スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【770日目】足摺岬を越えて修行の地を終える【高知】

【天気】晴れ
【走路】R321
【現在地】高知県播多郡郡大月町
【宿泊地】道の駅『大月』

【走行距離】103km
【総走行距離】23391km

【話しかけてくれた人】4人
【総計】2142人

【出費】1100円
【内訳】納経帳、ブリ、小夏

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

お遍路では『修行の地』と呼ばれている高知県。
山が多い、道が険しい、単調な景色、補給地点全然ない...言葉通りである(´;ω;`)
備蓄食料を食いつぶしながらようやく愛媛との県境まで来たよー!!!


1
昨日はキャンプ場で超熟睡!!!20時から6時まで10時間寝た!!!
夜中おしっこのときに空を見上げてみるも雲のため星空は見えず。残念。


2
まるでモネの絵画のように美しい朝の風景(*´v`*)
絵見たことないけどwww


3
四万十川沿いの走りやすいルートを選んで岬へと向かった。


5
何これ、けもの道?(´;ω;`)
生活道路か農道みたいなほっそい荒い道が含まれてる。
おばけや変態もおそろしいが、パンクが何よりおそろしい。
幸い、鳴門でおっちゃんに軽トラ乗せてもらって以来タイヤトラブルはない。


6
今日も坂が多い。
ふんばった瞬間うんちがにょろっとこんにちは!!!しそうになり、
あやうく脱糞死するところだった。早くトイレ探さないと。


7
こんなときに限って道の駅も公衆トイレも草むらも何もなく、
あわや車上うんちデビューか...サイン会はいつにしようか...と思いをめぐらせる。

大惨事を目前にして『この下にトイレあります』の看板。助かった!!!


8
なんと無料シャワー(冷水)も併設!!!
漁港の設備みたいなんやけどお遍路さんも自由に使える。
変な場所にあるから、うんち漏らしそうになってなければ寄ってなかった。
うんち様が呼び寄せてくれた奇跡といえよう(*´v`*)


9
その後はふんばっても前かがみになっても全然大丈夫。
シャワー浴びた爽快感もあって一気に足摺岬へと走った。


10
いい景色やけど、こ、こわい...(´;ω;`)
高さ80mくらいあって、展望台からのぞきこむと落ちそうで足が震える。


11
南の方向いてるから、ニュージーランドはこのずっと先か...。


12
崖の険しさ、打ち付ける波の様子は福井の東尋坊、沖縄の残波岬に似ている。


13
ここに来るまでの県道が上下左右にうねうねぐにゃぐにゃしていて、
アスレチックなコースだからだろう、バイクの人が多かった。
チャリだと細かいアップダウンで痔になる。


14
お向かいのお寺に用事があるだけで、岬だけなら来てなかった。
でもお寺だけ寄ってさっさと進まなくてよかった。癒される(*´v`*)


15
人懐っこくておとなしいトラちゃん。ねこメーター(謎)もすっかり回復!!!


16
なでても肉球触っても微動だにしないw


17
ときどきよくわからんタイミングで『にゃーん』とお話しする。
周りに人がいるのを忘れて相手してあげたw


18
しばらくすると飽きたのか寝っ転がってしまう。
おけつをポンポンするとこっちに寝返り、あっちに寝返り...。
他の猫でも同じ反応するんやけど、共通の何かがあるんかなぁ。


19
足摺岬のお向かいにあるのが38番、金剛福寺。
前後の37、39からそれぞれ50kmは離れてるから中盤の鬼門と言える。
ちゃりでもしんどいのに、歩きだと想像を絶するつらさだろう。


20
金閣寺みたいな雰囲気でちょっと得した気分w


21
足摺岬、金剛福寺から西にまわってすぐのところに足湯発見!!!


22
屋内型の足湯で20人以上収容できると思われる。
平日だからか誰もおらず、係の人すら会うことができなかった。
利用は無料。


23
正面に広大な海を眺めることができ、ホテルや旅館の大浴場のよう。


24
直下には白山洞門があり、岩の門の中を波が通って行く様子がわかる。
下に降りて直接見ることもできるが、長い階段を昇降する手間と体力を考えると、
足湯からのびのびと見下ろす方がいいだろう。


25
それからまっすぐ道の駅を目指していたはずが、道に迷ってしまった。
なぜかジョン万次郎の生誕地に到着してしまうw


26
子どもの頃漁船に乗っていたところを難破してアメリカ船に助けられ、
そのままアメリカで教育を受けて一等航海士として世界の海を股にかけた。
アメリカでは『ジョン・マン』と呼び親しまれ、一度は日本船に遭遇するも
英語で話しかけたために言葉が通じず引き返されてしまう...。

などなど、迷子ついでにジョン万次郎に詳しくなって元の道に戻った(*´v`*)


27
そういえば、足摺岬に向かい始めた頃から5時間以上かつおぶしのにおいがする。
鼻がおかしくなって常時かつおぶしのにおいがする病になったのかと心配したが、
どうやらかつおぶし生産が盛んだそうで、ほっと一安心。


28
毎日海と山の写真ばっかりでつまらんのじゃ!!!どっか行けや!!!
そう思ってる方、絶対いますよね。怒らないから手をあげてくださいw

お察しの通り、ほんまに海と山ばかりで走ってるとものすごくしんどい。
景色にメリハリがなくて単調というのもあるし、
何よりコンビニやスーパーなどの補給地点がないから食料が心配!!!

