スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【741日目】水は宍道湖、山は大山【島根→鳥取】

【天気】晴れ(強風)
【走路】R9
【現在地】鳥取県東伯郡琴浦町
【宿泊地】道の駅『ポート赤碕』

【走行距離】104km
【総走行距離】22315km

【話しかけてくれた人】6人
【総計】2036人

【出費】1800円
【内訳】パン、おにぎり

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

宍道湖(しんじこ)沿いは、まるで実家の滋賀に帰ったみたいな感じ(*´v`*)


1
朝、これまたトライアルで食料備蓄。
小さくて甘くてカロリー適度で安いまんじゅうがぴったり!!!


2
朝からサーモンマヨ丼。
このボリュームで300円やで...海鮮丼屋つぶれるんちゃうか...(・`д・´;)


3
あらっ、実家に帰ってきたかな?(*´v`*)
宍道湖は東西に大きくのびており、その南岸を走っていく。


4
強風なのに波は穏やかで、ちゃぷちゃぷという音が心地いい。


5
ここでも同じように淡水漁業が盛んなんかな?特産品は淡水魚としじみかな?
超絶害魚ブラックバスとブルーギルに悩まされてるのかな?など
想像が膨らんで、長い道中も苦がなく走れる(*´v`*)



6
大きな湖特有の、対岸に水平線じゃなくて山が見える景色(*´v`*)
旅でしばらく離れると懐かしい。


7
道はけっこう危険なので、宍道湖一周するのはおすすめしない(´;ω;`)
北岸は知らんけど、南岸の国道9号は山陰を貫く主要道路で、
とにかく大型車が多いしサイクリングロードのようなものもない。


8
沿岸に特別これといった店舗もなく、ただの道という扱い。
宍道湖に行くなら車で走るのがいいんじゃないかと思う。


9
そういえば、外国人観光客に対応するために、
道路標識を『Shinjiko』から『Lake.Shinji』にしようかという案が出たのを
最近ニュースで見たばかり。


10
びわ湖は『レイクビワ』という呼び方が県民に違和感なく受け入れられており、
テレビCMやマンション名など幅広く目にすることができる。

年寄りが外国人に『レイクビワ?』と聞かれても、おそらく問題ないだろう。


11
宍道湖の場合『レイクシンジ』という呼び方に日本人がどれだけ慣れているだろう。
外国人が『レイクシンジ?』と道を尋ね、年寄りが『何?』と首をかしげるのなら
観光誘致としては本末転倒で意味をなさない。


13
シンジコは湖なんですよ、という主張はもっともだが、
外国人を優遇するあまり日本人の用意がおろそかになるのは避けるべき。


12
という余計なおせっかいも感じているうちに都市部が見えてきた。


14
湖の東岸である松江市からは、西岸が見えず水平線のように見える。


15
なんだかんだで風が強くて走りにくくて疲れた。
都市部ではよしぎゅーが嬉しい(*´v`*)
株主優待券目当てに、10万円出して株を買おうかいつも迷っているw


16
松江に来た最大の理由がヤマダ電機松江店。
ここではMacを取り扱っており、壊れたパソの買い替え相談に乗ってほしかった。

充電できないMacbook Airを持参し、充電器の破損なのか本体側の故障なのか
原因を切り分けたいと申し出て、店舗の充電ケーブルを借りさせてもらった。
快く応じてくださり店舗では無事充電できたため、手持ちのケーブル破損と確定。
本体側の故障ではなくケーブルだけ買い換えればいいとわかって非常に安心した。


あいにく販売用ケーブルはないとのことで購入は断念。
ということは俺がここでお金を使う可能性はないにもかかわらず、
その後も丁寧な応対で相談に乗ってくださって久しぶりに好感が持てた。
松江近隣の方、家電は松江のヤマダでよろしく!!!(*´v`*)


