスする人向けなんかもしれん。


みんなといっしょに日本一周-32
畑と海と山のコントラストを楽しみながら次のビーチへと向かう。


みんなといっしょに日本一周-33
今度は馬(・`д・´;)!!!
沖縄では牛ばかり見てきたから、馬は珍しいぞ。
労働力といった感じではなさそうで、何のためにいたのか不明。
食べるわけでもないやろーし。


みんなといっしょに日本一周-34
湿原と草原と牛。


みんなといっしょに日本一周-35
のんびりサイクリングに見えると思うけど、実際はもう息切れ寸前。
マジで壊れる5秒前、MK5というやつだ(´;ω;`)

けっこう急な坂が次々と続き、ママチャリでは馬力も生かせず失速する。
今回はレンタサイクル+フェリー往復で2400円のプランだったが、
電動自転車だと倍近い値段するんやもん...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-36
体力や時間に余裕がない人、若くない人、子ども連れは
問答無用で電動を選択しよう。しんどすぎて観光どころじゃなくなる。


みんなといっしょに日本一周-37
海人(うみんちゅ)公園に到着。雑誌だか何だかの撮影をしていた。
この人たち、何度抜かしてもスクーターで置き去りにされた。悔しい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-41
貝がらやアクセサリーを売るお店があるけど店員さんいませんが...。
草の奥から出てきても怖いのでチラ見するだけにしておいた。


みんなといっしょに日本一周-38
これまた口パクパクするくらいきれいな海(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-39
波打ってなければ、水があることすらわからないほどの透明感(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-40
ちょっと離れた公園にトイレはあるけどシャワーはない。
流れが速いから遊泳禁止なんだそうだ。眺めて楽しむビーチとして割り切ろう。
向かいに見えるのは西表島。


みんなといっしょに日本一周-42
堤防の絵ってなんでこんなに和むんやろぉ(*´v`*)
疲れた足が回復するような気分。


みんなといっしょに日本一周-43
あっ、空飛ぶマンタがおる!!!(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-44
ちょっとした展望台にマンタのオブジェ。
10mくらいあるので実際のものよりかなり大きい。


みんなといっしょに日本一周-45
エラや模様など意外に精巧な造り。
雨降ってもここでテントたてられるんじゃないかと、
持ってきてないのについついクセで考えてしまう。


みんなといっしょに日本一周-46
そのマンタが見つめる景色。


みんなといっしょに日本一周-47
サッカーができるほど広い公園で、芝もよく管理されていたことに驚く。
草ぼーぼーでもおかしくないのに(・`д・´;)

水道があったのが本当に助かった。
すでに2時間で2リットル弱飲んでいて脱水を心配していたところ。


みんなといっしょに日本一周-48
次は海から山方面に向かう。
中に入って正面の皿が動くと、木の板が落ちて閉まる仕組み。
明らかに何かのワナなんやけど、何を捕まえんの?クマ?(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-49
小浜島の真ん中にでーんとそびえたつ大岳(うふだき)。
ここまで行くのに坂道、着いたら山道で食料補給必須。
ただしコンビニなどは全くないので石垣島で準備しておこう。

そう長い距離ではないけれども山道用に杖が置いてある。


みんなといっしょに日本一周-50
ハブが出そうな道と階段を通って...


みんなといっしょに日本一周-52
うわーいい眺め(*´v`*)
八重山諸島(石垣や竹富、西表など周辺離島)の真ん中にある小浜島。
大岳の頂上からはこれらの島がパノラマで見渡せる。


みんなといっしょに日本一周-51
遠くの海まで透き通って見える。


みんなといっしょに日本一周-53
むむ、左から大きな黒雲が近づいてる!!!
ビーチ早めに行かないと泳ぐどころじゃなくなるぞ。


みんなといっしょに日本一周-54
オレンジ屋根の集落はこれまたリゾートホテル。
別荘地にもなっているらしい。


みんなといっしょに日本一周-55
疲れて足がガクガクだったはずなのに、すっきり回復(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-56
牛と草原とちゅらさん展望台。島の北西にある。


みんなといっしょに日本一周-57
展望台は閉鎖してて、干し草がバリケードのように積まれている(´;ω;`)
もともとここは私有地。所有者の方の厚意で開放されてたもの。
北海道の富良野でも観光客のマナーの悪さで閉鎖するところも多いって聞くし、
その流れなんかな...立入禁止の畑に勝手に入ったりするやつおるしな...。