今日100km走ってるのに、コンビニもスーパーも全くなく
パンが1コ200円しそうな個人商店が2,3軒あったのみ。
歩き遍路の人は四万十市で何がなんでも補給しておかないと死ぬ。


29
昨日おとといで手持ちのパンは12コほど備蓄があり助かった。
それでもパンばかり食べるのもアレだから『小夏』を食べる。3コ180円。
みかんとレモンのあいのこな味で、ナイフで皮を向いていただく。
酸っぱさの方が強いがビタミン補給と思って我慢しよう(*´v`*)


30
道の駅ではブリが安かった。カツ丼とブリ1パック(10切れほど)で計600円。
ブリもおいしいが、タレが非常においしかった。
かつおしょうゆだろうか。これだけ売って欲しい(´;ω;`)


31
早めに到着して時間にだいぶ余裕があるため、
先日ちょっと破れてしまった手袋の補修をしておいた。
旅が終わるまでもう少し耐えてくれ!!!


32
今日の参拝は38番金剛福寺のみ。


+-+-+-+-+

ここから2,3日、最大600m以上の山が続くから中盤の踏ん張りどころ。
週明けには猫の島でおなじみ愛媛の青島に行く予定。
ただ天気が心配で...うまく晴れてくれなければ停泊してでも待つつもり。
スポンサーサイト

【769日目】初心にかえって河川敷野宿!!!【高知】

【天気】快晴
【走路】R56
【現在地】高知県四万十市
【宿泊地】四万十川キャンプ場

【走行距離】83km
【総走行距離】23288km

【話しかけてくれた人】2人
【総計】2138人

【出費】1700円
【内訳】納経帳、パン

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

野宿といえば河川敷。
そう思って橋の下にテント立てて台風で浸水したこともありました...w



1
昨夜、夜中の3時に道の駅の人が準備に来た(と思う)。
信じられんほど早い開店準備やな...注意されたらどうしよう...と不安だったが
白衣のおかげか特に何も言われず朝まで過ごせた。
お遍路に対して寛容なことを利用してはいけないと思いつつも感謝(*´v`*)


2
ここんとこ、どこの道の駅でも朝の5時頃からツバメがピーチクパーチク。
寝られへんやんけ、焼き鳥にしたろか!!!


3
朝から新鮮な空気を胸いっぱい吸う(´;ω;`)
翌日のルートと標高は簡単にチェックしてるんやけど、
四国に入ってからお寺の標高だけで道の標高調べてなかった。
朝っぱらから400m弱の強烈な峠で早くも全身びしょ濡れ(´;ω;`)


4
海、山、川...どこで遊ぶ?


5
ボクは家でゲームしたいなwww


6
37番、岩本寺。
88まで終わらせたらまもなく旅の終わりということで
終了までのカウントダウンのようにも思えてくる。



7
四万十町ではなぜか昭和のおもちゃ展が開催されていた。
海洋堂って書いてるけど、食玩でおなじみの海洋堂がこんなとこに?


8
昨日今日でパンの半額ハンターが大成功。常に15コくらい蓄えがあるwww
『低温殺菌牛乳がうまい!!!』とマンガで読んで飲んでみたが違いがわからん。
乳脂肪4.5%以上ある濃厚牛乳はたしかにうまい。


9
強烈な山が過ぎ去っても気が抜けない。
海岸線はリアス式地形でぐねぐね、高低差もガンガンあってしんどい。
北海道、岩手、和歌山あたりの強敵たちを思い出す。


10
海はきれいで、サーフィンする人も多いんだとか。
国道沿いにサーフショップや海水浴場が立ち並ぶ。
有料シャワーもいくつか見つかったが今日はパスしておいた。


11
四万十川を渡り、キャンプ場へ向かった。
本来なら手前の道の駅で早めに宿泊予定やったけど、
ホームレスみたいな汚い若者がベンチで寝てたから怖くてやめた(´;ω;`)



12
この旅では珍しくキャンプ場の宿泊。
覚えてる限りは5ヶ所も行ってないはずなんやけど、
俺の宿泊場所を細かく把握してるストーカーの方はご指摘ください(*´v`*)


13
河川敷の一部がキャンプ場として開放されていて、なんと無料で利用できる!!!
ただし事前に申し込みが必要。といっても役所に電話するだけ。当日でもOK!!!


