スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【754日目後半】伏見稲荷大社で鳥居の洞窟状態!!!【京都】

火サスの聖地、伏見稲荷大社。
おまちかねの後半ではその聖地たるゆえん、千本鳥居をじっくりどうぞ!!!


1
何も知らないと本殿をお参りしたあとそのまま帰ってしまう。
左奥にメインの千本鳥居があるから忘れないように(*´v`*)


2
てっきり平地に鳥居が並んでるのかと思っていたが、
案内図はバリバリ山のぼってますやん...(・`д・´;)


3
ぴゃー、かっちょいい(*´v`*)
大きくて真っ赤な鳥居が延々と続いている。


4
本殿の人がまばらだったのに、千本鳥居は満員状態。
常に人が行き交い写真もなかなか撮りにくい。


5
火サスとは縁のないおっさんも思わずニッコリw


6
鳥居の赤、木々の緑、木漏れ日の黄色、空の青が混在して芸術的(*´v`*)


7
外国人も口々にオーマイゴッド!!!とかジーザス!!!とか
アッサラームアライクム!!!とか叫んでいる。
逆に日本人は息を呑んで黙るから日本語が聞こえて来ず外国気分w


10
鳥居は個人・法人問わず決まった金額を出せば奉納(設置)できる。
大きさによって20万から150万くらいまで段階があった。


8
奉納された鳥居には住所氏名、奉納年月日が彫られている。
平成26年のものも数多く見られた。


9
鳥居の上にいっぱい石乗ってる(・`д・´;)!!!
出雲大社の鳥居に全く石が乗ってなくて不安に思ってたけど、
やっぱり石乗せる迷信は実在したんや...(*´v`*)


11
少し進むとなんと鳥居が二股に分かれる!!!
日本人は左、外国人は右に進む人が多い!!!車あるある!!!


12
ここまでの鳥居と比べると高さも幅もかなり狭まる。
平日昼間だからまだしも、休日の混雑ですれ違うことも困難なほど。


13
ものすごい数があるのがわかっていただけるだろうか(・`д・´;)
たぶん、火サスで人死ぬのはこのへんだろうと思われる。


14
隙間なく埋め尽くされた鳥居はまるで洞窟のよう(*´v`*)
腕を通すこともできないほど隣同士が密接している。


15
後ろを振り返ると、鳥居後面に彫られた文字がけっこう怖い(´;ω;`)


16
一直線に伸びているところもあれば、ゆるやかに湾曲しているところも。
みんな思い思いに構図を工夫して写真を撮っている。


17
小さな鳥居を抜けると小休止。
こまごましたおみやげ、社務所のお守りに手を伸ばす人が多い。


18
しかし、ここからが地獄の始まりであった...。


19
山頂まで4キロ、目安は2時間と書いてある。
お散歩にしては少し時間が長いようだが...?


20
しかも露骨に景色が変わって階段や坂が増え始める。


21
川は流れ鳥は歌い、木々は風に揺れ年寄りは座り込む...。


22
まさに登山(´;ω;`)


23
足腰に自信のない方は杖やポールを必ず持って行こう。倒れても知らん。


24
10分~15分ごと(普段運動してる人の体感時間)に小休止エリアがある。
きつねうどんやおしるこ、サイダー、ひやしあめなどの軽食もあるが高い。
自販機の飲み物が200円→250円と跳ね上がっていく(´・*・)


25
挫折して途中で帰る人も多いのか、どんどん人が少なくなってくる...(・`д・´;)


26
ひーはー言いながら全身に汗かいて白目むいた頃に景色が開ける。
京都を見下ろす絶景に癒やされながら先へ...えっ、まだ半分?(´;ω;`)


27
さすがに中間地点では休憩所が大盛況。
あっついから飲み物が飛ぶように売れている。


28
関西名物『ひやしあめ』は水飴としょうがを混ぜたような
冷たいジュースで独特の風味。うまいと思ったことはないが時々飲みたくなるw
缶や瓶で売られてるのが一般的。今は水飲みたいwww


