スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【470日目】とあるおっさんの事務仕事【沖縄】

【天気】晴れ(強風)
【走路】---
【現在地】沖縄県那覇市
【宿泊地】ゲストハウス「アルファ」

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】500円
【内訳】パン

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

『ト、トイレに行かせてください...』
男の膀胱は、いや直腸も含めて、すでに限界に達していた。

ここは県内のとあるコールセンター。
引っ切り無しに鳴り続ける電話に対応するため、男は椅子に磔になっている。
「パソコンを買ったが動かない」「エアコンから異臭がする」
電源を入れておらずパソコンが起動できない年寄り、
赤ん坊の脱糞をエアコンからの異臭と勘違いする若い女から、
理不尽な罵倒の電話を受けることもしばしば。精神的にも疲弊しきっている。
許可がなければトイレにさえ行くことはできない。

仲間は500人を超える。しかし8割が非正規雇用のこの職場。
就職難が雇用条件の悪化に拍車をかけた。
時給は都内の半額、隣の席とは肩が触れるくらいの間隔、
休憩所にあふれる人とゴミの鼻をつく悪臭。

もう何十件の電話を受けただろうか。
今朝から水さえ飲めない状況が続くが"声の笑顔"は欠かせない。
顔が見えないのをいいことに客からは辛辣な言葉を浴びる。
文句があれば些細な事でもすぐ電話を寄越すくせに、
礼をするためわざわざ連絡をしてくる人なんてほとんどいない。

一体、自分は何のために働いているのか。
趣味もなく、結婚とも縁がなく、勤続7年目を迎えた。
先ほど頭をよぎった"仲間"も虚しいもので、言葉を交わしたこともない。
友人と呼べる同僚もおらず、休日は食べて寝るだけの生活。

『もう限界です、トイレに行かせてください...』
男はトイレに向かう。用を足すためではない。
席を立てず、粗相をしてしまった後処理をするためだ。

もう限界だ、自分は何のために働いているんだろう...。


+-+-+-+-+

ほぼ全部がフィクションですw 実際の職場はもっと快適ですw
今日もバイトでどうにもネタがないんで...許してくださいw

コールセンターのあれこれについては、もう少し落ち着いてから
改めて社会に問いたいと思います(*´v`*)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。