14
無料とは思えないきれいな芝生で、水場やトイレも完備(*´v`*)
河川敷だから人くるんじゃないの?と心配していたものの、
市街地からはやや離れているから散歩に来るような人もほとんどいない。
他の利用者は家族が1組、俺みたいなセミホームレスが3人。


15
トイレはいわゆる移動式トイレだから抵抗がある人もいるかも。
でも...うんちできたら何でもいいわ(*´v`*)

ちなみに、2km先にスーパーや家電量販店もあるため、
営業時間内はそちらでウォシュレット付き快適トイレ生活を送るのもいいだろう。


16
キャンプ場の隣には広い四万十川(*´v`*)
川から200mほど先のところで、高さも10mくらい余裕がある。
台風がきても全然川には飲み込まれないから安心。


17
昔家族旅行で川沿いにテント張ったとき、
夜中に雷雨がきて怖かったなぁ...増水してたら死んでたなぁ...w


18
いっそのこと、川に裸でちゃっぷんしようかとしばらく悩む。
ベトベトするかもと言い訳をしてやめておいた。
決行していたらまたホームレスへの階段を1段のぼるところだったw


19
今日の晩ごはんはとうふ冷やし中華。
とうふが安くて栄養価がよく最近のトレンド。


20
こんな真っ昼間からテントたてられるなんて感激(*´v`*)
道の駅やと店員さんとか周りの人に気を使って、
寝る直前の22時に張ったりするから意外とめんどくさくて。


21
今日の参拝は37番岩本寺(左)のみ。


+-+-+-+-+

3,4日ほど道の駅やお寺が中途半端な場所にあり、どう進むべきかが難しい。
明日はとりあえず38番まわって、行けるだけ先を目指そう。
今日は疲れをとるため20時にはもう寝ます。
11時間寝れるぞー\(^o^)/

【768日目】驚愕して腰砕け、はりまや橋でガッカリング!!!【高知】

【天気】晴れ
【走路】高知市
【現在地】高知県須崎市
【宿泊地】道の駅『かわうその里すさき』

【走行距離】101km
【総走行距離】23205km

【話しかけてくれた人】8人
【総計】2136人

【出費】4400人
【内訳】納経、パン、ほか弁

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

どんなB級スポットも、どんなつまらん場所でも楽しむ心を持ってると思ってた。
でも世界3大ガッカリスポットのはりまや橋は俺の想像を超えてたわ...(´・*・)


1
朝ごはんは昨日食べきれなかった豆腐1丁。
なんとも坊さんっぽいではないかw


2
カット&パーマまでは理解できるんやけど、『大阪の技術』
『男のかつら それはおしゃれ』と畳み掛けられて鼻水ふいたwww

大阪の技術は壁2面に書かれてたからよっぽどのアピールポイントなんだろうw


3
まずは29番、国分寺。
納経所に人がいなくて30分の超絶タイムロス(´;ω;`)
待ってる人同士で『遅刻か外出かわからんなぁ。他の人は納経したんかなぁ。』と
ぶつくさ文句言って待つしかなかった。
7時に開始なのに、住職かお坊さんかわからないがおっさんが来たのが8時前。


5
車遍路なら30分ロスしても大した痛手にはならないが、
ちゃり、歩きでは1日の予定を根本から練り直すほどの大幅なロスになる。

今日は予定変更しにくいルートだから、急いで走って30番の善楽寺に到着。


6
高知市内に入ると急にお店が増えだして大都会の雰囲気。


7
ちんちん電車\(^o^)/
なんで都会ってちんちん電車あるんやろなぁ。


8
函館、東京、滋賀、広島、熊本...他にもいっぱいあったが、
県庁所在地に多いのは何か理由があるんかなぁ。


9
病院の名前を見て目を疑った。
おえ胃腸科内科やって...あかんやろwwwおえっwwwww
よりによって、科にぴったりのひどい名前...。


10
大都会高知市のどまんなかにある世界3大がっかりスポット『はりまや橋』。
えっ、どれ?冗談じゃなくてほんまにわからんねんけど!!!