29
終盤戦はもはや自分との戦い。
ピチピチギャルの俺はちょっとしんどいなー程度で済んだけど、
運動不足の中高年や体力減退している高齢者は1日がかりだろう。


30
写真で見るとさほどでもないが、実際は歩いても歩いても鳥居だらけ。
周りの景色も見えにくく圧迫感もあるから大変さが増幅される。


31
ようやく山頂に到着\(^o^)/オワタ
最後は高さ20mを超える大鳥居が...とか想像してたけど、
小さな社があるくらいで少し拍子抜けw


32
と思ったら手に持てるサイズの小鳥居が大量に(・`д・´;)
お焚き上げかな?とよく見たら奉納日が近いものばかり。
おそらく霊験にあやかって山頂に奉納したものだろう。


33
ちょっと怖い(´;ω;`)
夜来たら...とか、周りに人がいなかったら...とか
ついどうでもいい妄想をして勝手に縮こまってしまう。


34
ここからは下り。階段は下りの方がかえってケガの可能性が高い。
適当な靴だと危険だから登山靴かウォーキングシューズ推奨。
下調べなしでヒールで来てる女の子ちゃんは捻挫を覚悟しよう。


35
山頂への道は左右に分かれている。
どっちから来てどっちから帰ってもかまわないが、左の道は自然がよく目に入る。


36
(´-`).。oO(下りで楽だから景色見る余裕があるだけかも...)


37
案内図で見る限りは、左のほうがやや遠回りで距離が長い。
休憩スポットやトイレの数は変わらないからどっちでも大差ないはず。


38
迷路のようにうねうねと続く鳥居を見下ろすのも圧巻。
二股に分かれたり、直角に曲がったり、色が鮮やかだったり、
間から見える景色がきれいだったりすると写真待ち行列ができる。


39
他の人が写らないタイミングも考慮するとちょっとむずかしい。
『写真撮ってもらえますか?』と頼んでも、相手がオッサンだったりすると
ヘタで後ろに人が写りまくったりするからちゃんと選ぼう(´・*・)



40
山道の途中に、脇にそれるようにして鳥居があった。


41
狭い通路の両側におきつね様、奥に細い滝。
ここで裸になって滝に打たれたらまずいんかなぁ...(*´v`*)


43
すすすすみません、うそです...!!!(´;ω;`)


42
京都の風情もたっぷりで、我々地元関西の人でも憧れる。
こういうところにこそ観光客(外国人含む)に来てほしい。


44
お参りだけじゃなく、鳥居に囲まれて畏怖の念を抱き、
ちょっとした登山でゼーハー息を切らし、疲れたとグチをこぼしながら下る。
そういう体験の方が旅行のいい思い出になる(*´v`*)


45
楽しい旅行は思い出が少ない。
苦労や失敗、そのときに交わした言葉が後々ずっと心に残ると思っている(*´v`*)


46
帰り際に見つけた『おもかる石』。
持ち上げる前に願いを思い浮かべ、大体の重さを想像する。
予想よりも軽ければすぐに叶い、重ければしばらくかかるんだそうだ。

旅の無事を願ったらだいぶ軽かった。
結婚は...怖すぎて願ってないwww


47
たくさん見どころはあったけれども、
いちばんは序盤の洞窟状に小鳥居が分岐したところ。
これを見て帰っても正直許してしまうw


48
京都に来る機会があれば、ぜひ訪れてほしいおすすめの場所(*´v`*)
京都駅から5km、電車で20分もかからない。
半日かかったとしても絶対に損はしないと断言できる。