17
いやー、気持ちのよい応対だった。パソも無事そうでよかった。
それまでの不安が一気に払拭されて鳥取に突入。


18
大山(だいせん)は存在感抜群(*´v`*)
富士山や立山連峰でもそうだったが、雪化粧した巨山を正面に据えて
進んでいくのは爽快感や畏怖感でいっぱいになる。


19
正面から横に回り込む形で道路が走行しているため、ちゃりでも坂がなく安心。


20
また風力発電所か...やっぱり向かい風強くてしんどい...(´;ω;`)


21
突然、外国人女性から声をかけられ、
やりとりののちに連絡先を聞いた。出雲大社効果だろうか(・`д・´;)


というのは言い過ぎで、岡山に住むキャサリンさん(40歳前後)の
友人が自転車で北九州からスタートして日本海側を北上しているらしい。
ライアンさんという男性を見なかったかということで、
見かけたら連絡先伝えておきますよとメモを預かったというわけ。

話を聞く限り、6日に北九州を経っているから俺より2日速いペース。
おそらく現在京都か福井あたりまで行っているだろうと思う。
もしライアンさんを見かけた方、けんちまでご連絡ください(*´v`*)


22
人の想いを運ぶメッセンジャー的な熱いものも感じながら、
今日の宿泊場所に到着。こんなとこで寝るんかいな...w


23
また萌えキャラ使った観光誘致...オタクをバカにして...うむ、かわいいw


24
テレビアニメまで用意して、かなりの力の入れ具合やな!!!と思ったら全然違った。
もともと、町とは全く関係ない『琴浦さん』というコミック・アニメがあり、
名前にあやかってここ琴浦町がコラボさせてもらったという関係らしい。

低姿勢な萌え系町おこしは大いに評価したい(*´v`*)


25
道の駅には24時間利用可能な椅子スペースがあった。しかもちょっと暖房つき。
ベンチも手頃だったのでここで寝ることにする。気温2度で寒かったし!!!
ちなみに、すぐ隣の建物が海鮮売場な都合ですんごい魚くさかったw


+-+-+-+-+

ただの移動日かなーと思ってたら、宍道湖や大山に癒され、
人の想いを背負って走る楽しみもあった。
明日は鳥取砂丘まで行く予定。
スポンサーサイト

【740日目3/3】ひっそりこっそり出雲大社参り【島根】

平成の大遷宮まっただ中の出雲大社に行ってきたよー!!!
果たして今年中に結婚できるのか!!!(*´v`*)


1
先に行った仁摩サンドミュージアム、石見銀山のどちらも予想外のおもしろさ。
滞在時間が長くなってしまって出雲大社のお参りの時間が押してきた。
強風の中必死に出雲へと向かう。


2
日没間近の17時過ぎにようやく到着。
大きな鳥居が目印になっているからわかりやすい。


3
伊勢神宮や太宰府天満宮は周辺市街地も栄えていて活気があった。
出雲大社周辺はスーパーや量販店もなくひっそりとした印象。


4
こじんまりした駅は新駅の方。旧駅は少し離れたとこにあり、銭湯のような外観。


5
出雲大社からまっすぐに延びる通りに全く活気がないのは、
平日だからだろうか、それとも夕方だからだろうか(´;ω;`)



6
お店も軒並み閉まっている。


7
何か食べ歩きしたいと思っておなかを空かせてたのに、
どこも閉まってて餓死しそう(´;ω;`)


8
あっ、空いてる!!!
と思って駆け寄ってみると閉店直後でお掃除してたりする(´;ω;`)


9
この時点で17時8分。どこも17時には閉まっているようだ。


10
おみやげやさん、名物のぜんざいやさん、飲食店などなど、
17時にはかっちり閉店している様子。


11
お参りを先に済ませて戻ってきたグループが、
『後回しにしてぜんざい食べておけばよかった(´;ω;`)』と悔やんでいた。


12
おそらく、16時半くらいからすでに閉店準備にとりかかっていると思われる。
名物もぜんざいだけに、遅くまで営業しても売上が上がらないからだろう。


13
食べ物は我慢すればいいとして、勾玉は買おうか気になってたから残念。
明日まで滞在して見に行くほどでもないしなぁ。


14
唯一開いていたお店は、出雲大社大鳥居正門真ん前のご縁横丁。
よし、ソフトクリーム食べよう!!!と喜んで注文したらメンテ中だった(´;ω;`)