11
車が通ってる大きな橋の横に、絶句するほど小さな橋。


12
周りはシティホテルとか民家のある何の変哲もない風景(´・*・)


13
江戸時代の金持ち商人『播磨屋』と、同じく金持ち商人の『櫃屋』が
互いに行き来するためにお堀に橋を架けたのが由来だそうだ。


14
なんてどうでもいい由来なんだろう...向かいの人の家に橋架けただけやんか...。


15
大都会高知市の往来を背景に、ものすごく寂しく見えてしまう(´;ω;`)


16
少し離れるともはやどこにあるのかすらわからない。(左端に見える)
由来も大したことないし、高知の観光誘致はこれをどう考えてるのか。
こんなんが県を代表する観光地で正気なのか。


17
とまぁ、つまらなさが怒りに変わるのをこらえながら眺めていた。
お遍路のコースから近いから寄ったが、いくらなんでもひどいwww


18
どうにか擁護するのであれば、多彩なちんちん電車は見てて飽きないし、
アンパンマンミュージアムや龍河洞からのアクセスもいいから、
ついでと思って見にくる程度でいいのでは。


19
朝っぱらからイライラして暴食した。
ホットケーキで肉を挟んだマックグリドルは、
看護師時代、夜勤明けにいつも食べてた。おいしいけど悲しい記憶が蘇るw


20
食べすぎたかな?とちょっと反省したところ、
直後に山のぼりがあってエネルギー必要になったから許した。


21
にゃんこ死んでる(´;ω;`)
と思ったらひなたぼっこで寝てるだけだった。紛らわしい場所で寝んな!!!


22
2匹揃って寝てるとこ邪魔して悪かったな、ごめん(*´v`*)


23
31番、竹林寺。団体客がものすごい数。100人はいた。


24
団体客が来ると、納経が適当になるから困る。
おばちゃんは何十人分も筆で書かないといけなくなるため、
手抜きはなくともないがしろになってしまう。


25
だから団体客が来ると、その人たちより先に納経するようにしている。


26
32番、禅師峰寺。高知市内には6,7ヶ所ほどお寺が密集しているので
お寺間の距離は10km未満。ちゃりで30分前後の移動はちょうどいい。


27
同じ道を行ったり来たりしなくて済むように遍路道も考えられている。


28
お寺の入口には休憩用のスペース。
歩き遍路の人はもちろん、ちゃりでもゆっくり座ることが少ないから助かる。
スポーツバイクは常に立ちこぎみたいな姿勢になるし。


29
坂本龍馬で有名な桂浜も通った。


30
えっ、なんで有名か?えーっと(*´v`*)デヘヘ


31
お花がきれいな道を真っ直ぐ走って一気に進む。(すっとぼけ)


33
33番、雪渓寺。おなか減ってちょっとふらふらしてきた。


32
ぼーっと餓死を楽しんでいたら、おっちゃんが足の形したべっこう飴くれた(*´v`*)
指の間の欠けてるとこを『これは水虫やな』とか言いながら食べてすっかり回復!!!


34
よくわからん市道みたいなぐねぐね道。
今日はまだ3つお参りするから体力を使い果たさないように。


35
34番、種間寺。入口に大きな大師様の像があった。


36
14時を過ぎ、さすがに空腹に耐えられずうどん屋寄った。
GW明け臨時休業だった\(^o^)/


37
30分走ったところで別のうどん屋見つけたけど、定休日だった\(^o^)/オワタ

昨日から、うどん屋の休業はこれで4軒目。GWなんて嫌いや(´;ω;`)


38
仕方なく備蓄したパンで食いつなぐ。
次のお寺が山の中腹に見えてる...また上りか...。


39
強烈な坂を押し歩くのもしんどいが、それ以上に狭い道がしんどい。
車は人なんていない前提で上からも下からも突っ込んでくる(´;ω;`)
表に出てないだけで、絶対お遍路中の車・人身事故多いと思うわ。


40
35番、清滝寺。
この時点で残り1寺を1時間で移動・お参りしないといけない。
11km走るだけで45分かかるのに(´;ω;`)


42
朝の30分ロスがこんなところで響いてくるなんて...既にふくらはぎもげそうや...。


41
タヌキかと思って驚いてよく見たら猫だった。
じっくり見てるヒマないけど、美しかった。


43
残り10分ギリギリで着いた36番、青龍寺。


45
安心して脱糞しそうだったが、お経あげて納経帳に書いてもらわないと
せっかくギリギリに到着しても意味がない。



44
最後の最後で、しかも時間ない中こんな階段やめてくれませんかね...(´;ω;`)


46
そうそう、今はお遍路1200年記念ということでいろんなイベントをやっている。
各お寺の大師堂(弘法大師・空海を祀っているところ)では
5色に編んだひもを大師像から外に伸ばしてきて、
『大師様に(間接的に)触れて縁をもらう』というものがある。

中をのぞいてみると、たしかにひもが大師像に結ばれていた。


47
さて、お寺には無事参り終えたが、寝場所まではさらに2時間もかかる(´;ω;`)


49
今まであまり寝場所ネタに触れてこなかったが、四国は野宿しやすい傾向。
お遍路でみんな野宿するから町の人も寛容な面があり、
こうして停留所を改造した寝場所(ただし屋根と壁のみ)があったりする。


