スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【681日目】神保町で本屋めぐり【東京:神田】

【天気】快晴
【走路】---
【現在地】東京都足立区
【宿泊地】ゲストハウス新都心足立

【走行距離】---
【総走行距離】---

【話しかけてくれた人】---
【総計】---

【出費】900円
【内訳】しゅうまい

【特記事項】---
【走破地図】---

+-+-+-+-+

今日はなんだか朝から晩までやる気が出ない一日だった。
ふつう、外出すればそれなりに気持ちは上向きになるのに、
外出てもダメ、アキバでも心が躍らないなど年に1度あるかないかレベル。

それでも神田には行ってるからちょぼちょぼ紹介していきますが、
昔の記事も合わせてご覧ください(逃げの一手)。
【28日目前半】東京好きなとこめぐり【神奈川→東京:レインボーブリッジ、神田】


1
大雪から2日。河川敷や人が余り通らない路地には残雪があるが、
一般道はほとんど雪が融けてちゃりでも困らない。
ただ...雪の後の道って尋常じゃなく汚いっすなぁ...(´;ω;`)


2
アキバを通りすぎて神田へ。
肉の万世という有名な焼肉屋があり、そこの名物が万かつサンド。
垂れ目のかわいいぶたちゃんとお母さんぶたが
『万かつサンドびよりね』『そうね』と話す微笑ましい看板だが、
共食いか?それとも自分が食われる日和か?と背筋が凍る(・`д・´;)


3
神田・神保町は本の街。全体で100軒くらいあるんかな?
各店扱っている本のジャンルが違っていて楽しい。


5
洋書や芸術書、近代文学、歴史、鉄道、動植物、昔の貸本、
児童文学、医学、料理、オカルト、映画パンフ、LP、エロ...。
自分の好みをめぐるもよし、新たな発見を楽しむのもよし。


4
くっそ寒い中、立ち読みしている人も多数(*´v`*)
ブックオフに並ばないような古い(あるいは汚い)本が大量にあり、
古書ファンにとってはたまらない空間。


6
ラノベってどうせ誰も内容読んでへんねんやろ?挿絵だけしか見てへんのやろ?
そんな僕ちゃんは実は読まず嫌い。
だってこれレジに持って行くん恥ずかしいですやん...。


7
ね、ねこグッズ売ってるぞ!!!


8
緑チェック柄の突然変異ねこちゃんペンケース(*´v`*)
実用的で欲しかったけど、1200円かぁ...う~む。


9
本屋街は大きくわけて2つ。
スポーツやアウトドアショップと交互にある広い靖国通りと、
1本裏に入ってカフェやカレー屋に混じってるすずらん・さくら通り。


26
裏通りは画材屋さんや絵画関係のお店が多い。
ときどき、ベレー帽かぶったいかにも美術系学科の女の子を見かける。


13
昔の映画ポスターやパンフレットもあるから、
外に放り出されたカゴをガサガサほじくるのもいいよ(*´v`*)


14
LPやカセットテープ好きのおっさんもゾロゾロ来る。
昔のカセットをMP3に変換してパソやCDに保存するマシーンも
アキバで2000円くらいで売ってるぞ(*´v`*)


10
俺自身のことを話すと、年500冊近い本を読んでた時期もあった。
タイトルで気になったら手当たり次第買い、お風呂で読んでいた。


11
棚には常に200冊以上の未読本があり、
ゆっくり楽しむというよりは知識を詰め込むようにむさぼっており、
決していい読書とは言えなかったように思う。


12
知れば知るほど世の中の汚い部分や暗い部分も見えてくる。
『不幸な賢人』よりも『幸せなバカ』でありたいと願って
読書は好きな本に絞って読むように切り替えている。



15
俺が好きなのは、この表紙でおわかりの通り岩波文庫。+゚(・∀・)゚+。
哲学書や近代文学が揃っててたまらん!!!


23
哲学者ソクラテスは堅苦しいイメージだが、実際は話好きのおっさんだったらしい。
『何はともあれ、結婚しなさい。良い妻を持つと君は幸せになれるだろう。
悪い妻を持つと君は哲学者になれるだろう』と弟子に語った言葉は心に響く。

(ソクラテスの妻は悪妻で有名であったw)



16
昭和40,50年代の雑誌なども山積みになっている。
抜けを埋めたいコレクターの方もぜひ!!!


