スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【244日目】なっちおすすめ那智の滝【和歌山】

【天気】晴れ
【走路】R42
【現在地】和歌山県西牟婁郡すさみ町
【宿泊地】道の駅「イノブータンランドすさみ」

【走行距離】101km
【総走行距離】11217km

【話しかけてくれた人】8人
【総計】623人

【出費】1300円
【内訳】みかん、那智の滝、那智黒

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

坂道のぼるからどうしよっかなー、パスしよっかなーと消極的だった那智の滝。
東京でなっちに「滝に頭打たれて来いよwww」という旨のことを
言われていたのを思い出して、せっかくだし行くことにした。



みんなといっしょに日本一周-1
昨晩、七里御浜の道の駅併設のオークワで半額ハンターしておいた
さんま寿司とめはり寿司。冬場は腐らないから助かる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-2
道の駅には大きなウミガメのオブジェ(*´v`*)
テントと一緒に記念撮影。


みんなといっしょに日本一周-3
県境まで来ていたため、ちょろっと走るとすぐに和歌山に入る。
相変わらず暖かくて、長袖インナーと半袖の2枚で十分ぬくい。


みんなといっしょに日本一周-4
ミシュランのビバンダムくんも『よくやった!!!』とほめてくださる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-5
三重の熊野を超えたあたりから、急にみかん屋さんが増えだす。
八百屋じゃなくてみかん屋。10kg1000円で売ってたりする。
だいたい市価の1/3くらいと考えてもらって間違いない(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-6
Mサイズが7コ入ってる袋が100円やで!!!
Sサイズやと10コくらい入ってた。買うやろ...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-7
朝から海岸沿いのなだらかな道をかっ飛ばす気持ちよさ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-8
心地良く体もあったまってきたところで那智駅に到着。


みんなといっしょに日本一周-9
駅の隣に道の駅があり、なでしこのユニフォームが飾ってある。
2011年のワールドカップの必勝祈願で熊野那智大社にお参りに来たときのもの。


みんなといっしょに日本一周-10
関連グッズもいくつか展示されている。


みんなといっしょに日本一周-11
熊野古道・熊野那智大社についての紹介もあり、
少し勉強してから那智の滝に行くのがおもしろいと思うよ。


みんなといっしょに日本一周-12
親子連れが熱心にモニターを見続けているが、2分の内容繰り返してるだけw
3歳くらいの子がずっと画面見ておはなししているから、
お母さんも付き合ってあげているというほのぼのした感じ。


みんなといっしょに日本一周-13
R42から那智の滝までは約8キロ。
川沿いの緩やかな坂をのぼっていく。


みんなといっしょに日本一周-14
と思いきや、川は見えなくなり緩やかでもなくなってきた。
チャリで200m近い坂道をのぼるのがまたつらい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-15
息を切らし汗をたらし、ようやく滝が見えて安堵の息とおしっこが漏れる(*´v`*)
綾戸智絵になった気分www


みんなといっしょに日本一周-16
遠近感や高さをうまく伝えられたらいいのに...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-17
滝の前にはおみやげやさんが多数。
どこで買っても値段は変わらないと思われる。


みんなといっしょに日本一周-18
実は駅から那智大社まではバスで行ける。
坂道のぼりたくない場合は、駅にチャリ置いて行くのもいいだろう。
ただし往復800円くらいしたと思うから、それなら30分がんばろうではないか。


みんなといっしょに日本一周-19
この場所から右手が那智の滝、左手が熊野那智大社。
熊野那智大社の別宮である、飛瀧神社のご神体として那智の滝が位置づけられている。
要は滝そのものが神様として扱われている。これは大事だから覚えておくこと(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-20
神社への参道近辺は駐車場戦争が繰り広げられている。
食事をすれば無料のところと、400円のところが最安かな。


みんなといっしょに日本一周-21
表参道はいきなりの階段ラッシュであなたの膝を襲う(´;ω;`)
じーさんばーさんが大変そうだったが、バス乗り場に参拝用の杖が置いてある。
みんなで譲りあって使わせてもらおう。若者は1段飛ばしでのぼれよ。