50
道端にある休憩所、お寺に泊まる『通夜堂』、人の家に泊めてもらう『善根宿』が
代表的なお遍路の宿泊だが、俺は極力避けるようにしている。


51
荷物も多く積めて広く移動できるちゃりの場合は他の寝場所がすぐ見つかるし、
少し移動するだけでも大変な歩き遍路の人に譲りたい、というのが建前。


しかし本音は『極力ほかの人と同じとこで宿泊したくない』であるwww
交流が好きだという人でも、さすがに寝る場所はひとりがいいという人も多い。


48
今の俺なら、こんな場所でもテント張れば余裕で熟睡できるw
テントの中はプライベート空間やから誰にも邪魔されへんし!!!


52
大雨なのに屋根がないとか、よほどのことがない限り他の人との宿泊は避けるわ。
基本は道の駅で十分便利やし、今まで困ったこともないからな。


53
終盤は疲れによる頭痛とも闘いながら、なんとか暗くなる前に走破。
今日もほか弁が近くにあったのでとり弁(290円×2)を大盛り無料で購入。
疲れた日はやっぱりパンより米が食べたい(*´v`*)


54
今日の参拝は29~36の合計8寺。
29番国分寺(左)。


55
30番善楽寺(右)と31番竹林寺(左)。


56
32番禅師峰寺と33番雪渓寺。


57
34番種間寺と35番清滝寺。


58
36番青龍寺。


+-+-+-+-+

距離が長い、山がキツい、お参りが多い、風が強いなど、
毎日何かしらしんどい日が続いていて体力的にも不安がある。

明日は宿泊場所が中途半端なこともあって、
短い距離を進むだけにしてゆっくり休もうと思う。
とりあえず10時間は寝たい(*´v`*)

【767日目】激狭で探検気分!!!四国が誇る龍河洞!!!【高知】

【天気】快晴
【走路】R55
【現在地】高知県南国市
【宿泊地】道の駅『南国風良里』

【走行距離】98km
【総走行距離】23105km

【話しかけてくれた人】25人くらい
【総計】2128人

【出費】4100円
【内訳】龍河洞、納経帳

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

お遍路コースに近いこともあって、久しぶりの鍾乳洞、龍河洞に行ってきた。
これをもって、北海道、本州、四国、九州、沖縄の鍾乳洞を踏破したことになり、
洞窟ハンターの名をより強めるものになった...!!!(どうでもいい)



1
朝、テント内から見た風景。
昨夜は水飲み過ぎたのか夜中に2回おしっこしたが、
星空がものすごくきれいでしばらく眺めて目が覚めるというのを繰り返した。


2
朝から山のぼり楽しいな(´;ω;`)
お遍路はほとんどが山なので、前日にお風呂入ってもすぐに汚れてしまう。
まぁ、入ってないからいいんやけどw


3
26番、金剛頂寺。宿泊地からも近くそこは助かった。


4
階段をよく見てみると、男坂、女坂などと書いてある。
どうやら段数を年齢に見立てて、厄年にあたる段にこれが立ててあるらしい。
階段の上には1円玉、5円玉が大量に置かれていた。


5
仁王像の代わりに大きなわらじが1組(・`д・´;)


6
今日も引き続き海岸線をひた走る。
昨日は南下、今日は北上だから向かい風に変わってキツい。


7
食料も底を尽きかけてきたのでコンビニでパン買った。
ついでに串カツとチューリップ食べてなんとか回復。


8
おかんが知り合いから勧められたという『モネの庭』。
まるでモネの絵のような美しい庭園だそうだ。
営業時間まであと2時間もあるし、そもそも花にもモネにも興味が...うむ、パスで。


9
風景が単調だとつい時間の感覚がなくなって走り続けてしまうが、
雲のない快晴で気温も高く脱水が怖い。水がぐんぐん減る。


10
山のぼりうれしいな(´;ω;`)
さっきは150mの大したことない山だったが、今度は400m超。
20%はある坂を1時間半必死で押し続けてふくらはぎが爆発するかと思った。


11
半泣きになりながら到着した27番、神峰寺。
駐車場で『(さっきの)ちゃりんこの人やわ。大変やねぇ!!!』と
マイクロバスで追い抜いて行ったおばちゃんたちに声をかけられた。
『おかげさまで上りきれて一安心ですわ。』と返したが足が震えているw


12
えっ、ふくらはぎ爆発しそうやのに階段あんの...(´;ω;`)
でも50kgのちゃりを押して歩くより、自分だけで上る方がよっぽど楽だった。


13
見渡すかぎりの山と海。高すぎて下の方霞んでるわ(・`д・´;)


14
おっ、食料かな?(*´v`*)


15
これで、44番くらいまでは400mを超える山はなくなって大喜び(*´v`*)
300mまでなら憂鬱にならずにのぼれるし!!!