代わりにのどぐろ(魚)の素揚げはどうですかー、遅いし半額ですよー、と
薦めるお姉さんに聞いてみたら、ここも18時閉店らしい。


15
まだ開いてるとはいえ、ぜんざいに600円は出せんな...うーむ。


18
閉店間際のお店でぜんざい食べるのも気を使うし、
代わりにぜんざい餅(3コ400円)を買って食べ歩くことにした。


19
ひょえー、失敗(´;ω;`)
伸びる餅の中にあんこが入ってるだけで、しかもマズかった。
なんか洗剤みたいな味したで...点々の位置間違ってるやんけ...。

3コ買った後に1コ試食させてくれて、買うのやめたいとは言えなかったw


16
ご縁横丁は雑貨屋さんのようなお店と飲食店が7,8軒連なっている。


17
どこ行ってもしまねっこ見かける。なかなかかわいい(*´v`*)


20
大盛況の通りを期待して見事に裏切られたが、おみやげよりお参り。
正門の大鳥居をくぐって本殿へと向かう。


21
桜が混じった松並木と、白い石畳。静かな雰囲気で清らかな気持ちになる。


22
脇の池には散った桜が浮いてて何やら神秘的な光景。


23
花びらで水面が見えない(*´v`*)
正直、門前通りのがっかり感で多少イラついてるところもあったが、吹っ飛んだ。


24
逆に、人がいないということは静かにゆっくり参拝できるし!!!


25
良縁が欲しくて白目剥いた人だらけかと思ったら、そんなのは俺ひとりだったw


26
一人できて写真撮ってる宮崎あおい系女子(美人とは言っていない)や、
ジャージで来てるおっさん(俺以外)や、初老の夫婦、
JR西日本のCMから出てきたような女子グループなど多彩。


27
大鳥居を見かけたら、必ず石が乗ってないか確認する。
石を投げて鳥居の上に乗せたら願い事が叶うんやけど、
関西以外ではあまり見かけないからローカルルールなんだろうか。
昨今は厳しくなって禁止されてたりするのかもしれない。


28
この像は島根県のいたるところで見かけた。構図や顔なども同じ。


29
日本神話は子ども用のマンガがおすすめ。
おおまかな内容を知っておくと参拝も楽しめると思う。


31
ちょうど出雲大社では60年ぶりの『平成の大遷宮』が行われている。
要は神様がすぐ隣の家に引っ越すような感じ。


30
本殿は昨年遷宮が完了し、残りの部分については平成28年まで続く。
そういえば、伊勢神宮行ったときも20年ぶりの式年遷宮だった。


32
首里城も修復中だったし、那智の滝も真横で何か工事やってた。
そういうのによく重なる運命なんだろうか(・`д・´;)


33
本殿で縁結びをしっかりお願いしておく(*´v`*)
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように、
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように、
結婚できますように、結婚できますように、結婚できますように...(狂乱)


34
こ、この奥に神様が...結婚できますように...!!!(迫真)


35
おびただしい数のおみくじと絵馬(・`д・´;)
薄暗い時間に見かけてのけぞり返ったわ!!!