みんなといっしょに日本一周-58
坂のぼり大会を終えて、ゆるやかに下りながら正面の海を楽しむ。
『トンネルや坂を抜けると海』な景色に出会うと、
ほぼ毎回マイラバの『ALICE』という曲を思い出す。


中学の頃、高校生と同行したバレー部の和歌山合宿で、
トンネルを抜けると南紀白浜の輝くような海岸に感動したのがその由来。


みんなといっしょに日本一周-59
フェリーターミナルに戻って、ようやく外周をまわり終えた。
まだ中心市街地を残してる。時間に余裕はあるけど体力が不安(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-60
ターミナルでちょっと休憩。しっかり水分・食料補給して市街へ向かう。


みんなといっしょに日本一周-61
島の中央付近に固まって位置する市街は、石塀や石垣に囲まれている。
地元向けの商店や喫茶店が少しと、民宿がいくつかある程度。


みんなといっしょに日本一周-63
石垣の雰囲気は離島そのもの。
ただし観光向けの場所ではなくて民家ばかり。
あまり騒いだり暴れたりしないように(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-62
ちゅらさんのロケ地やって!!!


みんなといっしょに日本一周-64
ここ『こはぐら荘』はドラマの主人公『エリー』の実家なんだそうだ。
えっ、主人公日本人じゃないの?(´;ω;`)

とまぁそんなことは置いといて、ここも普通に人が住んでる民家。
あまり失礼がないように、家をのぞきまくったりしないでね。


みんなといっしょに日本一周-65
地元商店には大小様々なカラフルなカゴ。
売りもんじゃなくて、何かの分配・宅配用なんだろうか。

ガラス戸には図書館だよりが貼られており、
小学校の一角を借りて町内図書館にしていることがわかる。


みんなといっしょに日本一周-66
喫茶店では散策の疲れを癒やすようにみんな氷を食べている。


みんなといっしょに日本一周-67
竹富島や西表島同様、小中学校が大規模(・`д・´;)
島内で地元小学生らしき子を10人は見たから、そこそこ児童数はいる様子。


みんなといっしょに日本一周-68
『ちょっと寄ってみませんか』という謎の店。
開いてたら何の店なのか気になる!!!


みんなといっしょに日本一周-69
みなさんおなじみの『世界人類が平和でありますように』。
『しきん うまんちゅぬ いい世ぬ中んかい なてぃきみそーり』と
しまくとぅば(島言葉)で書かれている(・`д・´;)



みんなといっしょに日本一周-70
お待ちかね、トゥマールビーチだぉ(*´v`*)
幸いまだ黒雲は押し寄せてきていない。


みんなといっしょに日本一周-71
透明で遠浅、流れも穏やか。
水温はややぬるいが奥の方にいけば適温になる。


みんなといっしょに日本一周-72
透明すぎて飲んでしまいたい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-73
家族連れ観光客が2,3組と、地元の母子1組がいた。
周辺には民家もないので目一杯騒いでも大丈夫。


みんなといっしょに日本一周-74
何も手が加えられていない、天然のビーチといった感じ。
泳がずにただ風を受けているだけでも十分に気持ちいい。


みんなといっしょに日本一周-75
きらきらと陽光を反射してまじ癒し光線(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-76
足だろうが服だろうが透けまくり見えまくりの透明感。


みんなといっしょに日本一周-77
水中写真はちょっとだけ。遠浅でサンゴとかもなく砂浜が続いてたので。


みんなといっしょに日本一周-78
そうは言っても、こういう草地にはちょこちょこ小魚がいた。


みんなといっしょに日本一周-79
身震いするほど気持ち悪いやつ発見|||(´;ω;`)|||
フグくらいの大きさ(意外にでかい)、ウシガエルとフグを混ぜたような形、
緑色に白の斑点という、どこをとってもかわいい要素のない戦慄の生物。

はじめ、こいつがいることにまったく気付かなくて、
草の間に小さな魚がいないかかなり近づいて見ていたら急に発見。
顔から30cmにいて、びっくりして腰抜かすかと思った(´;ω;`)

その後、場所移動してあちこちのぞいてみたが、
こいつがいたのはこの時限りだった。もう会いたくない(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-80
きれいに撮れたでぇ(*´v`*)

ここの海は、穴から顔を出して獲物を待つこいつが中心。
そこらじゅうに穴があってぽこぽこと顔を見せてくれる。
近づくとすぐ穴に逃げてしまうが、じっとのぞいているとまた出てくる。