16
お遍路道沿いには直売所や無人販売が多くあり非常に助かる。
『小夏』というみかんとレモンのあいのこみたいなものが目立つ。


17
道の駅『やす』横のシーサイドパークみたいなとこでシャワー発見!!!
実は今日で7日お風呂入ってなかったからほんまに嬉しい!!!

(毎日体拭きだけだと爽快感がなくて切ない)
100円で60秒、事前準備もして必死で全身洗ったw


18
さっぱりきれいになって28番大日寺。(同名の寺が多い)


19
納経所横で飲み物(コーヒー、紅茶、お茶)が無料でいただける。
境内で職員のおばちゃんとのほほんと話してリフレッシュ。


20
今日の参拝は26~28の合計3寺。
26番金剛頂寺(右)と27番神峰寺。


21
28番大日寺。


22
今日はお遍路とは別に、日本一周の観光も兼ねる。
大日寺からほど近い場所にある鍾乳洞へ向かう。


23
他にもアンパンマンミュージアムがあったりするが...ねぇ?(´・*・)


24
龍河洞のキャラ『リューくん』はやなせたかしさん作。
鍾乳石を意識しているであろうボディは正直キモい。なんで中腰やねん(´;ω;`)


25
鍾乳洞に特徴的なんやけど、建物とおみやげやさんがすごいレトロで昭和くさい。


26
福島のあぶくま洞、山口の秋芳洞も同じような古めかしさで、
昔の旅館を見ているような楽しさがある。


27
龍馬像が置いてある。高知といえば龍馬!!!なんやけど、ちょっと興味が...w


28
何これフリマ?と近寄ってみると、『食器お持ち帰りください』の文字。
どうやら旅館か食堂が閉館して処分しているらしい。


29
たまらん雰囲気やでぇ(*´v`*)


30
シャッター街なのか、連休明けで休んでるだけなのか、大半が閉まっている。


31
完全にスターマンのパクリやろ...PKスターストームΩやで...(´;ω;`)


32
リョーマの休日やって!!! THIS IS IT!!!


33
完全に一致www
(マイケル・ジャクソンの映画ですw)


34
鍾乳洞の中に入るまでに十分楽しんでるけど、まだ先は長い!!!


35
リューくんといっしょに記念撮影。セルフタイマーでニッコリw


36
どんだけのぼるんや?というくらい長いエスカレーター。
見ておわかりの通り、平日の夕方に誰も客なんていない(´・*・)


37
いよいよ龍河洞に突入!!!
料金は通常1100円のところ、ネットのクーポンで100円引きだった。


38
うわっ狭っ(・`д・´;)
入ってすぐに感じるのは通路の狭さ。
全長1kmもあるのに幅が狭くて洞窟気分満載で興奮する!!!


39
歩道の横には柵ナシで川も流れている。洞内は15度前後で適温。


40
途中途中で『これ大丈夫か?』と思うほど狭い部分がある。
巨乳の人は十分注意してほしい。俺も危なかった。


41
狭いのにくわえて高さも低い。
さすがに四つん這いになるほどのところはないものの、
しゃがまないと通れないところもあった。


42
天井が高い部分はごく一部。閉所恐怖症の人は発狂するかも。


43
狭くて探検型の洞窟は福島の『入水鍾乳洞』が最高峰だが、
真っ暗な中ライトひとつで四つん這いで川に浸かりながら進むのは上級者向け。

ここは電気がついてるしせいぜいしゃがむ程度だから初心者向けだろう。


44
完全予約制で『探検コース』というのもあるらしい。
通常よりも狭いところを通ったり、ロープなしで上まで登ったりするんだとか。


45
通常のコースでもこんな感じで体を横にしないと通れない部分があるから、
事前予約と別料金でわざわざ探検コースを選ぶかは悩むところ。


46
狭いだけでなく、滝や鍾乳石もちゃんとある。


47
11mから流れ落ちる滝は音もしぶきもすごい(・`д・´;)


48
滝つぼもライトアップされていて幻想的。


49
雨で増水すると5,6倍の水量になるそうだ。
そうなると通路まで水浸しになるため長靴とレインコートの貸出があるとのこと。


50
前半は狭い中をくぐり抜けるのが中心で、
後半はやや広めの場所にできた珍しい形の鍾乳石を眺めるのが多い。


51
どっちが上か下かよくわからんw


52
ライトアップされている部分は奥の方もぼんやり見えてきれい(*´v`*)