36
結婚はさておき、いい友達にもめぐりあえたらいいなぁ...(*´v`*)
数は少なくていいから、中高生のように濃い友達ができますように。


37
ちなみに、お守りは買わなかった。
社務所の若い男たち(巫女さんはいなかった)の私語がひどく、
パズドラか何かの話に熱中していたため。
せっかくのお守りも、俗悪なものになりそうでやめておいた。


40
個人的な見解として受け止めてほしいが、
出雲大社は期待しすぎたのがいけなかった。

伊勢神宮は門前町の規模に驚き、
本宮でも身の回りに神聖なオーラがまとわれたようだった。
厳島神社も海上の鳥居に神性を感じ脳みそが一瞬白くなった。

俺が俗物だからか、神様が出払ってるからか、単に活気がない時間帯だからか、
心震えるような経験ができなかったのが少し残念。


41
出雲大社の正門にほど近い道の駅で宿泊。
せめて神様のいる場所の空気をたくさん吸って眠りにつこう(*´v`*)


+-+-+-+-+

明日は宍道湖を抜けて鳥取砂丘の手前まで行く予定。

【740日目2/3】世界遺産の本格的洞窟、石見銀山!!!【島根】

行く前は何人かに『石見銀山?うーん(笑)』とか、
『別に苦労して行くほどのとこでもない』とかアドバイスがあり、
前評判が良いとは言えず期待していなかった石見銀山。
しかし、行ってみれば案外雰囲気もよく俺は好きだった(*´v`*)


1
世界遺産は特定の山ではなく、いくつかの地域を含んだ広いエリアを指す。
その中のひとつ『大森の町並み』が石見銀山観光の中心となる。


2
海岸沿いを走る国道9号から数km、標高にして100mちょっと山あいに行く。
山奥かと思ったら、ちゃりでも来やすい場所にあり安心した。


3
約400年に渡って銀が採掘され、16~17世紀には大量の銀が戦国大名や
幕府の軍資金として使われたんだとか。
海外にも多く輸出され、世界の銀のうち主要な産出地となっていたそうである。

そういった歴史も踏まえながら周ってみると発見があるかもしれない。


4
大森地区に入ってすぐ目に入る、石見銀山資料館。
絵巻物や古文書、精錬関係の道具が見られるらしい。
500円もするから行かなかった(´;ω;`)


5
町並み保存地区にも指定されている大森の町を散策してみよう(*´v`*)


6
江戸時代から戦前までの建物が残り、
銀山を管理した武士の家と民家が混在しているんだとか。


7
保存地区とはいえ、基本的には一般の人が住む民家が多い。


8
商店もいくつかあるが、大半はふつうの家。
あまり失礼や迷惑にならないように気をつけよう。


10
倉敷の美観地区や竹原の保存地区でもそうだが、
民家のみなさんも景観を保つよう努力されてるのがはっきりわかる。
家の前に荷物や車を置いたり、外観に華美な装飾をしたりするのを避けている。


11
温泉地でもよく見かける俳句の掲示板。
美麗なものよりコミカルなものの方が好きなのは、俺が三流だからだろうかw


12
街歩きは2kmほど。メインの通りは観光車両の進入がなく徒歩散策にうってつけ。


13
その間いくつものお寺が軒を連ねる。
お寺めぐりをしている老夫婦も何組かいらした。


17
ふつうに参拝できるところ、参観料が必要なところなど種類があり、
観光案内を手に歩いた方が安心。


14
旅情をかきたてられる釜めしの文字(*´v`*)
ちゃりで旅して痛感しているが、本当に疲れたときに脳みそに直撃するのは、
『レストラン』『食事』『ごはん処』などではなく、
ストレートな『めし』の文字である。本能的なものだろうか。


15
先ほどからお店もちらほら見かけるんやけど、どこもお休み(´;ω;`)


19
『営業 土日祝のみ』と明記してあるところもあり、
平日に観光するのは避けたほうがよさそう。


16
レトロ感満載の郵便局では、記念切手シートや絵はがきも販売されている。


18
こんな中にも幼稚園や小学校がある。
手作りの園児募集の貼り紙は景観の美しさをむしろ高めてくれる気がした。


20
うーん、実家の周辺に似ているw


21
『めだかの学校』の文字が気になりのぞいてみたら、
それぞれのつぼに色の違うめだかが何匹も泳いでいた(*´v`*)