みんなといっしょに日本一周-81
サイクリングとはいえないほど疲れて、
この日はテントたてずにゲストハウスで爆睡した。
その様子は明日詳しく紹介します。


みんなといっしょに日本一周-82
西表島のシュノーケリングで背中がヒリつくほど激焼けして、
今日の小浜島サイクリングでは顔や腕が墨塗り状態(・`д・´;)

なお、この時点でデジカメのズームがあまり効かない故障を抱える。
レバーにゴミが入ったようで買い替えを検討。


+-+-+-+-+

明日は観光としては最終日。
石垣島でマンタに会ってくるよー(*´v`*)

【546日目】大満足!!!西表島ジャングルツアー!!!【沖縄:西表島】

先に言うのもアレですが、離島旅行の中で西表島がいちばんよかったです。
沖縄の中、旅の中でも屈指の楽しいツアーでした(*´v`*)

参加したのはしげた丸のシュノーケリングツアー
西表のシュノーケリングは数少ないのでかなりおすすめ!!!


みんなといっしょに日本一周-1
昨晩、積み荷用フェリーターミナル前の公園でテント。
いくつも公園は下見したけどなかなかいいとこがない。
夜は28度前後で暑さと疲れで夜中までなかなか寝付けなかった(´;ω;`)

テント場所探しは離島にいる最後まで難航したから、
素直に隣にある東横インに泊まってもよかったと思う。朝食おいしいし(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-2
今回のツアーは西表島のジャングルクルージングとシュノーケリングが
セットで8800円のプラン。昼食とフェリー往復運賃も含まれている。


みんなといっしょに日本一周-3
西表島到着!!!きもい!!!


みんなといっしょに日本一周-3_2
何を差し置いてもイリオモテヤマネコが有名。
早速シール買っておいた。もうちょっとかわいい顔のがあったらよかった。


みんなといっしょに日本一周-6
上原港(西表島フェリーターミナル)から車で漁港まで送迎してもらい、
漁船に乗って10名ほどでクルージングに出発。


みんなといっしょに日本一周-4
夏場はシャワー、トイレつきの小型客船やけど、
今回はシーズン過ぎてるため漁船で風を感じながら進んでいく。


みんなといっしょに日本一周-5
きれいに晴れてくれてよかった(*´v`*)
9時~15時くらいまでのツアーなので、それまで晴れてくれますように。


みんなといっしょに日本一周-7
まずはマングローブの森、クイラ川へと向かう。


みんなといっしょに日本一周-8
近づくにつれ、だんだん異国感あふれる雰囲気になってきた。


みんなといっしょに日本一周-9
マングローブの形がはっきりわかってくると、みんなから歓声があがる。


みんなといっしょに日本一周-10
うあーこわい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-11
何本もののびた足、その間を泳ぐ魚たち、深い森の奥...。
探検心をそそられる光景にみんな大騒ぎ。

それにしても何かに似てるな...。


$みんなといっしょに日本一周-a
これでした(*´v`*)
ファミコンの『ヘラクレスの栄光2』のザコ敵。

こちらの防具ごと破壊してくる敵、不協和音のような戦闘突入音、
苦労して倒したグリフォンが実は魔物にされた自分の恋人だったなど
多くのトラウマを生んだけど、音楽もシナリオもいい良作だったなぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-12
えっと...脱線してすみませんでした(*´v`*)
そんな回想を気にすることもなく船はどんどん奥へと進んでいく。


みんなといっしょに日本一周-13
マングローブの幹からちょろちょろ出ている細い枝のようなものがあった。
それが地面に届くと根になって養分を吸うらしい。


みんなといっしょに日本一周-14
ってことは人間にからみついたら...養分吸われてシワシワかいな(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-15
ジャングルではカヌーも人気。
水がクリアで底のほうまできれいに見える。


みんなといっしょに日本一周-16
さらに奥に進むと滝が現れる。直接海に流れる珍しい滝。
船だとここまででストップ。トレッキングでは近くまで寄ることができる。


みんなといっしょに日本一周-17
西表島のツアーは、こんな感じのクルージング、歩いて散策のトレッキング、
川で遊ぶキャニオニング、カヌー、シュノーケリングがメイン。
どれかひとつ、もしくは2つを組み合わせてツアーが組まれるが、
希望に合うものを探すようにしよう。



