スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【259日目】雨の湯田温泉【山口】

【天気】雨(終日)
【走路】R9、R2
【現在地】山口県山口市
【宿泊地】道の駅「きらら あじす」

【走行距離】49km(割愛分含む)
【総走行距離】12270km

【話しかけてくれた人】2人
【総計】676人

【出費】500円
【内訳】銀マット、ポーチ、ういろう

【特記事項】---
【走破地図】
みんなといっしょに日本一周-map

+-+-+-+-+

楽しんだ後には困難が待ち受けている。
というか、夢のような時間を過ごした後に現実に引き戻されたような一日。


みんなといっしょに日本一周-1
朝起きると、ナミちゃん様が手によりをかけて朝食を用意してくれるという天国。
新婚か!!!としばし妄想を楽しむ。相手は絶対そんなこと考えてない(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-2
ナミにメッセージ書いてもらう。
いよいよカバンが埋まってきたけど、どうしても欲しい人が2人いるのに
新潟と東京に行く機会がもうなさそうで非常に残念。


みんなといっしょに日本一周-3
しっかりmilkywayの文字も入って、後ろから背中を押してもらえる感じ(*´v`*)
1日半近くもほんまにありがとう!!!寂しすぎて生きるのがつらい(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-4
深夜まで続くパジャマパーティーでブログは後回しになったから、
お昼頃まで図書館でのんびり書く。近代的な建物で若者も多い。


みんなといっしょに日本一周-5
屋内のテーブル・イスは市外の人でも自由に利用できて親切。
都内だと市内の人で、登録しないと使用できないところが大半。


みんなといっしょに日本一周-6
なぜか巨大なミクさんのアートが吊り下がっている(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-7
アートの情報発信基地的な意味合いだろうか。
よく見たらかっこは酷似しているが顔や細部に違いがある。
ミクさんじゃないのかもしれない。


みんなといっしょに日本一周-8
ひとつひとつ顔形が違うから、ミクさんをモチーフにして
アレンジというかインスパイアというかマイアヒみたいな感じにしたのか?


みんなといっしょに日本一周-9
他の若いお客さん(女子高生)も『ここにはミクがね...』と言っていたから
きっとミクさんなんだろう。そう思い込むことにする(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-10
昼過ぎまでブログ書いてようやく出発。
湯田温泉通ってから下関まで行こうと思ったら雨が降ってきた。
夕方からだと思ってたのに(´;ω;`)



みんなといっしょに日本一周-11
先に進むのは諦めて、今日は湯田温泉を満喫することに決めた。
レトロな温泉街は足湯だらけで、ひとつひとつまわっていこう(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-12
ホテルの横の細い路地に、隠れるようにしてまずひとつ。
『湯の香通り』という名前の道だから、てっきりおみやげ街かと思ったら
チャリがすれ違うのが困難なほど細いところにある。


みんなといっしょに日本一周-13
湯の町商店街の八百屋さんやスーパー近くにまたひとつ。
ここはパチ屋の横にあるが、駅から大通りに出る場所にあり賑わっている。


みんなといっしょに日本一周-14
各商店が扱うものを狐が手にしているモニュメントが散見される。
これは魚屋さんの前の狐。


みんなといっしょに日本一周-15
文房具屋さんの狐はえんぴつを持っている。


みんなといっしょに日本一周-16
反物屋さんにも。この狐たちは湯の町商店街のお店だけにいるのかな?
大通りでは見かけなかった。


みんなといっしょに日本一周-18
温泉街なので、ホテルや旅館もあちこちに見られる。
ただし、草津や箱根のような『温泉を売りにした街』と思って行くと物足りない。
秋芳洞や防府天満宮、萩の美術館、下関から門司港にかけての
観光の拠点として温泉宿を利用する心持ちで行くといいかも!!!



みんなといっしょに日本一周-19
休日ということもあって、湯田温泉駅前は女の子数人組の旅行や
夫婦・家族旅行の人たちが目立つ。


みんなといっしょに日本一周-20
駅の敷地内に巨大な白狐のオブジェと、その裏に足湯。
地元の中高生も寒空のした、暖を求めに来ている。

なぜ狐なのかな?と思って調べてみたりナミに聞いたりしてみた。
白狐が傷ついた足を癒しに来て池が実は温泉で、
掘っていくと湯がこんこんと湧き、中から薬師如来の金像が出てきた。
そこから、薬師如来へのお参りと湯治により難病も治る"白狐の湯"として
この地が親しまれるようになったんだとか。


みんなといっしょに日本一周-21
井上公園にある足湯は、中高生もいれば地元のダンボーラーも集う憩いの場所。
街を歩く人がみんな傘を手放さないくらい強くなってきた雨脚。


みんなといっしょに日本一周-22
雨で寒い中、足湯で生き返るわ...死んでないけど...(*´v`*)

と思ったら、燃え上がるほど熱くて足首から先がもげるかと思った。
はじめ、自分の足が冷たいから熱く感じるだけかと思っていたら、
いつまで経っても慣れないし、2分で足が真っ赤になるくらいの激熱状態。
どうりで他に入ってる人が誰もおらんわけやわ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-23
気を取り直して、観光案内所に併設の足湯に逃げこむ。
各足湯間は300m前後だから、いちいち靴下を履く必要はない。

ここの足湯は43度くらいの適温で心地いい。
やまない雨にやきもきしながら、30分くらいあったまる。


みんなといっしょに日本一周-24
今日はもう雨がやむことはないだろう。
意を決して道の駅に向かうことにして、維新百年記念公園を通り過ぎる。
ここで全国中学生駅伝が行われるそうで、昨日の鍾乳洞にいた子たちは
大会を前に観光でリフレッシュしていたのかもしれない。


みんなといっしょに日本一周-25
9号線沿いのセリアで100円の銀マットを購入。
地熱の吸収用ではなく、エアマットのパンク防止用に肩口に敷く。
必要分は切って大半は捨ててしまうが100円だと気軽に加工できる。


みんなといっしょに日本一周-26
2号線に合流し、もしかしたら...と思ったら案の定バイパス道路。
側道がないと大きく遠回りしないといけないが、ここは恵まれたところだった。


みんなといっしょに日本一周-27
湯田温泉から1時間半近くで道の駅「きらら あじす」に到着。
今日は雨だが夜間で11度、夜中でも5度と暖冬きわまりない素晴らしい日。
しかもテントたてる予定の場所が木の床で、自然のぬくもりで熟睡できそう!!!
ナミにも熱弁したけど、木の床野宿の良さを語ると本が1冊書けてしまうぞw



みんなといっしょに日本一周-28
せっかくなのでういろう購入(*´v`*)
5本入って315円は安い。地元のおばちゃんの手作りやしな(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-29
やはりわらびもちとようかんの間くらいの味・食感。
ナミんちで食べたばっかりなのに飽きない(*´v`*)


+-+-+-+-+

今日中にあと40km進んでおきたかったものの、
雨だと危ないし、足湯を満喫できないのも本末転倒。

強すぎず弱すぎない雨で、かえってよかったのかもしれない。

明日はその分ちょっと距離が長くなるけど、天気いいしなー(*´v`*)
下関から関門トンネルを通って門司に行き、九州編スタートの予感!!!
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。