53
同じ色の光を当てててこんなに見え方が違うんかなぁ。
それとも多角的に当ててるんかなぁ。


54
ライトがないと無機質に見える鍾乳石も、色がつくと途端に芸術的に見える。


55
下からにょきっと生えるようにしてできた鍾乳石。
1cm成長するのに100年かかる。


56
すぐ手に触れられるほど近くに展示されているが、
折れると100億万年の歴史が崩壊してしまうため網が張られている。


64
薄くカーテン状になったものは初めて見た(・`д・´;)
全国的に見ても珍しいんじゃないかと思う。


59
再び狭いゾーンに突入。


57
後ろから『すみませぇぇーーーん!!!』と女性の声。
なんや?いきなり告白か?と思ったらガイドさんだったw


58
1組に1人ガイドさんがついて案内していただけるんやって!!!珍しい!!!
今日はGW明けでガイドさんの数が手薄ということで、
前のお客さんが出てから俺のとこまで追いかけてきてくれたらしい。
セルフタイマーで恥ずかしい顔してるとこ見られなくてよかったwww


60
自分と同じか少し下くらいの女性で、せっかくなので質問しまくっておいた。


61
スリーサイズは?好きなタイプは?今晩の予定は...?


62
(本当はちゃんと鍾乳洞の質問してますw)


63
石器時代は住居として使われていて、土器や道具も出土しているそう。
ただし人骨は発見されておらず、どうやら生活の場は他にあったのではないか、
あるいは途中でここを捨てて他に移ったのではないか、など考察も勉強になる。


65
後半のうち30分くらいガイドしてもらっただろうか。
全長1kmで気付いたら1時間半も滞在していた。
あまり期待せずに行ったが、予想を上回る楽しさでぜひおすすめしたい。


66
鍾乳洞を出た後の温度差や昭和にタイムスリップした感じもぜひw


67
昔は天井を埋め尽くすほどコウモリがいたそうなんやけど、
観光用に開放してからは明かりや音の影響でめっきり減ったんだとか。


68
探検コースの新聞記事もあった。
見た限りだと狭さ暗さ怖さは入水鍾乳洞の方が上回るが、
こっちにはクライミングみたいな要素があるから単純に比較はできない。


69
書き忘れてたけど、入口と出口はビル20階ほどの高低差がある。
鍾乳洞は階段・坂をのぼりっぱなしになるから年寄りにはキツいぞ!!!


70
鍾乳洞の中には詳しい説明はあまりなかったものの、
出たあとに控えている龍河洞博物館には成り立ちなどの詳細がある。


71
なぜかついでに尾長鶏の展示場もあったが、時間外のため行っていない。謎w


72
四国に来てからというもの、お遍路が中心になり観光があまり進んでいなかったが
龍河洞は観光・B級スポット的要素も十分で非常に楽しかった。

お遍路コースの28番、29番の間にあるから来やすいと思うし、
気になる方はぜひ足を運んでみては。


+-+-+-+-+

明日は密集地帯で36番あたりまで参拝予定。
あと、がっかりスポットでおなじみはりまや橋にも行くで...\(^o^)/

【766日目】大師様の洞窟、室戸岬の御厨人窟!!!【徳島→高知】

【天気】晴れ
【走路】R55
【現在地】高知県室戸市
【宿泊地】道の駅『キラメッセ室戸』

【走行距離】126km
【総走行距離】23007km

【話しかけてくれた人】5人
【総計】2103人

【出費】2400円
【内訳】納経帳、ほか弁

【特記事項】---
【走破地図】
map

+-+-+-+-+

今日は体調も天候もコースも信じられないほどの絶好調!!!
予定の倍の距離を走ってきたけど全然しんどくない!!!
50km過ぎたら出る肩の痛みも、75kmでのおけつの痛みも全くない(*´v`*)


1
睡眠ってほんとに素晴らしいですね(*´v`*)
思い切って10時間寝たら、あれだけひどかった筋肉痛が嘘のように治った。
精神的にもかなり上向きになり気合いが入る。


2
今日は追い風。
普段なら息を切らせ汗を滴らせる山道もスイスイ進む。
旅の間、追い風に助けられたのなんて5回もないと思う(・`д・´;)


3
海岸沿いだが山間を抜ける厳しいコースのため、徒歩ではつらい。
コンビニやスーパーもないのにやたら距離だけは長い。
途中途中で有志によって設けられた休憩所がある。
寝転べるように広いスペースのところもあり、心底助かった人も多いだろう。


4
23番、薬王寺に到着。昼に着く予定だったのにまだ9時(・`д・´;)


5
予定では今日はここのお参りだけにして、
あとは道の駅でぼけーっとするはずだった。


6
道の駅日和佐には足湯がある。
どうせ足湯なんて...と思うなかれ、疲れた足に非常によく効く(*´v`*)

ちゃりや徒歩では足に負担がかかりむくんでしまう。
足湯でふくらはぎのポンプ作用を復活させて循環を良くすれば、
足も回復するし全身も軽くなる。見つけたら絶対行くこと!!!