みんなといっしょに日本一周-22
那智黒ってご存知だろうか。和歌山名産の黒飴で、関西人なら知ってるはず。
もともと黒飴作りが盛んなんだと勘違いしていたが、
本来は那智の鉱山資源として黒石があり、碁石や硯に加工されていた。
まるでその黒石のようだというのが、那智黒飴である。


みんなといっしょに日本一周-23
そんな勘違いに自分であきれながら、神社を目指す。
途中にはおみやげやさんやお茶やさんもあるから休みながらどうぞ。


みんなといっしょに日本一周-24
トイレで倒れない魔除け(・`д・´;)
うんちで気合い入れすぎて血管切れて死ぬかもしれんから、買った方がいいかな...?


みんなといっしょに日本一周-25
昔なつかしのラムネはレトロな水道水で冷やされている。
値段の貼り紙が相次ぐ値上がりを物語っていて切ない。


みんなといっしょに日本一周-26
長い階段の途中には菩薩様がいらっしゃる。
しばしその微笑みで癒されることにしよう。


みんなといっしょに日本一周-27
200段くらいのぼっただろうか、ようやく熊野那智大社に到着(*´v`*)
汗かくから冬場でもハンカチかタオル持っていった方がいいぞ!!!


みんなといっしょに日本一周-28
紅葉に負けない立派な赤い鳥居で心が引き締まる。


みんなといっしょに日本一周-29
また階段ですか...俺はいいけどじじばばがほんま大変そう(´;ω;`)
昔来たのに覚えてないおじーちゃんもいたし(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-30
ずぎゃぎゃーん(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-31
ようやくいちばん上まで到達。
思ったより人が少ない気がしたけど、みんな滝見に行ってんのかな?


みんなといっしょに日本一周-32
のぼりきった爽快感と、鳥居からのぞく絶景で疲れも吹っ飛ぶ。
後で調べたら、467段のぼってたそうだ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-33
万物の生成・育成を司るとされる伊邪那美命(イザナミ)を祀っている。
農林・水産・漁業の守護、縁結び、諸願成就にいいんだとか。


みんなといっしょに日本一周-34
サッカーのユニフォームになんでカラス?と思ったこと、ありませんか?
八咫烏(ヤタガラス)というのは、神武天皇が東征するときに
熊野国から大和国への道案内をしたとされる伝説の大ガラス。
すごいカラスなのはわかったけど、でもなんでそれを日本代表のユニフォームに?
調べてみたら、関係者の出身地が那智勝浦町だったかららしい。


ってことは、滋賀出身の人がとあるスポーツで偉大な功績をしたら、
日本代表のユニフォームがビワコオオナマズになったりする可能性もあるのかw


みんなといっしょに日本一周-35
しょうもないこと考えてないで、頭よくなりますように...(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-36
代わりにお願いしといてくれっていう人も何人かいたので、
きっちりやっておきましたよwww


みんなといっしょに日本一周-37
『日本一の巨大おみくじ』があったが、恥ずかしいのでやっていないw
ふりあげて逆さにして大喜びするなんて( ^ω^)


みんなといっしょに日本一周-38
巨木を見上げてすげーーー!!!っとうなっていると...


みんなといっしょに日本一周-39
根っこのところをくぐれる!!!(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-40
ちょっと景色見ながら休憩して、次はすぐお隣りのお寺に移動。


みんなといっしょに日本一周-41
那智山青岸渡寺というそうで、西国三十三ヶ所第一番札所なんだとか。
お寺と神社が隣接してるのは、別にバッティングしたりしないのかな?
仏様と神様が争うことはないんやろーけど...。


みんなといっしょに日本一周-42
三重塔と那智の滝のコントラストが非常にきれい。
しかし構図がなかなかうまくいかず、20枚くらい撮り直したw


みんなといっしょに日本一周-43
自分のレベルではこれが限界(*´v`*)
この三重塔は200円くらい払えば上から滝を眺められるが、やや遠目になる。
滝の観瀑台は300円するが近くで眺められるぞ。


