スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【400日目前半】ホタルの舞う夜【沖縄:久米島】

【天気】くもりのち快晴
【走路】久米島
【現在地】沖縄県島尻郡久米島町
【宿泊地】シンリ浜キャンプ場

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】11人
【総計】1024人

【出費】1100円
【内訳】おにぎり、やきそば

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

今日は海がメインの観光なので、
前半が海以外(朝と夜)、後半が海(昼)という構成にしています。

海がメインと言いながら、それ以外もほんまによかった(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-1
深夜にパラパラと降った雨。
木の下で、テントもフライ(雨予防)を使ってなんとかしのいだ。
朝起きたら目の前がビーチ、飛行機も見えるという美しいキャンプ場(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-2
5時くらいから人の声が聞こえだした。
意地でも寝るつもりで8時までがんばったw


みんなといっしょに日本一周-3
昨日1日で、あっという間にひどいスリッパ焼け(・`д・´;)
去年と同じスリッパやから、同じように跡が残る...w
ちなみに、翌日の日焼けはもっとひどいですw


みんなといっしょに日本一周-4
浜のすぐ近くが空港なので、間近に飛行機が見られる!!!
本数が少ないからむりやり起こされることもないぞ(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-5
キャンプ場のすぐ隣がリゾートホテル。
というか、入口が途中まで一緒なのでキャンプ場間違ったか迷ったw


みんなといっしょに日本一周-6
今朝は、昨日行っていなかった西の端の方、空港方面に向かう。
見慣れないこの畑は芋か?


みんなといっしょに日本一周-7
久米島までは大阪、東京、名古屋、福岡などの主要空港からの他、
那覇からも飛行機が出ている!!!(知らんかった)
ただし、那覇からでもフェリーの4倍近い値段がするから泣ける(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-8
ものすんごいこじんまりした空港。
そこらの道の駅と変わらんサイズやぞ(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-9
巨大シーサーがお出迎えしてくれる。顔がちょっとブサイクw


みんなといっしょに日本一周-10
謎のオブジェが堂々と玄関に置かれていて怖いw
このミステリーの答えはCMのあと!!!


みんなといっしょに日本一周-11
久米島は楽天のキャンプ地だからだそうです。
昨日見たでっかい球場も、きっとキャンプに使われているに違いない。


みんなといっしょに日本一周-12
空港内にもおみやげやさんがある。
ホテルを利用しない人にとっては貴重なおみやげ選びの場。
相変わらずみそクッキーが多い(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-13
滑走路も小ぶり。
9時半と早い時間のため、見回しても飛行機が全然ない。


みんなといっしょに日本一周-14
待合室はまるで寂れた旅館のようで、逆に旅情をかきたてられる(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-15
むむっ!!!こんなところにポップン発見!!!


みんなといっしょに日本一周-17
もちろんやりましたよ...旅行来てまでやんなと思う人もいるだろう。
でも考えてみてほしい、海外旅行先でみそ汁食べたくなるのと同じでっせ!!!


ちなみに、ニュージーランドで食べた日本料理はびっくりするほどまずかった。
日本から米を取り寄せ、なおかつオーナーも日本人だったのに、
みそ汁は欧米風の味、米はゆるく、思わずちゃぶ台返しそうになった。
テーブル席しかないからやめておいたw


みんなといっしょに日本一周-18
小島よしおたんが久米島生まれらしいぞ(*´v`*)
いまやオッパッピーも世界語、英語にもなっているほどである。
半年しか住んでないらしいが、そんなのオッパッピー!!!


みんなといっしょに日本一周-19
これも昨日は知らんかったが、日本一のくるまえび産地なんやって!!!
くるまえびとシャコの違いがわからんねんけど...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-20
空港通りは地元の人もほとんど通らんほど閑散としている。
逆に、ちゃりんこにとっては走りやすいことこの上ない。


みんなといっしょに日本一周-21
久米島で一番売れてるお菓子、みそクッキーーー!!!
(他にお菓子が売ってないからでは...?というツッコミはやめてください)


みんなといっしょに日本一周-22
たった2件だけ、コンビニがあるのがわかった。
東西に1件ずつココストアがある。沖縄にはココストアが多い。


みんなといっしょに日本一周-23
弁当やパンを店内で作っているのが嬉しいところ。
気兼ねなくおしっこに行けるのも助かる。


みんなといっしょに日本一周-24
あじまー館は体験学習ができたり、無料休憩所があったりする。
今回はあまり用のないところ。


みんなといっしょに日本一周-25
ほんまどこにでもパチ屋あるな...(・`д・´;)
北海道の山奥の村にもあったからな...。


みんなといっしょに日本一周-26
橋から眺める川も、独特の赤土が幻想的で興奮する。


みんなといっしょに日本一周-27
時折見かける巨大墓。豪族や有力者のものか?それともただの家族葬?