みんなといっしょに日本一周-18
俺の場合、シュノーケリングが第一希望、マングローブが第二希望で
歩いたり川遊びしたりは必要ない。それを満たすプランが他になかった。
人気はクルージングとトレッキングとカヌーなので、
シュノーケリングしたい人は同じツアーに参加してみては。


みんなといっしょに日本一周-19
続いて船浮という集落を散策する。
この集落には道路がつながっておらず、島内移動は全て船(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-20
散策なんてどうでもいいわ...早く泳ぎたいわ...と思っていた俺も、
ガイドさんの説明が案外興味深くて聞き入ってしまう。



みんなといっしょに日本一周-21
船着場にはゴンズイ?というウニの友達がいた。
針がものすごく長い上に毒があるらしい。


みんなといっしょに日本一周-22
観光客向けの飲食店も2,3あるが、おそらく夏場のみの営業。
人がいなくなったのか打ち捨てられたような民家も散見される。


みんなといっしょに日本一周-23
ぽつんと置かれた遊具が郷愁を誘う。
ここから巣立っていった子どもたちは石垣で働いたりするんだろうか。


みんなといっしょに日本一周-24
『ぼくのなつやすみ』という雰囲気(*´v`*)
コンクリートジャングルに疲れたシティーボーイの心を癒してくれる。


みんなといっしょに日本一周-25
小学校には現在学年の違う2人が在籍。教員はなんと11人(・`д・´;)
しかも、東京都内の小中学校より大規模な体育館とグラウンドが整備されている。
集落の祭りや運動会もここで行われるんだとか。


みんなといっしょに日本一周-26
イリオモテヤマネコ発見の地がこの家なんだそうです(*´v`*)

西表島に新種のネコがいるかもしれない、という説が出て以来
専門家が8年の捜索活動をするも全く見つからない。
あるとき、開けっ放しになっていた民家の鶏小屋にネコが侵入。
『変わったネコだな』と思った家主がそのまま追い出さずに小屋を閉める。
それがなんと初のイリオモテヤマネコの発見・捕獲だった(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-27
いやぁ、おもしろいエピソードが聞けてよかった!!!
次はシュノーケリングに向かう。


みんなといっしょに日本一周-28
ここからは水中画像をお楽しみください。
連日もぐって写真撮ってるおかげで、かなり上達しました(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-29
水深は2~5mで、ライフジャケットを着ているので安全安心。


みんなといっしょに日本一周-30
サンゴにもいろいろ種類があって、こっちの海はトゲトゲタイプ。


みんなといっしょに日本一周-31
写真ではどうしても青緑っぽくなるけど、
実際はもっとクリアに透き通ってます(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-33
こっちの画像が実際の見え方に近いかも(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-32
手で触れるほどの位置にたくさんのサンゴ。
でも傷つけたらいけないので触ったり踏んだりしないように。


みんなといっしょに日本一周-34


みんなといっしょに日本一周-35


みんなといっしょに日本一周-36


みんなといっしょに日本一周-37


みんなといっしょに日本一周-38
深いところにいる魚もくっきり見える。


みんなといっしょに日本一周-39


みんなといっしょに日本一周-40


みんなといっしょに日本一周-41
あっ、ニモがいる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-42
ファイティングニモだと思ってた人いますね、わたしです(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-43
映画のやつはカクレクマノミで、これはクマノミだけども厳密には違うらしい。
どうせ種類にこだわってるやつなんておらんから、
色とか雰囲気さえ似てればいいんやろwww


みんなといっしょに日本一周-44
おさかなさんの下にあるエノキみたいな白いのが、
波に揺られてぷらぷら動くのが気持ち悪い(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-45


みんなといっしょに日本一周-46


みんなといっしょに日本一周-47


みんなといっしょに日本一周-48


みんなといっしょに日本一周-49
晴れて陽の光が差し込むからか、クリアで本当に気持ちいい(*´v`*)
きれいだった竹富島や小浜島でさえ比べ物にならない。
石垣島も汚かったしなぁ。


みんなといっしょに日本一周-50


みんなといっしょに日本一周-51


みんなといっしょに日本一周-52


みんなといっしょに日本一周-53


みんなといっしょに日本一周-54
ちょっと目を向ければどこにでも魚がいる。
『サンゴお魚畑』という名前でツアー組んでるところがあるのもうなづける。


みんなといっしょに日本一周-55


みんなといっしょに日本一周-56
きれいすぎてパクパクしてしまう...(*´q`*)