22
勝手に民家撮ってるわけじゃないですよ、休憩所ですよ(´・*・)


24
瓦そば食べたかったなぁ...(涙目)。


25
飲食店は閉まっている店が多いが、雑貨屋さんは開いているところもいくつか。


26
緑は好きやけどカエルきもい(´;ω;`)
ケロッピみたいにデフォルメされたやつじゃないと無理や...。


27
お店も少なくなってきて、ここから奥は銀山の坑道へと向かっていく。


28
お昼寝好きとしては、縁側のある家憧れるわぁ(*´v`*)


29
自販機も風情があってかっちょいい!!!
逆に、模様じゃないから管理が大変そう。


30
川沿いの切り立った部分に羅漢像が500体安置されてるらしい(・`д・´;)


31
パラダイス的な雰囲気で怖かった。有料なので行ってないけどw


32
ここまで、銀山らしい様子がないことに疑問を感じている方もいるだろう。
着々と目的地に向かっている。


34
保存地区エリアの先、2km弱けっこうな山道を進む。
トレッキングコースというかガイドさん付きの散歩してる人も目立つ。


35
ちゃりんこを降りて駐輪してからさらに進んでいくと...。


36
石見銀山でいちばんの観光スポット、龍源寺間歩に到着(*´v`*)
入場料は410円。


37
間歩(まぶ)とは銀の採掘をした坑道で、大小さまざま600以上もある(・`д・´;)
そのうち、ここ龍源寺間歩は一般公開されており歩いて通りぬけできる。


38
外気温は10度前後で肌寒い日だったが、坑道内は15度ほど。
水滴が落ちる場所もあるから上着があると安心だろう。


39
天井低すぎワロタ(´;ω;`)
全体的にではないが、183cmの俺がやや首をかしげて通る部分がある。


40
掘り進んでいった岩壁の跡もリアルに残っており、想像を掻き立てられる。


41
俺が想像していたのは、ご存知『アッテムト鉱山』だった(´;ω;`)


42
立地から、キングレオや他国への輸出も盛んであっただろうアッテムトの町。
あるとき鉱山の奥からおかしなガスが吹き出してきた。


43
鉱夫は倒れ、しつこい咳、ひどい倦怠感にくわえ錯乱している者もいる。
すでに死亡者も多数出ている様子。


45
宿を求めたミネアとマーニャに対し、村の女は吐き捨てる。
『そこの人たちみたいにならないように、あんたたちも早くどこかへ行きな!!!』


44
治療を兼ねてやってきた神父が疲労困憊で祈りを忘れ床に寝るほど。


46
どうしても城主の討伐に必要な火薬。
危険を承知で踏み入れた洞窟には、変異で生まれたものだろうか、
毒サソリや火を噴くサンショウウオが棲みついていた。


47
ドラクエ史上(ゲーム史上と言ってもよい)3大トラウマシーンのひとつで、
当時の子どもはアッテムト訪問以降は恐怖で夜も寝られず、
音楽を聴くだけでトイレにさえ行くことができなかった。


もちろん俺もそうで、いまだにあの音楽を聴くと背筋が凍る。
たまにDQ4やるとアッテムトでは消音にし、人と会話しない(´;ω;`)


48
足尾銅山の鉱毒もそうだが、石見銀山でもガスはなくても
極度の疲労で倒れた人は多数いただろう。
その方たちあっての銀山の繁栄、世界遺産登録だと思うと一歩一歩が重くなる。


49
ただの暗くて狭い洞窟だと思って通り過ぎるとあっという間だが、
想像を働かせて歩くとゆっくり歩いてもまだまだ物足りなかった(*´v`*)


50
間歩を抜けると野生ののらねこちゃん。
細身で顔が小さく、猫界の安室奈美恵のようだったw


51
仁摩サンドミュージアム、石見銀山とまわって、次は出雲大社。
風も強いから大急ぎで走る。せめて日没には間に合わせたい...!!!