みんなといっしょに日本一周-28
島の中南部に大きな製糖工場がある。
もしかしたらここで働いてたのかもしれんのか...(・`д・´;)


みんなといっしょに日本一周-29
林道を抜けてアーラ浜へと向かう。
緑のにおいがいい感じ!!!


みんなといっしょに日本一周-30
荒野を流れる川は中国を思い出す。行ったことないけどw


みんなといっしょに日本一周-31
久米島でそこらじゅうでみかけた花。
アサガオ?と思ったらグンバイヒルガオというらしい。
グッバイベイベーみたいな名前www


みんなといっしょに日本一周-32
これは...テッポウユリかい?道端で満開になっている。


みんなといっしょに日本一周-33
あれ?ぼくちん浜に向かってるはずやのに山にのぼってるぞ?(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-34
道を間違えたことに気づかず、こんなとこまで来てしまった。
諦めて戻って、違う浜に行くことにした。


みんなといっしょに日本一周-35
イーフビーチや奥武島など、久米島随一のビーチに行った。
後半で詳しくご紹介。こっからは帰り道。


みんなといっしょに日本一周-36
島民集結のAコープで魚チリソースを買う。
魚って何の魚?と思ったら、予想通りグルクンw


みんなといっしょに日本一周-37
高校近くのここの橋がお気に入りスポット。泊まってもいいw


みんなといっしょに日本一周-38
15時半頃、まだテント張るには早すぎるから、久米島ホタル館に向かう。


みんなといっしょに日本一周-39
通常おっさんは200円必要だが、子どもの日で無料だった(*´v`*)
家族連れでもなく、おっさん単体なのに本当に申し訳ないw


みんなといっしょに日本一周-40
安いからといって手抜きは全くなく、資料展示や体験施設などかなりしっかりしている。
観光客向けというよりは、地元の子ども向けという感じ。


みんなといっしょに日本一周-41
川で見られる生き物の展示にも力が入っているのは、
『ホタルの生息する場所や条件』をわかりやすくするため。


みんなといっしょに日本一周-42
これらの水槽は地元高校生たちが展示を工夫しているんだとか。
ホタルを守るための活動が伝わってくる。


みんなといっしょに日本一周-43
さて、ここから3つ、グロ画像が続くんで注意してくださいね。
オタマジャクシとカエル画像ですんで、嫌いな人は注意!!!



みんなといっしょに日本一周-44
ぶわぁ...(´;ω;`)

大量のオタマジャクシは、アマガエルやウシガエルのものなど種々。
ここはただ単にオタマたちを展示しているだけではない。


みんなといっしょに日本一周-45
なんと...


みんなといっしょに日本一周-46
200匹くらいのオタマたんが、ウシガエルの死骸を食べております(´;ω;`)
静止画で見るとマシやけど、ぴこぴこ動くオタマはまじできもかった(´;ω;`)


この水槽の意義は、死骸や水中のあれこれをオタマが浄化し
水の清浄性を保っていること、食物や成長や死は循環していること、
きれいなものだけでなくこういった営みも生物界では大事なことなど、
教科書的に読んでもわかりにくいことを伝えるためなんだとか。


係の方の説明も熱が入っていたし、聞く方もつい熱心に質問してしまった。
それにしてもグロちっち(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-48
そういった営みを知ってこそ、ホタルの学習にも力が入る。


みんなといっしょに日本一周-49
沖縄本島では7種類のホタルが確認され、
はるかに小さな久米島でも6種類が観察できる。うち4種は久米島の固有種。
まさにホタルの島と呼べる!!!