みんなといっしょに日本一周-57


みんなといっしょに日本一周-58
小魚の大群。


みんなといっしょに日本一周-59
覚えているだろうか、船にトイレがなかったことを。
遠慮なく海でおしっこした(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-60
6時間あって、しかも泳ぐから冷えてトイレいきたくなるはずやのに
他の人もトイレに困った様子がなかったし、みんなしてたと思われる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-61


みんなといっしょに日本一周-62
真っ青だから、市場にもよくいるイラブチャーとばかり思っていたけど、
ちょっと顔と形が違う?食べてみなわからへんなー。


みんなといっしょに日本一周-63


みんなといっしょに日本一周-64
じっくり満喫したところで、1回目のシュノーケリング終了。
1回1時間で、しかもそれが2回もあるから大喜び(*´v`*)

ふつう、ダイビング専門店でシュノーケリングやると20分を2回とか、
待ち時間が異常に長いとか不満が多い。
シュノーケリングやる人は、ダイビングメニューがない
『シュノーケリング専門店』を選ぼう!!!
みんな一斉にスタートするから長い時間楽しめる!!!



みんなといっしょに日本一周-65
午前中のアクティビティを終え、すでに満足している。
まだ午後も遊べるなんて(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-66
昼はこちらの無人島で休憩。
ジャングルらしい景色に参加者一同大喜び。

今回の内訳は俺の他、おっさん1人、3人組のおっさん、2人組のギャル2組。
ひとりで参加しても気軽に楽しめる感じやったで(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-67
まるで絵画のような美しい景色に、昼ごはん食べるのも忘れてしまう...!!!


みんなといっしょに日本一周-68
昼食付きだと持ち物減らせるし、ちゃんとしたもの食べられて嬉しい(*´v`*)
時間はたっぷりあるのに、誰とも話さずさっさと食べ終わってしまった。


みんなといっしょに日本一周-69
この漁船に乗って1日まわった。9月末~3月くらいは小型船。
うんちしたい人が出たらどうするんやろ...海上投棄?みんなの前で?


みんなといっしょに日本一周-70
午後は2回目のシュノーケリング。
と言いつつ、昼食後に砂浜を自由に泳いでよかったので、実質これが3回目。


みんなといっしょに日本一周-71
レンズにちょっと曇りがあって申し訳ないです(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-72


みんなといっしょに日本一周-73
サンゴがとがっていた前半と違って、テーブル状の平たいものばかり。
こっちの方がサンゴっぽくて好きやなぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-74


みんなといっしょに日本一周-78
今回はやや水深が深いところに来ているため、魚もちょっと違う種類。


みんなといっしょに日本一周-75
イワシの群れのような大量の魚群を発見!!!(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-76
イワシではないらしいけど、まるでスイミーのように統率された動き。


みんなといっしょに日本一周-77
水深5mほどのところを泳いでいるから巻き込まれることはない。
こんなのが周りにまとわりついてきたら...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-79
1匹1匹がテレビのリモコンくらいのサイズで、
それが数百匹単位で泳いでいる。カメラにおさまりきらない。


みんなといっしょに日本一周-80
魚群を追うのにすっかり夢中になって、あっという間に1時間経っていた。
いずれにせよ水深が深い場所は写真に写らないので、勘弁してくださいね。



最後に、ちょっと動画撮ってみたのでぜひご覧ください。
1回目に行った方です。


+-+-+-+-+

合計3時間も泳いだのに全然疲れもなく、むしろリフレッシュできた。
海のきれいさも間違いなく今まででいちばん。
希望通りのツアーができて大満足(*´v`*)

『ダイビングといえば石垣』というイメージが強いと思うが、
日程に余裕がある人はぜひ西表島で潜ってみてほしい。

【545日目後半】牛もいいけど猫もかわいい竹富島【沖縄:竹富島】

前半は牛中心、後半は海中心でご紹介(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
ビーチにいたカニ。意外に大きく、手のひらにおさまらないほど。
よくCMで見かける、威嚇のために立ち上がってハサミを振りかざすやつ。


みんなといっしょに日本一周-2
こっからはまた水中写真。
防水ケースの仕様で端が黒くなること、画質がしょぼいのは許してぴょん(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-3
米原ビーチと違い、サンゴ部分があまりないので魚はあんまりいないかな?