49
社務所で鳥居形の絵馬(800円)を買っておいた。
ちゃりんこに装着したいが、15cm角でけっこう大きい。どこにつけよう。


+-+-+-+-+

一度は来てみたいと思いながらずっと来れなかった伏見稲荷。
予想外にしんどい道のりではあったけど、充実したお参りだった。
スポンサーサイト

【754日目前半】火サスの聖地、伏見稲荷大社!!!【京都】

【天気】快晴
【走路】---
【現在地】滋賀県大津市
【宿泊地】実家

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】---
【内訳】---

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

ちゃーちゃーちゃーーー!!!
ちゃーちゃーちゃーーーーー!!!
これで音楽がわかった人は、火サスマニアか超能力者だろう。

火曜サスペンス劇場や京都なんたら殺人事件簿や
それ系の2時間サスペンスには頻出の伏見稲荷大社。

サスペンス見たら『死体が息をしてないか』を真っ先にチェックする
俺のような人でもいつか行ってみたい神社であり、外国人にも人気の場所。

なんといっても鳥居が有名なんやけど、
前半では鳥居以外の神社前の通りや参道をご紹介。


1
JR稲荷駅にあるが、今回はちゃりでも電車でもなく妹に車で送ってもらった。
大都会KYOTOのさなかにありながら、200台の大駐車場は料金無料(・`д・´;)


2
駅の真ん前に大鳥居。
間の道路は交通量も多くはしゃぐとはね飛ばされるから注意。


6
お稲荷さんということで、ところどころ狐の像が置かれている。


3
お参りは後回しにして、まずはお店を見て歩こう。


4
伊勢神宮のような大規模なものを想像していたが、案外ちんまりしている。
だからといって、後々がっかり感がこみ上げてくることもない。


5
雑貨屋さんには、デフォルメされたキツネグッズ。
リアルなのは目が怖い(´;ω;`)


5_2
うむ、かわいい(*´v`*)


7
修学旅行、外国人、旅行記念で和装する人もちらほら。
こういうのは多少お金かけても体験すべきやと思う。


8
肉屋さんのコロッケ、ソフトクリーム、すずめの丸焼きなどの食べ歩きができる。
すずめ・うずらが有名なことを後で知って後悔w


9
本殿脇にあるおみやげやさんも見ておこう。


10
濡れると絵柄が浮き出る傘。
どこにでもあるけど、どこで見ても欲しいw


11
みんな大好きキティさん(*´v`*)


12
京都のキティさんは和服が似合ってらっしゃる(*´v`*)


13
キーホルダー買おうかと思ったけど、30のおっさんにはさすがにムリwww


14
箱モノのおみやげは八つ橋、おたべ、茶団子など。煎餅やおかきもあった。


15
平日午前中なのにけっこう人が多い。
今まで訪れた寺社仏閣の中でも、伊勢神宮や厳島神社と並ぶ活況。


16
七福神、全部言える?

ちなみに、大黒、布袋、弁財天、恵比寿、毘沙門、福禄寿、寿老人やで...。
俺はいつも後ろ3人のうち1人か2人が出にくい(´;ω;`)


17
鳥居や狐の陶器、面を売っているお店は本気すぎてちょっとこわい。


18
本殿に向かう参道の両サイドに露店が出てるのもウキウキする。


19
露店見るとつい買いたくなるけど、値段見るとひっくり返る(*´v`*)


20
(´-`).。oO(あんまり露店に客おらんなぁ...)


21
本殿に到着!!!大迫力!!!(・`д・´;)


22
ちんまりとしたのを想像してたらかなり広くて驚いた。
晴天で直射日光が痛い。


23
灼熱の空に舞い降りたイケメン(*´v`*)


24
地元アニメとの夢のコラボ。
変な顔して肩に腕回してるけど、まわりに人多くて罰ゲーム状態www


25
伏見稲荷神社は全国にある稲荷神社の総本宮。


26
『地獄先生ぬ~べ~』というマンガをご存知だろうか。
霊能力のある小学校の先生が、生徒を守るために妖怪と戦うという内容である。


27
妖怪、寺社、霊的なものに対する接し方を全国のちびっこに教えてくれた。
霊獣への敬い・畏怖を学んだのもぬ~べ~のおかげ。



28
日々の健康と安全に感謝しながらお参りをする。


29
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように、
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように、
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように...www