+-+-+-+-+

たしかに、世界遺産らしい派手さはなくお店も寂れた感じではあるが、
洞窟関連の想像が膨らむところに個人的には楽しさがあった。
他の観光と併せていく分には十分おすすめできると思う(*´v`*)

【740日目1/3】銀山手前の名所、仁摩サンドミュージアム!!!【島根】

【天気】晴れ(暴風)
【走路】R9
【現在地】島根県出雲市
【宿泊地】道の駅『大社ご縁広場』

【走行距離】74km
【総走行距離】22211km

【話しかけてくれた人】30人くらい
【総計】2030人

【出費】2600円
【内訳】サンドミュージアム、龍源寺間歩、ぜんざい餅

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

1日でサンドミュージアム、石見銀山、出雲大社の3つを周った精力的な日。
まずは仁摩サンドミュージアムをじっくりどうぞ(*´v`*)


1
石見銀山に向かう途中の国道9号沿いにあり、
興味がない人も行ってみようかなと思える立地。


2
なんか怪しい施設かな?(*´v`*)
と一瞬びっくりしてしまう外観w


3
とある理由で楽しみにしていた仁摩サンドミュージアム!!!(*´v`*)


4
入館料は700円でちょっとお高めだが、各種割引が適用される。
JAFやらHISやらなんとかクーポンみたいなものが10種類以上あったかと思う。
ただ、道の駅などでは割引券が見当たらないため、ネットで探すのがいい。
俺の場合は10%引きだったが、最大20%割引になるっぽい。


5
吸い上げられた砂が上からこぼれおち、観覧車風の砂車が回る装置。
入館していきなりこれがあってインパクトがすごい(・`д・´;)


6
ピラミッドの中央に砂オブジェがあり、くるくると回転している。


7
時計回りにゆっくり回るにつれて模様が少しずつ変わっていく。


8
中央のメインホールは天井が高く明るい!!!きれい!!!


9
壁には2mほどもある回転砂オブジェ(・`д・´;)


10
どうやら15分おきくらいに回転するらしく、今は静止している。
次に動き出すまで先にいろいろ見ておこう。


11
手作りの各種砂時計。


12
近隣で採れる鳴き砂は、すりこぎで上から押すとキュッと音が鳴る。


13
サンドミュージアムの最大の展示がこの1年計(・`д・´;)
高く天井に据えられた巨大砂時計には、なんと1トンもの砂が使われている!!!


14
ガラスはドイツ製、砂は細かくなるまで何度も精製しゴミを取り除く。
流量の計算やくびれ部分にも非常な苦労が重ねられた。


15
1年計と言っても、くびれ部分(ノズル)は針が通るほどの細さしかない(・`д・´;)


17
試作品としての1日計、10日計がズラリと並ぶ。
手に持ってひっくり返すことはできないものの、重厚な感じに圧倒される。


19
砂も場所によって性質・細かさが全然違う。
人口砂を使ってはどうかという意見もあったが自然産にこだわった。


16
1年計の縮小模型。
砂は均一に流れるわけではなく、温度や湿度が関係して流量が増減するらしい!!!
ぴったり1年をはかるために、流量はコンピューター制御されてるんだとか。


20
そうこうしているうちに、壁の巨大オブジェが回転しだした(・`д・´;)


21
音楽とともにゆっくり5分ほどかけて回転する。


22
ながーい板の間には小さな隙間がたくさんあり、
そこから少しずつ流れていく砂を見ていると神秘的。


23
もとのポジションに戻ると隙間からどんどん砂が流れ、
自然と三角形の形ができてくるのが気持ちいい。



24
こんなぴったりきれいな三角形ができるんやなぁ...すごいなぁ...(*´v`*)