みんなといっしょに日本一周-44
にっこーーーっと笑う布袋さん。


みんなといっしょに日本一周-45
右の車輪を回して、六道輪廻から抜けだそう!!!という旨のことが書いてあった。
生と死、生まれ変わりの苦しみから、そんな簡単に抜け出せていいんかいなw


みんなといっしょに日本一周-46
裏参道から滝方面に下りていくが、不揃いの石段がけっこう急。
ここを上り下りするのは見てても大変そうだったから、
年寄りは段数多くても表参道の階段を杖ついてのぼった方がいい。


みんなといっしょに日本一周-47
スイスから来たというご夫妻と感動を分かち合ったり、
以前紀伊半島をチャリで一周したというおばさまと話をしたり。
ここから、改めて滝をじっくり眺めていこう。


みんなといっしょに日本一周-48
那智の滝前のバス停をおりると、この鳥居がすぐ目に入る。
だから背後にある熊野大社を忘れる人もいるんじゃないか。
知ってないと絶対階段のぼってまで行かへんやろ(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-49
那智の滝は高さ133m、落ち口の幅が13m、滝壺の深さが10mだそうだ。


みんなといっしょに日本一周-50
滝の落差だけでいえば、総合133mというのは日本で12位らしい。
しかし、階段状に何段にも分かれている滝と違って
一段で一気に133m落ちるのは堂々の日本一(*´v`*)



みんなといっしょに日本一周-51
300円払って滝の近くで見学できる。払うと小さなお守りがもらえる。
延命長寿と書いてある。


みんなといっしょに日本一周-52
湧水かどうかはわからないが、延命長寿のお水もある。
長生きにこだわりはないものの、寝たきりにならず健康でぽっくり死にたい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-53
うわっ!!!すごい迫力!!!
一気に流れ落ちる水がドドドドーーー!!!と轟音をたて、
50m以上離れて見ているのにしぶきが顔を濡らす。


みんなといっしょに日本一周-54
滝壺近辺には虹も出てる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-55
ベルベットのようなやわらかな水の流れ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-56
他にお客さん2組くらいしかおらず、楽しみ放題(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-57
日が差して明るい分、湿っぽい感じがなくて気持ちが高揚する。
袋田の滝はどちらかといえば日が当たらず恐れる感じだった。

好みの問題になるけど、俺は袋田の滝の方が好きかなぁ。
間近で見たときの迫力は那智の滝よりも印象深い。
高いのが好きなら那智の滝、幅が広くて近くで圧倒されたいなら袋田の滝。


みんなといっしょに日本一周-58
子猫を撫でる手のようにやわらか(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-59
ここからは滝壺は見えない。
災害でところどころ観瀑台も破損しており、立ち入り禁止になっている場所もある。
写真には写らないよう工夫したが、すぐ横で大規模な復旧工事もしている。


みんなといっしょに日本一周-60
いったん滝壺に落ちた水は、岩間を通って下流へと流れていく。


みんなといっしょに日本一周-61
下の方ばかり見ていたが、上を見てみると...


みんなといっしょに日本一周-62
落ち口が3つに分かれていて、三筋の滝とも呼ばれる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-63
今年の夏、那智の滝でロッククライミングしたとしてクライマー3人が逮捕された。
ご神体であるにも関わらず、ハーケン打ち込んだり足引っ掛けたりしたんだろう。
スポンサー契約も即刻解除されたらしいが、これはいかんでしょう...。
世界遺産である以前に、神様ですからね...。


みんなといっしょに日本一周-64
せっかく那智に来たんやからと思って、那智黒飴買った(*´v`*)
おみやげやさんで380円するが、スーパーで250円で売ってる(*´v`*)