30
出雲大社では社務所のバイト男が私語だらけで低俗性を感じ何も買わなかった。
ここは巫女さんがかわいらしいから何か買おう(低俗)。


31
絵馬にあたる願掛け鳥居は独特で斬新。


32
絵馬掛け所にこれでもかと並ぶ姿は圧巻(・`д・´;)
思わず手を合わせたくなる。


33
お参りを済ませたあと、そのまま帰ってはいけない。
さらに奥に進んでいくと伏見稲荷の本番、千本鳥居が待ち構える。


34
鳥居の様子は後半でじっくりご覧ください(*´v`*)


+-+-+-+-+

ちょっと疲れたので後半は4/25に更新予定です!!!

【743日目】実家で新しいパソの復元【滋賀】

【天気】くもり
【走路】---
【現在地】滋賀県大津市
【宿泊地】実家

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】---
【内訳】---

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

実家に到着し、今日から新しいパソでブログ再開です(*´v`*)
4/7~12分はこれから1日2つずつくらいのペースで書いていき、
どこまで書いたかその都度ご報告しますので今しばらくお待ちください。


1
実家に帰ってすぐ、事前にネットで購入しておいたパソ(中古)を開封。
まっさらの状態なので古いパソのデータを移し替えないといけない。


2
同じ型番のパソなのに色が全然違う(・`д・´;)
さすがに2年も屋外でいじってたら、右のように色がくすんでくるんやな...。


3
Macbook AirとiMacの3台態勢という、マカー大喜びの図\(^o^)/
2台の内容をコピーしてる間に、細かい用事を済ませておく。


4
風呂場でエアマットのパンク修理。
空気を入れても5分でぺったんたんになるからおかしいと思っていたら、
左肩のあたりになんと20ヶ所以上の微細な穴(´;ω;`)
特定の場所に集中するってことは、荷重のかかりかたがおかしいんかなぁ...。
暖かくなってくれば地面の冷たさがないから許せるんやけどなぁ...。


5
パソの復旧も一段落...かとおもいきや、設定があまり反映されていない。
WindowShadeX、テザリングがうまくいかなかったため悪戦苦闘。
Rosettaをインストールすることで解決できた(*´v`*)


6
夜、家族で京都の高級な湯どうふ屋さんに行く。


7
湯どうふ大食い大会というのがあり、母がここ最近毎年挑戦しているw


8
参加は抽選、惜しくも外れると大会には出場できないが半額券がもらえる。


9
湯どうふのコースが3000円!!!
半額でない限り足を踏み入れるのは厳しい。というか半額でも厳しい。


10
『やっぱり京野菜はどーたらこーたら...』『京都の味がむにゃむにゃ...』など、
素材の目利きに自信がある(であろう)食通(ぶった)人向けか。


11
100円で3コ入ったたまご豆腐をうまいうまいと食べる我々にとっては、
さしたる味の違いもわからず、物足りなさが残るのであった...w



+-+-+-+-+

更新できない間の『楽しみにしてたのに!!!』『今日はどこ行ってきたのか!!!』
『うんちするとき読んでたのに!!!もう出ない!!!』など
温かい言葉をいただき、大変励みになりました(*´v`*)
明日以降、過日分を順次更新していきますので、改めてお付き合い願います。

【708日目】インド料理でナン食べ放題!!!【京都】

【天気】晴れ
【走路】---
【現在地】滋賀県大津市
【宿泊地】実家

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】---
【内訳】---

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

なんかうちの家族、インド料理屋さんに行く割合が
他の家族と比べて多い気がするんやけど...w


1
山科にある『ナマステタージマハル』に行ってきた。
京阪神に支店が多いようで、ランチは900円でナン食べ放題。
夜は2500円でカレーやナン、サイドメニューのいくつかが食べ放題。