25
反対側の壁にあるこちらのオブジェも回転しだした。


26
中央の正方形、そこから延びる線にやはり穴が開けてある。
先ほどのものよりは砂がダイナミックに動く。
ザザーっと流れていく砂は豪快で、緻密に三角形を作るオブジェとは対照的。


27
最終的に何か形ができるというわけではないから、そこは物足りないw


29
改めて先に進んでみよう。


30
1年計の展示を過ぎると、次はちょっと風変わりな砂時計。


31
中国っぽい(*´v`*)
あとに来た老夫婦は『まー、ヨーロッパの雰囲気!!!』と言っていた。
感性が違って友達になれないw


32
落ちたら2色に分かれるという砂時計。
重い自然砂と軽い人口砂の重量の違いで、中央は濃く周辺は薄くなっている。


33
形はどれも違うが、落ちきるまでの時間は全て同じ。


34
これは砂時計じゃなくて、回転する砂オブジェ。
色が混ざらないよう完全に仕切られている。


35
さて、次は俺がいちばん楽しみにしてたゾーンですよー!!!


36
旅に出る前からリストアップして心待ちにしていた『砂時計』ゾーン!!!
芦原妃名子原作のマンガ『砂時計』と、実写化されたドラマ・映画の特設エリア。


37
砂時計が重要な役割をもつ作品で、ここ仁摩サンドミュージアムもロケ地。
俺は昼ドラを毎日楽しみに観ていた。


38
4人の幼なじみがあっちとくっつきこっちとくっつき、
上京して離れ離れになったと思ったら大人になってから再会してまたくっつき...。
書いてて自分のあらすじ能力の低さに愕然とする(´;ω;`)


39
ベタベタの恋愛ドラマなんやけど、精神的におかしかった看護師時代は
毎日夜勤の前、夜勤明けに楽しみにしていた。

柴咲コウの曲が泣けるんだこれがまた(*´v`*)


41
そんな大好きなドラマだが、実は最終話付近を全く観ていない(´;ω;`)
日勤で見られなかったというのもあるが、
『(自分の中で)終わりにしたくない』と結末を見たくなかったのもある。


42
幼少期・子ども・大人時代の杏が勢揃いした姿を見て涙が流れる(´;ω;`)
誰もおらんかってよかった...ジャージ姿のおっさんが泣いてるとか地獄絵図や...。


40
無料でマンガも全巻読めるようになっている。
ドラマだけでマンガを知らないためずっと読みたかったが、
時間の都合上泣く泣く諦めた。今度ブックオフの少女漫画コーナーで読む(*´v`*)


43
昼ドラ観てた頃のつらい思い出も噛み締めながら、
次のいろんな砂エリアに進んでいく。


44
島根県内の各海岸の砂を比較してる。
そんなに離れてない場所なのに形や色が違っておもしろい。


45
揺らすとゲコゲコ音が鳴る蛙砂(・`д・´;)
細かい流砂や水、反射板の作用で鳴るらしいが、本物みたいだった。


46
顕微鏡で砂を拡大して見ることができる。
僕の頭皮は大丈夫かな...?(*´v`*)


47
日本の鳴き砂地図。
知ってるとこもあったし、ここに載ってないとこもあった。


48
世界にもあるのは驚かなかったが、
なぜか海岸沿いでもない内陸に多くて不思議だった。


49
砂漠のバラやって!!!(・`д・´;)
砂が地下水と炭酸カルシウムの作用で結晶化、厳しい気候条件でできるんだとか。


50
日本各地の砂が集められていて比較するのが楽しい。


51
色、大きさ、形も様々で、どうやってできたんかなーとか、
そこで生活してる人はどういう暮らしをしてるんかなーとか想像すると
あっという間に時間が経っていく。


52
同じく世界各地の砂も展示。


53
オーストラリアの真っ白な砂がいちばん感激した(*´v`*)
砂糖みたいやったで...ぺろぺろしたいわ...w


54
続いては砂絵体験コーナー。休日は子どもで大にぎわいと思われる。


55
1人1枚砂絵用の紙が無料でもらえ、2枚目からは100円必要。
絵柄は月ごとに3種類ずつ。左上のが欲しかった(´;ω;`)