いたって普通の黒飴やけど、小さい頃からの洗脳で、のどにやさしい気がしてくる。


みんなといっしょに日本一周-65
海岸沿いをまたぴゃーっと走って、すさみの道の駅に向かう。


みんなといっしょに日本一周-66
各地で電車見てると、だんだん好きになってくるから不思議やわ(*´v`*)
海岸とか、川沿いとか、水辺の電車に特に興奮するw


みんなといっしょに日本一周-67
40kmくらいずっと平地が続くから、歌いながら軽快に走る。


みんなといっしょに日本一周-68
あら、なんか変わった岩が続いてるぞ?これが橋杭岩。


みんなといっしょに日本一周-69
あとで通る場所に見学スポットがあるけど、
実はここのおいなりさんからの景色も見逃せない。
車では停車できないカーブの途中にあるから、こういうのは自転車ならでは。



みんなといっしょに日本一周-70
岩がどんどん続いていく様子が縦向きに見られるのは、たぶんここだけ。
おいなりさんに旅の無事をお祈りして、お礼をして先へ向かう。


みんなといっしょに日本一周-71
そこから500mくらい進むと駐車場があり、今度は橋杭岩を横から見られる。


みんなといっしょに日本一周-72
砂浜が脇にあって、おそらく岩の間を歩いていけるようになっている。
最後の岩のところに小さなほこらがあったから行くか迷った。
そろそろ暗くなり始めてきたし怖いからやめた(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-73
相変わらず南紀は水がエメラルドグリーンで不気味。
理由わかる人いませんか(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-74
リクエストがあって撮影したスーパーのオークワw
和歌山県内のいたるところにあって便利。


みんなといっしょに日本一周-75
お向かいではビクターのニッパーくんが揃ってうなだれている。


みんなといっしょに日本一周-76
夕焼けがきれい!!!ってことは一気に暗く寒くなるから急がんとやばい!!!


みんなといっしょに日本一周-77
残り20kmやと思って安心してたら、こっからが真の地獄やった(´;ω;`)
50m前後の高さを上り下りする坂が何度も何度も続く。
ギリギリのぼれるくらいの傾斜と長さで吐きそうになる。
顔から汗がしたたり、たまによだれも出そうになり、顔は苦悶にゆがむ。

10回以上は続いただろうか、正直、ここまでの80kmより、
ここの20kmの方が何倍も疲れたし心肺も足もへろへろ(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-78
エビとカニの水族館、行きたかったのに間に合わなかった...。
ってことは今日先の道の駅で宿泊後、明日またこの坂いくつか戻るん?(´;ω;`)

それは嫌やなと思って、水族館前でテント立てて寝ようかと思ったけど、
臨海公園で変な車が何台か止まってたから警戒してやめた(´;ω;`)
諦めて道の駅行くか...。


みんなといっしょに日本一周-79
そこから2,3坂を上り下りし、ようやく道の駅に着いた頃には真っ暗。
山道で暗いと路面がわからんからほんま怖い(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-80
のらねこちゃんが2匹お出迎えしてくれる。
黒の子はたぶんまだ3,4ヶ月でものすごいちっちゃい(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-81
いっぱい出てきた(*´v`*)
かわいいけど寝るとき怖いな...( ^ω^)


みんなといっしょに日本一周-82
みかんとクッキーあげたらねこ天国状態(・`д・´;)
どいつもこいつも警戒心が強くて触らせてくれんかった。
黒い子どもだけはかろうじて頭ちょっと触らせてくれた。


みんなといっしょに日本一周-83
浜風がときどき吹いて手が冷えるけど、体が震えるほどではない気温。
外でブログ書いてたらおっちゃんが温かい飲み物くれた(*´v`*)
冷える指にほんのり気持ちよく、しばらくカイロ代わりにしてから
おいしくいただきました。ありがとうございます!!!


+-+-+-+-+

明日は、何の変哲もないすさみ町をじっくりまわってから、
白浜の激安公衆浴場でゆっくりお風呂入りたい。

あと、坂を戻ってエビとカニの水族館ね。
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。