2
正確にはインドではなくネパール料理屋さん。
隣の席はバリバリのネパール人(店員さんの家族か?)、
離れた席は日本・西欧・インド系の多国籍グループと、まるで外国のよう。


4
つい先日、友人から相談を受けて海外で働く方法を調べていたが、
ビザの取得がいちばん容易なのが『出身国の料理屋さん』だった。
海外で日本料理屋が激増しているのも、日本でカレー・中華料理屋などが多いのも
『ビザの心配がないからやってんねんな!!!』と納得できた(*´v`*)



3
オーダーバイキングで、はじめにサラダやシシケバブなどが出てくる。
その後はカレーや焼きそば、焼き飯、ナンなど自由に注文できる。


5
カレーうまそっす(*´v`*)
辛さは激甘、甘口、普通、辛口、激辛の5段階で選べる。
ふつうでもやや甘め寄りで、のどに残るような辛さはなく、
辛いのが苦手な俺も大満足のおいしさだった(*´v`*)


6
タンドリーチキンやサモサ(コロッケ)も食べ放題。
どうせショボいんやろ?と思ったら大間違い!!!
ジュージューモワモワ湯気があがる鉄板に、けっこうなボリューム!!!


7
ナンもアツアツでしかも種類豊富!!!
プレーン、はちみつ、ココナッツ、オニオン、チーズ、ガーリック...。
カレーの味を楽しむならプレーン、ナンの食感を楽しむならもちもちチーズと
みなさんのカレーSTYLEに合わせてご選択あれ!!!


8
注文は基本的に人数分持ってきてくれるからケンカにならない。
焼きそば、焼き飯も辛さを選べるのが親切で嬉しい。


9
カレーは野菜、グリーン、チキン、マトン、ダル(豆)、キーマなど。
この『チキンコルマ』はカレーとホワイトシチューの中間でおいしい(*´v`*)


10
チーズナン最強すぎわろす\(^o^)/
ふわふわもちもち、チーズたっぷりでいくら食べても飽きひんでー!!!


11
キモオタも大満足www


+-+-+-+-+

今後、日本一周インドめぐりしよっかなぁ...。
ランチはどこも安いし検討してもいいかもしれん!!!

【662日目】おたべ、八つ橋食べ放題!!!【京都】

【天気】晴れときどき雪
【走路】---
【現在地】滋賀県大津市
【宿泊地】実家

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】---
【内訳】---

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

東京行きの前日くらいゆっくりしたい...と思ってたのに、
ぷらっとこだまのチケット受け取りに京都駅まで行くことになった。
(京都駅で乗り換えるけど、当日受け取りができないらしい)


1
家から京都駅まで電車で30分なのに、ちゃりで1時間半かけて行くことにした。
途中にひどい坂が2ヶ所あるけど体力づくりと思って。

浜大津駅の、京阪名物ちんちん電車(*´v`*)


2
この車両は京都方面行きのもの。県内を走る石坂線はたった2両しかない。
その2両に7~10校の生徒が畳み掛けるから、朝のラッシュはすごいことになる。


3
どうすごいかというと、ほぼ高校生のみの電車なので女子高生のおっぱ...(略)!!!
揺れもひどく、小柄な黒髪メガネの女の子が抱きついてきたりします。
天国はこんな身近にあったのか(*´v`*)


3_2
浜大津からぎゅぎゅーん!!!と坂をのぼると逢坂の関。
『これやこの 行くも帰るも別れては 知るも知らぬも 逢坂の関』のアレ。
実は大阪ではなく、滋賀県の逢坂という地区なのです!!!