17
なんだかよくわからんが、3000円か...どうしよっかなー(裏声)。


18
楳図かずおマンガ。
『偶然を呼ぶ手紙』というほのぼのした内容かとおもいきや、絵が怖いw


21
家畜人ヤプー、ドグラマグラ、黒死館殺人事件などの怪しい本も盛りだくさん。
最近は奇書でさえ『まんがでたのしむ』シリーズになってるから、
ファッションとして読む奴が多くて困る。いや、別に困らないか。



22
ガロ大量入荷しました!!!の文字に惹かれて入って見たものの、
俺、世代が違うからわからへんわ...w


19
全然関係ないけど、俺の好きな本を3つ紹介しておこうと思う。
趣味が合えば一発で仲良くなれるが、今まで2人しかいなかった。


20
エッセイ部門:中島らも『獏の食べのこし』
中でも『やさしい男に気をつけろ』は10年で20回は読んだ。

非常に仲の良いカップルの、男が急に豹変して悪態を続け別れることになった。
男が『お互い依存しすぎてとんでもないことになる』ことをおそれ、
別れようとしてわざと取った"やさしさ"ゆえの行動だった。

それに対してらもは次のように釘を刺している。

1.どうして、死んでも良いから「二人で」立ち向かっていかなかったのか。痛みの無い岸辺へ彼女をたった一人で送り出すようなことのどこが「やさしい」のか。

2.「最低の男」に自分がなることで別れえたとする。
それで彼女の傷が軽くなると思うのは女を馬鹿にしているのではないか。
一緒に愛し合って暮らした何年間を「私の目の狂いでした」で済ませるような
そんなバカな女がこの世にいると思っているのか。
では、「想い」とは何の意味も無いガラクタであり錯覚であり、
それのない所にいれば我々は「傷つかないから幸せ」でいられるのか。
                             (以上引用)

特に1は...似たような経験があるからつらいです(´;ω;`)


24
ノンフィクション部門:サイモン・シン
『フェルマーの最終定理』『暗号解読』『代替医療のトリック』


どれも500ページくらいあったかな?
それなのに綿密な取材と緻密な文章で読みやすく、門外漢でもすぐ引き込まれる。
特に『暗号解読』は作る側と解読する側の高度な駆け引き、
素数を応用して(ほぼ)絶対に解けない暗号を作る仕組みなど
気がつけば100ページ一気に読んでいたりする。

効くのかどうかわからないホメオパシーなどの各種代替医療について、
科学的にその効かなさを立証していく『代替医療のトリック』も
エビデンス大好きな俺のお気に入りであるw


25
物語部門:小川洋子『博士の愛した数式』
事故の後遺症で80分しか記憶が持たない老博士。
彼と毎日"初対面"で世話をする家政婦と、その息子の温かい交流を描く。

肉親から疎まれたように離れで暮らす博士は、
誕生日や時計の数字など、日常の何気ない数字を心温まるエピソードに変換して
家政婦たちとコミュニケーションをとっている。

いつしか家政婦にとってもかけがえのない存在となっていくが、
些細な出来事から心がすれ違い、3人の心がバラバラになる危機を迎える。
博士はいらだちからか言葉を発することもせず、ひとつの数式を書きなぐった。
その数式が表す意味は...!!!

といった感じのお話。マンガ版は省略しすぎてイマイチだが、
映画の寺尾聰と深津絵里のキャスティングはベストマッチだと思う。


27
とまぁ、がんばって書いてるものの日中は本当にやる気なくって。
ちょっと気持ちを盛り上げようと思ってアキバに行った。

田村ゆかりさんじゅうなな歳の新曲聞いた。
ビカビカの宣伝カー見てノリノリアゲアゲ!!!....というわけにはいかず(´;ω;`)


28
ゴキ1匹200円wwwww


29
元気が出ない。せめて帰りはいいもの食べようと思って
五反野のダニエルケバブに行ってみた。
北千住店は数年前に閉店したが、日本でいちばんおいしいと信じているケバブ屋。

...閉まってる。店内装飾は光ってるから潰れてはなさそうだが、定休日か。

やる気でない、出かけても盛り上がらない、ケバブは閉まってる。
最終的にはちょっと吐き気も出てきた。妊娠してるのかもしれない。


30
今日の収穫はnano SIMをmicro SIMに変換するアダプター、100円。
妹が欲しがってて買ったんやけど、アマゾンでも100円で売ってる。
クレジットカードないから買えんのやと。作れや!!!(´;ω;`)


+-+-+-+-+

ところで、今日で過敏性大腸の薬『イリボー』を飲み始めて1週間。
うんぴっぴの回数も少し減り、何より正露丸を1週間で1粒も飲んでいない!!!
電車やトイレがない場所などの環境でも不安を感じなくなった。
これでお漏らし卒業か!!!???(言ってて恥ずかしくなるwww)
プロフィール

けんち 

Author:けんち 
緑の服しか着ない自然派。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。