みんなといっしょに日本一周-50
4月下旬からホタルが見られるんやって!!!
今日は天気がいいから夜にぜひ見てくださいと伝えられた。


みんなといっしょに日本一周-51
ここには直接ホタルは展示されておらず、ナナフシなど別の昆虫がいる。


みんなといっしょに日本一周-52
きめっしゅ...(´;ω;`)
バッタもカマドウマも嫌いや...(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-53
ヘビに似た細長いトカゲ。緑が鮮やかできれいやけどきもんぬ(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-54
ハブはほんま怖いから気をつけよう!!!


みんなといっしょに日本一周-55
本島には11種類ものヘビがいて、うち4種類は毒もあり好戦的で危険!!!
模様や特徴、対処がたくさん載っていて勉強になる。


みんなといっしょに日本一周-56
展示は2階にも続いている。螺旋階段を(ふらつきながら)のぼる。


みんなといっしょに日本一周-57
巨大な社会科新聞。でーじ(めっちゃ)久米島が危ないらしい。


みんなといっしょに日本一周-58
2階は写真と昆虫標本コーナー。虫が苦手な方は卒倒します(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-59
これでよく見るチョウチョを確認。


みんなといっしょに日本一周-61
毒のあるものもいるそうで、気軽に触ったりするのは危ないな...
触ろうと思うこともないからいいけどw


みんなといっしょに日本一周-60
カブトムシは本島の道端にもたまにいる。
カナブンも部屋の網戸によく引っかかってる(´;ω;`)


みんなといっしょに日本一周-62
こういうの見ると、ちゃんとしたカメラ欲しいなと痛感。
使いこなす技術もないからデジカメでいっか...。


みんなといっしょに日本一周-63
ホタルの保全戦隊、ホタレンジャー(*´v`*)
ホタテじゃないぞ、間違えんなよ!!!


みんなといっしょに日本一周-64
屋外体験施設では、草むらや水中の生き物を観察できる。

...ん?


みんなといっしょに日本一周-65
新種の生物か?(・`д・´;)
お子さんが夢中になって水中に突っ込んで遊び回っている。

この子たちだけがこんな感じなのではなく、
みんな泥まみれのびっちょびちょ状態(*´v`*)
シャワーもあるらしいから安心して汚れよう!!!


みんなといっしょに日本一周-66
感想ノートを見る限りは、久米島内の子どもと、
那覇から来た観光旅行者が多い印象。
県外の記帳は全くなかった。


みんなといっしょに日本一周-67
係の方によると、これぐらいの天気だとホタル観察は間違いなく可能とのこと。
先にキャンプ場で食事を済ませたりして、19時半頃にホタル観察に向かおう!!!


みんなといっしょに日本一周-68
わりとすっきりと晴れて、空も海もきれいに眺められて嬉しい(*´v`*)

と、ここで昨日宇江城城跡で出会ったご家族に再会。
明日の同じフェリーで帰ることがわかった。
旧知の間柄みたいにのほほんと話せて嬉しいわー(*´v`*)


みんなといっしょに日本一周-69
晩ごはんはキャンプ場のやきそば、600円。
これもものすごいボリュームで、目玉焼きも乗っている。


みんなといっしょに日本一周-70
もちろんポーク入り。野菜たっぷりで体にやさしい味だった。


みんなといっしょに日本一周-71
ホタルを見に、五枝の松に行った。
池の近くにあるため、ものすごい量のホタルが飛び交っている。


みんなといっしょに日本一周-72
デジカメの限界であんまり撮れてないけど、この白い点々は全部ホタル。
あちこちで青白く光ってた。

ホタルなんて見たの何年ぶりかなぁ。
東京にいた頃は見てないから、10年以上ぶりってことか。


みんなといっしょに日本一周-73
大満足でキャンプ場に帰ってきた。
途中の道でもあちこちでホタルの光が明るかった。


みんなといっしょに日本一周-74
夜、なんとキャンプ場にも大量のホタル。
テントに何匹も止まってるから、緑色の光がはっきりわかる(*´v`*)



みんなといっしょに日本一周-75
ホタルを、しかも5月に見られるなんて思ってなかった。
星空もすっきりきれいで、心が澄み渡る夜だった。


みんなといっしょに日本一周-16
そういえば、朝やったポップンの曲は『ホタルノヒカリ』。
この夜を暗示してたんだろうか(*´v`*)


+-+-+-+-+

後編では、久米島といえば海!!!ということでたくさん海画像があります。
お楽しみに!!!
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。