3_3
滋賀県はぐるりと山に囲まれた地形で、県外に出るには山を越えないといけない。
大津から京都に出るための道は、けっこう強烈な坂が長く続く。

舗装された道をロードバイクで走るのでさえめまいがするから、
昔の人が徒歩で行き来するのは相当な難所だっただろうと思う。

その坂の頂上付近にあるのが逢坂の関で、
行き交う人たちがあいさつを交わし、労をねぎらい、休憩をしていく。
昔は嫌いだった百人一首も、そんな情景が見えれば非常に美しく感じる(*´v`*)


4
逢坂の関を越えて京都入りすると、間もなくおみやげ屋さんが現れる。
井筒の八つ橋・おたべ工場である(*´v`*)


5
製造直売していて試食し放題\(*´v`*)/
観光バスと同じタイミングで入ることができれば、
恥ずかしげもなく試食しまくれるぞ!!!


6
おたべ(八つ橋の中にあんこ入ってるやつ)が試食のメイン。
外側の八つ橋はニッキ、抹茶、きなこなど。
中もつぶあん、黒ごま、いも、くり、イチゴ、チョコなど種類豊富!!!


7
ベーシックな抹茶とニッキのおたべがおすすめ(*´v`*)
帰省のおみやげとか買うときも、大体これ(井筒の『夕子』)を選ぶわ。


11
あんが入っている『おたべ』に比べて、
何も入っていない、生地だけのものが『生八つ橋』。
安い・おいしい・食べやすいので、これも大人気。


8
関西以外ではマイナーな『焼き八つ橋』。
ぴらぴらもちもちの生八つ橋を焼いてパリパリの薄焼きにしてある。
食感が伝えにくいけど、瓦せんべいみたいなもんかなぁ...ちょっと違うなぁ。

ニッキの風味が強いので、好き嫌いが分かれるかも。
おみやげ用ではない、こわれ焼き八つ橋の詰め合わせが安くてよく買う(*´v`*)


9
どら焼きも何周かまわって食べる意地汚い豚野郎(*´四`*)


12
あったかーいお茶のサービスもあり、タダで思う存分飲み食いできる(*´v`*)
俺は『食べたら何か買う派』やけど、食べて帰るだけの人も多いw


14
甘いもん食べたあとはしょっぱいもんをどうぞw
漬物コーナーには千枚漬けや壺漬けが並ぶが、お菓子と比べると人気は断然低い。


15
試食はどんどん補充されていくし、同じものがあちこちに置かれているから
1周まわるだけで1箱分くらいは軽く食べてしまう(・`д・´;)


13
個人的にいちばん気に入ったのは『京都ぶらぶら』というわらびもち。
ニッキ味と抹茶味があった。もちもちぷりぷりでうまい!!!
630円とお値段も手頃。今度はこれ買ってみようと思う。


16
しっかり栄養補給して京都市内へ向かう。
清水寺の手前が吐きそうなほどキツい坂で思わずよだれを垂らしてしまった。

昔、この建物が何か知らず、大量に並ぶお墓と怪しい建物にビビって怖かった。
何年か前に勉強と思ってひとりで参拝してたんやけど、
清水の舞台が急角度でガケに向かって傾いていて、やはり怖かった(´;ω;`)
舞台上に雨水をためずガケに流すための仕組みらしいが、
人も何人か流れたことがあるに違いない。修学旅行生は注意。


17
そうこうしているうちに京都駅に到着。自宅からちゃりで1時間半だった。
東京でいうと北千住から中野あたりまでの距離か。

ちなみにこの京都タワー、下のビルの途中から生えてきている珍しい形w
彼女とデートで行ったことがあるが、ただ登るだけでそこそこの金額やのに
登っても何もなく景色も普通でがっかりスポットだったwww



18
急いで京都駅まで来たものの、出発が昼すぎと遅すぎたため
ぷらっとこだまのチケットを受け取ったらすぐに帰らないと暗くなってしまう。


19
ヨドバシ見たいなぁ、アウトドアショップ寄りたいなぁという後悔を胸に、
また吐き気のする坂を2つ越えて帰った俺くんなのでした...(´;ω;`)


+-+-+-+-+

明日の新幹線で東京に行きます。
1月中はアキバ、上野、北千住、葛西、築地、月島など好きなとこを自由行動。
2月に友人と会い、Raising Heartの練習をし、観光をする予定です。

プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。