みんなといっしょに日本一周-4
水中うんこ(・`д・´;)
これ、いたるところにあるんやけど何なんやろ...生きてはなさそうやけど...。
ほんまに色も形も大きさもうんこで、触るのも怖かった。


みんなといっしょに日本一周-5
コンドイビーチはかなり遠浅。
ということは、泳ぎながら接写するのが簡単なのでちょっとだけ撮りやすい。


みんなといっしょに日本一周-6
プロ水中カメラマンになろっかなぁ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-7
実際はカメラに写ってるよりも何倍も水がきれいで、魚も色鮮やか。
まっすぐ向けばかなり先まで見渡せるし、魚は表情までわかる。


みんなといっしょに日本一周-8
でも、水中でゴーグルつけてケース入りのカメラの画面はきれいに見えない。
たぶん撮れてるかな?と狙いをつけて、何枚も写真を撮る。


みんなといっしょに日本一周-9
その中でうまく撮れてるものだけ選んで他は消去。
大体10枚撮ったら5,6枚はこんな感じで撮れるようになった(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-10
米原にもいた気持ち悪い顔の魚。似てる人知ってるけど...w
撮影レベルアップのおかげでいい写真が撮れた。


みんなといっしょに日本一周-11
干潮のときに現れる幻の島(小規模)に上陸してみるよ!!!


みんなといっしょに日本一周-12
白い砂浜、浅いビーチ。子どもでも歩いていけるほど。


みんなといっしょに日本一周-13
天気がいまいちなのが残念(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-14
砂に大きくハートマークが書いてあったりする。
大人な人は足で踏み消したりしないようにw


みんなといっしょに日本一周-15
浜辺からはけっこうな距離を歩いていることがわかる。
歩くよりも泳いだ方がよほど速く進めるけれども、
遠浅のところをクロールやバタフライやってると不審がられるからやめようね(*´v`*)



みんなといっしょに日本一周-16
さて、水中に戻りましょうか。うみうし?なまこ?うんこ?


みんなといっしょに日本一周-17
カメラ越しでもだいぶ海のクリアさが伝わるようになってきたかな?


みんなといっしょに日本一周-18
なんか、自分で楽しむ以上に写真を撮るのが楽しくなってくる。
カメラが趣味の友人は『いいのが撮れなくて逆につらい』と言っていたが、
今ならその気持ちがわかる気がする(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-19
じっと見ていると一瞬動いたような気がしてかなり焦った。
『ウツボかウミヘビかもしれない』とまだ思っていたからこわくって。
たぶん波のせいで動いただけで、うんこだと思う。


みんなといっしょに日本一周-20
気がつけば1時間泳いでいた。ビーチに荷物(携帯や財布も)ほったらかしにしてるし、
あんまり疲れても明日の体力がなくなるからそろそろ切り上げよう。


みんなといっしょに日本一周-21
ゴーグル持ってきてほんまによかった(*´v`*)
何もなくて水中見られない人も半分くらいいたし、そうすると楽しみは激減する。
ビーチがあるかないか知らなくても、持って行って絶対損はない。

あっ、わたしはコンドイビーチのベンチに寝てたネコです、はい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-22
上品な顔立ちで、いろんな人からごはんもらってます。


みんなといっしょに日本一周-23
しっぽはないけど、気にしないでください(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-24
さわりたいなら、なんか食べものください(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-25
離島はねこちゃんだらけで癒しの島状態(*´v`*)
しかも観光客相手に人馴れしてるからか、触り放題抱き放題(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-26
気を引き締めなおして、外周の続き。
また浜が見えてきた!!!


みんなといっしょに日本一周-27
ここは桟橋なだけで、泳ぐ場所ではなさそう。


みんなといっしょに日本一周-29
む、むしろ泳いだら危険やな...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-28
舗装されてない道をガツガツ通ってお尻が痛くなってきた頃、市街地へ戻る。
痔ではない。


みんなといっしょに日本一周-30
牛さんおったでぇ(*´v`*)
こっちはたぶん食べられる方の牛。


みんなといっしょに日本一周-31
重い牛車を引きずり回すけど、かわいがってもらえて散歩もできる牛と、
放し飼いにされてるけど、食べられてしまう牛。泣ける。

でも人間の場合は、重労働させられた挙句ポイ捨てされる人も確実にいるわけで、
牛のことを黙って見ていられないつらさがある(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-32
えっと...楽しい旅行に暗い話題はやめておいて...。


みんなといっしょに日本一周-33
石垣ののどかな風景に電柱は似合わないな...んー、電柱か...えっ、どうやって電気?