56
紙の台紙をはがすとのり状になっていて、そこに砂を乗せて色をつけていく。
色を考えるのも、砂を乗せるのも意外と楽しい(*´v`*)


57
配色センスなさすぎワロタ(´;ω;`)
色の砂自体は10種類くらいあったから、うまい人は本当にうまかった。


58
通路には先ほどと同様、風変わりなというかおもちゃ風の砂時計の数々。


59
これに似たようなやつ、うちにいくつかあったわぁ...。
見たらハミガキ思い出して口の中がもやもやするw


61
『毎日ハミガキ10分×3してます!!!』って誇らしげに言う人おるけど、
時間じゃなくていかに隙間を攻めるかが大事なんちゃうん?(*´v`*)


60
スプーンやフォークの持ち手部分が砂時計になっている。
早食い大会用だろうかwww


62
最後は企画展で、サンドピクチャーを展示しているらしい。


63
げ、現代アートか何か?(*´v`*)


64
あっっっ!!!これもうちにあった!!!
ひっくり返すと砂が下に落ちていき、毎回違った模様ができあがるもの。


65
砂がつくる模様を楽しむもよし、背景との対比を楽しむもよし。


66
大きいものは1m以上もあり、どれも自由に回転させて楽しむことができる。


67
四面がサンドピクチャーになっていて、
同じようにひっくり返しても全然違う模様ができている。


68
卓上のものは家庭でお持ちの方もいるだろう。
ここでは大型のものや風変わりのものも多く展示されていた。


69
砂の色も白黒だけでなく、青っぽいもの、淡い紫などバリエーションがある。
それぞれ好みのものが見つかるに違いない。


70
俺はこの砂漠の夜空っぽいのがいちばん好きやなぁ(*´v`*)
販売はされていないのが残念。


71
そしてなぜか自動演奏のクリスタルグランドピアノが音楽を奏で、
殺風景になりがちな砂の世界を彩っているのであった...。


28
館内にはアンケートや訪問帳が置かれており、訪問帳は何冊も積まれていた。
ふだんこういうのは書かないことにしている(めんどくさいし)が、
何か抽選で当たると書いてあったから喜んで書くw


72
帰りにかっちょいいステッカー(100円)を買って大喜び。
早速ちゃりんこに貼ろう(*´v`*)


+-+-+-+-+

1時間だけのつもりが、2時間もじっくり楽しんだ。
その分あとの移動と観光が大変だったが、後悔はしていない。
砂の持つ幻想的な雰囲気はぜひみなさんにもおすすめしたい(*´v`*)

【続報】パソ買いました【生存】

壊れたパソと同じ型番の中古を発見し、
昨晩ネットで購入しました。後日実家に届きます。
金で解決できるなら躊躇するなという
友達の一言が後押しになりましたw

現在、島根県出雲市にいます。
サンドミュージアム、石見銀山、出雲大社、
どれもよくて写真撮りまくってますので、
更新を楽しみにお待ちください。

今後は
鳥取:はわい温泉、鳥取砂丘
兵庫:移動日
京都:天橋立
福井:初日に泊まった道の駅
を経由して、14日の月曜に実家に寄る予定。

実家にてパソのデータ引っ越し、ブログ更新等
パソコン関連と、旅の荷物整理等します。

今まで、毎日1~3時間ブログに費やしてて、
めんどくさいだの寝たいだの言ってましたが、
いざ書かないと記憶の整理もできないし、
何より道の駅に早く着いてもやることがありませんw
今後は文句言わず書きますwww

今晩は0度まで下がるようで、
破れたダウンやパンクしたマット捨てないでよかったと痛感。
よく眠れますように(*´v`*)
rakugaki:01


プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。