7
今日はすでに60km走ってるが、全然疲れがない。
よし、もう60km走ろう!!!それでも夕方には着くし!!!


8
たまに見かける、うどん屋さん付きのローソン。
北海道で食べたことがあるが、高速のSAで食べるような寂しい味だったw


9
山ばかりだった前半と比べて、後半は海岸線でものすごく走りやすい。
平坦で、まだ追い風もあるからガンガンズンズングイグイ進む。


10
リゾート地のような道の駅。道がいいからだろう、バイクの人も多かった。
スピード違反で捕まってる人も何度も見た(´・*・)


11
魚の干物詰め放題100円!!!(・`д・´;)!!!


12
ぎゅうぎゅうに押し込んで詰めてものすごい量w
関西から来たおばちゃんも5袋くらい買ってた。


13
鳴門での連続パンク、軽トラのおっちゃん、歩き遍路の人との出会い...。
いろいろ思い出深い徳島を抜け、高知県に突入。


14
ずっと海岸線を走るから平坦な道が楽で、追い風が爽快!!!
こんな気持ちよく走れたのは久しぶり。


15
海を眺めながら、ひとつまみで6,7匹の魚を食べる。
うーん、業の深さを感じるなぁ...w


16
いくらなんでも長い(´;ω;`)
さすがに60kmずっと海はやめてほしい。5時間景色変わらんねんで...。


17
1時間おきに10分休憩することにしているが、
まだだいぶ余裕があるので30分休憩をとる。


18
ディープシーワールドにはおしゃれな足湯(*´v`*)
海洋深層水を利用しているそうで、なめらかな感触...なのか?知らんけどw


19
深海ってことはグソたんが飲んだり吐いたりした水なんかなぁ(*´v`*)
ちなみに、ここは海洋深層水の温泉、プールも併設されていた。


21
足湯でしっかり気持ちよくなって、室戸岬に到着。
ライダーの聖地的な扱いであちこちにバイク(・`д・´;)


22
海のすぐ手前にゴツゴツした岩が転がっており、千葉の房総半島の海を思い出す。


23
右下の赤い服着た人と比較すると岩の大きさにびっくりする。


24
室戸岬の真ん前には『御厨人窟(みくろど)』という洞窟がある。
なんや?と思って寄ってみたら、弘法大師空海さんが修行した場所らしい。


25
お遍路でまわるべき八十八ヶ所のお寺には含まれていないが、
大師様ゆかりの地ということでお遍路にぜひ組み込みたい場所である。
知らずに素通りしてしまう人も多いだろうから注意してほしい。
俺も洞窟ハンターじゃなかったら通り過ぎてた。


26
洞窟と言っても、10mほど行った奥に小さなお堂があるだけ。
入場料なども必要ないためお遍路じゃない人も入りやすい。


27
中に電気はなく、外からの光が入ってくる程度。
夜に行ったら相当怖いだろうと思われる(´;ω;`)


28
明るく撮れてるけど、実際はもう少し暗い。
それでも、小さな子どもが泣いたりはしていなかった。


41
実は、御厨人窟でも納経してもらえる(*´v`*)
納経帳に白紙がある場合はそこに書いてもらおう。
隠れポケモンみたいな感じで嬉しいw


29
野生のサルにビビりながらも先へ進む。


30
100km走ったあとにこの山はキツい...(´;ω;`)


31
昨日道の駅で出会った、地質学をかじっている人に聞いた話だが、
室戸岬近辺は(中略)で台形の地形なんだとか。
確かにその通りで、山の上が平らに削れて独特の形(・`д・´;)


32
24番、最御崎(ほつみさき)寺。


33
GW最終日の夕方だからだろうか、ほとんど人がいない。
みんな明日からの仕事に備えて早めに帰ってるんだろう。


34
今日中にもう1軒寄っておこう!!!そうすると明日のスタートがだいぶ楽になる!!!


35
25番、津照寺。120km走って最後にこの階段って...(´;ω;`)


36
手すり持ちながらじゃないとのぼれなかったwww


37
120km走ったのは2年前の北海道のとき以来じゃないだろうか。
自分へのごほうびとして、ほか弁で290円セールやってる『とり弁』を買う。
2つ食べてもまだ足りなかった(´・*・)


38
道の駅で夕日を見ながらほか弁を食べ、今は星空を見ながらブログ執筆。
テント生活の中で、星空の下で波音を聞きながら寝るのがいちばん好き(*´v`*)


39
今日の参拝は23~25の合計3寺と御厨人窟。
23番薬王寺(左)。


40
24番最御崎寺(右)と25番津照寺。


+-+-+-+-+

今日もさっさと寝て、明日また朝から500m弱の山のぼり(´;ω;`)
ついでに久しぶりの鍾乳洞『龍河洞』に行く予定。
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。