と思って、どうやって電力をまかなってるのか調べてみた。
規模の大きな島で発電したものを送電線で送る場合もあれば、
海中ケーブルで送る、簡単な発電装置で島内発電するなどの方法があるらしい。

久米島でも、たしか海中に電柱がたっている場所もあったし、
電気代や停電のときなどに考えをめぐらせてみるのも興味深い。



みんなといっしょに日本一周-34
牛です。今度はメスだろうか、角にかわいいお花をつけている。


みんなといっしょに日本一周-35
まじで疲れたわ...今日は牛丼でも食おか、という顔www


みんなといっしょに日本一周-36
意図的に写真からはずしてるけど、島の中には車もたまに走ってます。
というか、この写真撮ってる裏側は駐車場です。


みんなといっしょに日本一周-37
余談やけど、沖縄では離島も含めて闘牛が盛ん。
もしかしたら引退後にこうやって車引いてるんかも。


みんなといっしょに日本一周-38
角の形や体格、模様で呼び方が決まっていて、
『トガイー』『トラムクー』『カキヤー』などと呼ばれる。
新聞バイトで培った知識が役に立ったw


みんなといっしょに日本一周-39
その牛車のターミナル(嫌な言い方やな...)はおみやげやさん併設。


みんなといっしょに日本一周-40
ポストカードやタオル、黒糖、お菓子、頭にかぶる傘など充実のラインナップ。
石垣ねこちゃんの写真集もある(*´q`*)


みんなといっしょに日本一周-41
それよりも、牛のごはん買ってあげたい気分(*´v`*)
結局最後まで牛車に乗ることはなかったけれども、
こういうのは乗るよりも見た方が楽しい。

ちなみに値段は1000円前後と思われる。
フェリーとレンタサイクルと牛車込みで3000円強やったしな。決して高くない。


みんなといっしょに日本一周-42
中心市街地からちょっと離れると民家が立ち並ぶ。


みんなといっしょに日本一周-43
久米島でも話題にした、門を入ってすぐの石垣か生垣。
魔除けや風除けの意味で昔から続いてきた風習なんやけど、
現代では観光客からの目よけでもあるんやろな...。


みんなといっしょに日本一周-45
ひっそりとたたずむパワースポット、仲筋御嶽。
御嶽は神様が祀られている場所で、竹富島だけでも80以上あるらしい(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-46
社寺仏閣のような絢爛なたたずまいではなく、シンプルな外観。


みんなといっしょに日本一周-47
神聖な場所なので、むやみに荒らしたらいけない。
沖縄本島の斎場御嶽も、観光客の横暴さに耐えかねて閉鎖を検討してるらしいし。
謙虚な気持ちで旅の無事を祈願した。


みんなといっしょに日本一周-48
牛も、猫も、海も、町並みも楽しんで帰路につく。
帰りの船はみんなぐったり疲れた様子。


みんなといっしょに日本一周-49
船酔いするかな?と思ったけど、慣れれば対処がわかってきた。
流れに逆らわずに船の揺れに身をまかせ、揺れに合わせて深呼吸すれば楽勝(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-50
石垣島に戻ってから、近くのバイクやさんで自転車借りてスーパーへ向かう。
中心市街地にはマックスバリュのほか、かねひでやサンエー、マクド、A&Wなど
意外に買い物できる店があって助かった。詳しくは後日まとめて紹介します。



みんなといっしょに日本一周-51
パンばっかり食べて味気ないなと、地元のさかなやさんに寄ってみた。
ふつうのさかなやさんが、さしみだけじゃなく天ぷらも売っている。
この店だけじゃなくて、どこでも天ぷらをメインに掲げていた。


みんなといっしょに日本一周-52
まぐろのフライ1本50円(*´v`*)
安いのにボリュームたっぷりで、味もしっかりしてておいしかった。


+-+-+-+-+

こっから、宿泊がいろいろ大変だったんですよ...。
島の中心部はテント張る場所ぜんぜんなくって。キャンプ場もないし。
公園はあるけど人が多くて、かといって道の駅みたいなものもない。
いっそフェリーターミナルの建物前がいいかと思っても、早朝に起きるのは無理やし...。

悪いことは言わん、ちゃんとしたとこ泊まれ(´;ω;`)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。